キャンプの食事はバーベキューが定番。ビールにあうし、焼くだけなので簡単。肉も野菜も魚も、地元の食材を使うと一層おいしい。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプの食事 >
| 「 燻製」編 | 「炭火焼き」編 | 「夕食」編 | 「昼食」編 | 「朝食」編 |


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプの食事 「炭火焼き」編

焼き肉(カルビ)、焼きにんにく、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(a)
■焼き肉(カルビ)
■焼きニンニク


バーベキューは炭火を使うので、アウトドア向きの料理である。

やはり定番は焼き肉。炭火で焼いた香りを楽しむのであれば、味付けは塩こしょうがいい。

焼きニンニクは手軽でうまいが、テントシュラフ(スリーピングバッグ)がニンニク臭くなるのを覚悟で食べよう。【h

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ
焼きガキ、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(b)
■焼き牡蠣(かき)

道東の市場に行くと、おいしくて新鮮な食材が安く手に入る。できるだけ「観光客向けではない市場」に行って、その場で値切って買うとよい。大きい市場なら、試食してまわるだけでお腹がいっぱいになる、なんていう思わぬ特典がある。

写真のカキは、殻が顔ほどの大きさ。市場で1つ100円くらいだった。カキは厚岸の特産品なので、その辺りでとれたものかもしれない。【h
イカ焼き、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(c)
■イカゴロ焼き

イカゴロ焼きは、魚介類の焼き物の中では、最も美味しかったものの1つである。

作り方(?)はとても簡単。イカはゴロ(はらわた)をとらずに、丸ごと炭火の上に。焼けたらそのままぶつ切りにしてしょうゆを垂らし、ゴロにからめて食べる。やむを得ずゴロを抜いた状態で焼くときには、アルミホイルなどに置いて焼くと良い。熱でゴロが破裂しても、無駄なく食べられる。

炭火で焦げた醤油の香りがイカゴロと混じり合って、何とも言えない風味。絶品。新鮮なイカを使おう。

参考までに、イカゴロルイベも絶品。冷凍しなければならないので、キャンプで味わうのは難しいが。【h
オショロコマ炭火焼き、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(d)
■オショロコマの塩焼き

釣った魚は食べられる分だけキープして、塩焼き燻製にする。

オショロコマは身が水っぽくて柔らかく、ヤマメほど美味いとはいえない。遠火で時間をかけてカリカリに焼くと、美味くなると思う。

ヤマメやイワナなどの川魚は、しっかり火を通してから食べよう。素人は刺身などに挑戦しては行けない。寄生虫にやられる。【h
ニジマス炭火焼き、焼き鳥、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(e)
■ニジマスの塩焼き
■焼き鳥


ニジマスは、川魚の中ではヤマメの次に好きな食材である。自分で釣った魚なら、なおさら美味い。

写真は17cm前後のニジマス。こんなに小さな魚でも、金網の他食材と比べて存在感がある。と感じるのは釣った本人だけか…。

炭火焼きにして一番好きな肉は、鶏肉。他の肉よりも、炭火の香りがよく合うような気がする。【h
こまい炭火焼き、北海しまえび、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(f)
■コマイの一夜干し
■北海シマエビ

道東キャンプでは、市場などに行けば新鮮な生の素材がたくさん売っていて、干物や加工食品は買うことはあまりなかった。

野付の市場ですすめられて買った、大きなコマイ。普段食べていた干物より、ジューシーで食べ応えがあった。炭火でかるく炙って、ガブリといただく。ビールにも合う、おすすめの逸品。【n
あさり炭火焼き さんま炭火焼き、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(g)
■アサリ焼き
■サンマの塩焼き


金網の上にアサリを置く。しばらくすると殻が開くので、しょうゆを一滴垂らす。殻の中のつゆが焦げる前に、身とつゆを一緒に食べるのがうまい。

安価なサンマも、炭火で焼くと贅沢な食べ物になる。2匹でも3匹でも、パクパク食べてしまう

脂がのっている時期は、焼くときにかなり炎が出る。タープの下で焼くのは避けたほうが良い。サンマは煙も出る。周りのキャンパーに迷惑がかからぬように、風向きを考えて炭火を設置しよう。サンマに限らず、脂がのっている魚はすべて注意が必要(例えばホッケ)。あえて金網を使わず、鉄板焼きにするという手もある。【h
つぶ炭火焼き いかげそ炭火焼き、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(h)
■ツブ焼き
■いかげそ焼き


ツブは刺身で食べるのが好きだが、焼いてもうまい。大きなツブは、焼くときに大きな音を立てて破裂するので、焼く前に殻に穴をあけておくとよい。

味付けはしょうゆを垂らす。殻の中の汁は美味いけれど、かなり熱いので気を付けよう。

食べるときには竹串が便利。カラの渦巻きに沿って、クルクルッと身を引っ張り出そう。【h
フランクフルトソ−セージ、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(i)
■フランクフルトソーセージ

北海道のあちこちの農場では、自家製のおいしいソーセージを作って直売している。ちょっと高めだが、そこらのスーパーのものよりも肉の味が濃くておいしい。バーベキューのメイン食材に最適である。

…でも、写真はスーパーで買ったただの粗挽きソーセージ。それでも炭火で焼くとうまさ倍増。【h
炭火焼きおにぎり、キャンプで炭火焼きバーベキュー
(j)
■焼きおにぎり

焼きおにぎりは簡単そうで奥の深い料理(?)である。米は圧力鍋でやや堅めに炊いて、優しく握る。

私の好みはしょうゆ味だけれど、味付けは塩でも味噌でもいい。炭火で焼くと、おにぎりに香りがついて風味が増す。表面にゴマをふれば、さらに香ばしくなってgood。

金網にはり付かないようにうまく焼くには、ごま油を表面に塗り、まめにひっくり返すとよい。【h

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ
ホタテとアメマス、キャンプでBBQ
(j)
■ホタテ焼き
■アメマス(いわな)の塩焼き

写真jは“あつた港朝市”で買った大きなホタテと幌川で釣ったアメマス

ホタテの焼き方は、
 (1)まず貝殻の「平らな方」の面を焼く。
 (2)貝が開き平らな面から身が離れるのを待つ。
 (3)箸で身が離れたことを確認したら、
 (4)軍手などで貝をひっくり返す。
   (熱い汁がこぼれるので注意)
 (5)「丸い方」の面を焼き、身が離れるのを待つ。
 (6)貝がさらに開いたら、平らな方は外す。
 (7)汁が充分に出てぐつぐつしたらできあがり。
 (8)お好みで醤油・バター・調理酒などをたらす。

(4)で汁がこぼれても(7)でまた溜まるので、気にしなくても大丈夫。私の好みは「醤油」のみの味付け。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.323 動画帆立とアメマス、野外の夕食
          (713kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

アメマスはらわたを取り除いてから塩をして焼く。焼き網にくっつくので、串にナミナミに刺すとかアルミホイルを敷くなどの工夫が必要だ。【h

| 「 燻製」編 | 「炭火焼き」編 | 「夕食」編 | 「昼食」編 | 「朝食」編 |
さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプの食事 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.