晴天温暖な茨戸川サーモンファクトリー裏で長男とワカサギ釣り。長男50尾、父30尾弱。沙流川でルアー釣り。息子もルアーキャスティングに挑戦。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2016年)

ワカサギ釣り2016年2月、茨戸川サーモンファクトリー裏
(a)
長男メソッド、「誘い」の新ワザ

2016年2月20日、長男(小5)と茨戸川サーモンファクトリー裏でワカサギ釣り(写真a)。

長男小50尾、27尾。ワカサギ釣りで長男が初めて父親を越えた日。晴天温暖、無テント快適釣行。

悔しいからというわけではないのだが、念のため踏み台としての父」を検証しておくと、
 ・タナ選び
 ・アタリの見極め
 ・アワセ
については、父親の指導のタマモノ100%濃縮還元。「竿」に至っては、穂先が敏感逸品を父親が貸し与えているので、こう言っちゃあ何だが、他人(ひと)のふんどしで相撲を取っているようなものなのである彼は。

長男(写真b・c)のオリジナリティという観点から注目に値する点はたった1つ、ワカサギの「誘い方」のみ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.549 動画誘いの新ワザ、リールくりくり
         (7873kb.73秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

竿先を持ち上げもせず「人差し指でリールをくりくり」させて魚を誘う新ワザは、必要最小限の労力既存手法と同等以上の効果を生み出している。はたから眺めていると、「コタツに入ったまますべての雑務をこなそう」的なものぐさ感が漂う。次の釣行でつい真似をしてしまうそうな私自身のの弱さと、今現在闘っている真っ最中だ。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ   
ワカサギ釣り2016年2月、茨戸川サーモンファクトリー裏
(b)
ワカサギ釣り2016年2月、茨戸川サーモンファクトリー裏
(c)
ブレットン赤3gにきた15cmのオショロコマ、沙流川
(d)
大人の妥協点、沙流川

2016年7月17日、長男(小6)を連れて穂別・日高方面で渓流釣り。

昨年、「2尾の尺ヤマメ」に出会うことができた奇跡のサヌシュベ川(穂別)は、今回ウグイ一色

サヌシュベ川にさっさと見切りを付けて移動した沙流川(日高)では、期待通りルアー釣りを満喫できた。ブレットンにスレで引っかかったのは、小型のオショロコマ15cm(写真d)。

この日のMAXサイズは、またしてもスレ掛かりの26cmだった。ルアーはスピナー・ブレットン3gの赤。トレブルフックなので、ほぼ「引っかけ釣り」状態である。手際よくサイズを測りたいので、息子に手伝ってもらい記録写真を撮った(写真e)。

ルアー釣りが「誰にでもできるお手軽な釣り」にでも見えたのか、ブドウ虫で既に小ニジマスを釣っていた長男が、ルアーキャスティングをさせて欲しいと自ら申し出た。前回より多少上達したような、していないような。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.559 動画ルアー釣りのキャスティング
         (2608kb.23秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

「息子に何とかしてルアーで釣らせたい」というおおらかな父性と、「初心者にそう簡単に釣られてたまるか」というちっぽけなライバル心が、私の頭の中で大人気なく交錯する。

結局、息子に伝授したのは「私の持てる技術9割」というあたりが、今回の“大人の妥協点”。【h
ブレットン赤3gにきた26cmのオショロコマ、沙流川
(e)
長男小5のルアー釣りキャスティング、沙流川
(f)

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ home


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.