夕食は地元で手に入った食材を使い、あまり手間をかけずに作るのがお薦め。ポトフは簡単で美味しい。圧力鍋を使えばたちまち完成だ。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプの食事 >
| 「 燻製」編 | 「炭火焼き」編 | 「夕食」編 | 「昼食」編 | 「朝食」編 |


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプの食事 「夕食」編
ポトフのレシピはこのページの一番下に  
ポトフ、キャンプの夕食
(a)
■ポトフ

キャンプで、カレーやシチューを作るのも良いけれど、ちょっと肌寒い北海道のキャンプには「ポトフ」がおすすめです。

材料は炒めず、いっぺんに圧力鍋に入れて煮込むだけ(ポトフの作り方・レシピ参照)。

野菜は好きな物を入れれば良いし、味付けも簡単。好みでマスタードを付けながら食べます。カレーやシチューと比べると、「鍋が汚れにくく洗いやすい」というメリットがあります。

味付けを工夫して、和風にしてもよいのでは。【n

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ
タラバガニの鉄砲汁、キャンプの夕食
(b)
■タラバガニの足のテッポウ汁(鉄砲汁)

小さいタラバの足だけを袋詰めしたものが、「羅臼道の駅」で1パック100円で売っていました。

試しに買ってテッポウ汁にしてみたら、これが絶品。100円でなんとも贅沢な気分を味わえました。リーズナブル度は満点。

それ以来、羅臼道の駅でカニの100円パックに出会えないのが残念。【n
クリガニ、北海シマエビ、キャンプの夕食
(c)
■クリガニ
■北海シマエビ(刺身)

別海町の野付漁協で、閉店間際に残り少ない商品から見つけたカニとエビ。

クリガニは小さいが、毛ガニの仲間らしい。味はgood。

生の北海シマエビは、忘れがたい美味しさ。ミソがまた絶品で、こぼすまいと慎重に食べたものでした…。

いくらか忘れたが、札幌よりずっと安く、見た目(鮮度)も違います。【n

普通、北海シマエビは、ゆでられた状態で売っている。このときは、新鮮な刺身に出会えてラッキー。【h

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」
真つぶ刺し、キャンプの夕食
(d)
■真ツブの刺身

羅臼の「道の駅」で激安で売っていた真ツブ。いつもなら焼きツブにするところだが、店員さんに聞いたら「刺身で食べられる」というので、初挑戦した。

店員さんの話では、「刺身にする前に、塩でぬめりを取った方がいい」ということだった。それで、羅臼のキャンプ場炊事場で、念入りに塩でもんだ。

ぬめりを取るうちに、ツブの黒い斑点がだんだんなくなっていくのを発見。にのったときには、真っ白いツブ刺しになっていました。

実際に食べてみると、うまいことはうまいが、何となく甘みやうまみに欠けている。ぬめりを取りすぎたことに、このとき気付いた。過ぎたるは及ばざるがごとし。次回は満点の刺身を…。【h
北海しまえび、キャンプの夕食
(e)
■北海シマエビ(ゆでエビ)

オホーツク沿岸でとれる「北海シマエビ」は、新鮮な刺身は絶品だが、ゆでてもおいしい。

資源保護のため、北海シマエビの漁期は7月初めから8月初めまでという、わずか1ヶ月あまりなのだそうだ。

食材としては安いものではないけれど、どうせ買うなら後悔しないようたくさん買いましょう。道東キャンプの夜に、ビールがすすむこと請け合いです。【n

食べ終わったエビの殻をテッポウ汁のようにみそ汁にすると、いいダシが出てとてもうまい。ひとつぶで二度おいしい。【h
ワカサギの天ぷら、キャンプの夕食
(f)
■天ぷら(わかさぎ)

白老にあるキャンプ場「ポロト自然休養林国設野営場」のバンガローは、暖房完備で真冬でも快適にキャンプが楽しめる。しかも、すぐ横にポロト湖があり、わかさぎ釣り(有料)が気軽に楽しめる。

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ

天ぷらセットを持参して、昼間釣ったわかさぎを夕食でいただく贅沢!夏のキャンプではなかなか味わえない、冬ならではの楽しみである。

ポロトのバンガローなら、天ぷらセットは家庭用のものでOK。ガスストーブを持ち込んでもいいし、コンセントがあるので、電気の調理器具も使える。「わかさぎの唐揚げ」なんかもいいかも。【h

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ
焼きそば、キャンプの夕食
(g)
■焼きそば

キャンプでは、食事を食べることはもちろん、つくることも積極的に愉しみたい。調理も外遊びの一つと考えれば、アウトドア生活がさらに充実する。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

切ったり焼いたりが簡単で、子供でも手軽に作れるのが焼きそば。焼うどんという手もある。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.322 動画焼きそば作り、キャンプ夕食
          (638kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.539 動画夕食はお手軽に焼きうどん
         (3002kb.27秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

失敗がほとんどない上に包丁も使うので、手間がかからないわりに「自分の力で作った度」が高いメニューである。【h

■「簡単ポトフ in camp」の作り方・レシピ

▼材料 … 2〜3人分

<必要なもの>
  ●ジャガイモ4個
  ●ニンジン1本
  ●タマネギ1個
  ●キャベツ1/4〜1/3個     … 1/2を買って、残りの部分は次の日のサラダやみそ汁の具に。
  ●肉類200〜400g位      … 何でもよいし、量も適当。我が家では鶏手羽元6本位とソーセージ。
  ●ベーコン3枚
  ●コンソメ1〜2ヶ
  ●塩こしょう少々
  ●マスタード           … 好みで。濃いめの味付けにするなら、いらないかも。

<なくても良いもの>
  ▲鶏ガラスープの素小さじ1 
  ▲大根
  ▲ローリエの葉1枚
  ▲粒こしょう10粒        … お茶用の紙パックに入れる。
   
▼手順

  (1) ジャガイモは半分、ニンジン・大根は一口大、タマネギは縦1/4、キャベツの葉は縦1/3に切る。
     
  (2) 肉は、手羽元等の骨付き肉ならそのまま、かたまり肉なら一口大に切る。

  (3) ソーセージはそのまま、ベーコンは半分に切る(ちぎる)。

  (4) 圧力鍋に野菜を隙間なく詰め込み、その上に肉やソーセージ、一番上にベーコンを並べる。

  (5) 水をひたひたに加え、すきまにコンソメを入れ、塩こしょうを少々ふる。               

  (6) 鶏ガラスープの素を加え、ローリエの葉、お茶用の紙パックに入れた粒こしょうを鍋に入れる。

  (7) 圧力鍋の蓋を閉めたら、5分くらい沸騰させ、火を止める。
     ※  圧力鍋に「強弱」の調節がある場合、「弱」にした方がジャガイモが煮くずれしにくい。

  (8) 圧力鍋のオモリが落ちる(蓋が開けられる状態)まで待つ。     

  (9) に盛り、粒マスタードをそえる。

                                      ≫関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

| 「 燻製」編 | 「炭火焼き」編 | 「夕食」編 | 「昼食」編 | 「朝食」編 |
さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプの食事 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.