サーモンファクトリー裏でワカサギ釣り。強風でテントが倒壊。真駒内川でニジマス。厚別川で極小ヤマメ釣り。赤岩川の尺岩魚を釣り上げた息子
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2014年)

ワカサギ釣り、佐藤水産サーモンファクトリー裏
(a)
ワカサギテント倒壊と唐揚げ作り

2014年1月12日、長男(小3)と茨戸川サーモンファクトリー裏でワカサギ釣り(写真a)。

恐れていたことが起きてしまった。強風によるワカサギテント倒壊。現場衝撃映像がこれだ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.468 動画強風でワカサギテント倒壊
          (2461kb.25秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

直後、吹雪撤収作業でとうとうポールが折損。この瞬間、「風がある日に立てられない」という、テントに有るまじきジレンマを抱えた安物が、その役割を永久に終えたのである。

しかしながら、今回の一件を私は前向きに捉えている。我が家の財務省に常々要請してきた新テント「アイスフィッシングシェルター」3万円也。そいつを予算に計上してもらうためのプレゼンテーションが、今後格段に進めやすくなるはずだ。

夕食担当の長男唐揚げにされたワカサギはたった5尾(写真b)。倒壊までわずか1時間弱での釣果は、妻が準備したカレイと共にの中へ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.469 動画長男、ワカサギを唐揚げに
          (8321kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

新テントを勝ち取るために結束を固める男子会。まずは唐揚げをことさら美味そうに食べ、「ワカサギ釣りがいかに家計に貢献しているか」をプレゼンするところからのスタートである。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 
長男のワカサギ唐揚げ作り
(b)
2本竿でワカサギ釣り、サーモンファクトリー裏
(c)
正座二刀流、昼下がりの公魚釣り

2014年1月25日、茨戸川サーモンファクトリー裏

午後3時、実釣スタート食いの渋さ如何ともし難いバスマット正座して、両手にワカサギ竿。正座二刀流苦肉の策だ(写真c)。1時間半で14尾。時速10尾では二刀流が泣く。

私が二刀流を好きになれない理由は、左右キョロキョロするうちにアタリを見逃してしまうから。どちらか片方の穂先集中しないとアワセが遅れて、結局両方とも取り逃がす羽目になる。私の腕前では、竿が2本になっても魚の数はせいぜい1.5倍。面倒なわりに釣果は頭打ちだ。慌ただしいだけで心の底から楽しむことができない。

最高気温はプラス4度、曇り、微風。無テント釣行に最適な気候にもかかわらず、父からの釣りの誘いをあっさりと断った長男(小3)。ワカサギテント倒壊のトラウマが、彼の“なんちゃってアウトドア魂”に影を落とす。

かくして、父の趣味独りぼっちの世界へと逆戻りしていくのであった。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 
無テントで氷上ワカサギ釣り、サーモンファクトリー裏
(d)
歴史的惨敗、父子ワカサギ釣行

2014年2月15日、茨戸川サーモンファクトリー裏

「ワカサギ釣り、行く?」という父の誘いに、「行く!行く!」と長男(小3)が二つ返事だったことだけが、今回唯一朗報(写真d)。“ひとりさびしい釣り行脚”へと針を進める終末時計が、一時的にストップした。

肝心の釣りはイイとこ無し。

まずひとつには、心の底から感じた“寒さ”。
先日の倒壊で「テント無しでの氷上釣り」を余儀無くされ、ただでさえ寒い。その上、しあわせぬくぬくデラックステントの一団に周囲を囲まれた日にゃ、イヤでも心にすきま風が吹く。時折サーモンファクトリーでを取る寒がりの息子

そして、釣果は歴史的惨敗
2時間半で3匹ってどうなのか。しかも2人合わせて。サケ釣ろうってんじゃないんだよ、ワカサギ相手だよ。ウグイはウグイで外道のくせして、この状況で2匹も釣れやがって。そんな外道でも何も釣れないよりは多少マシ、って思えるくらいツレないそぶりのワカサギ達。

遊泳層(タナ)は探りに探ったタナはどのあたり?という質問に「生協の鮮魚コーナー」と答えたくなるほど、上から下まで反応が薄い。強いて言うなら中層か。底層はダメ、ウグイの巣窟(写真e)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.473 動画底層で外道のウグイを釣る
          (1431kb.14秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

帰宅後、妻には「子供連れの無テント釣行」がいかにせつないかを逐一ご報告申し上げ新テント購入のプレゼンとさせて頂いた。彼女が現場の実情に涙し、財布のヒモがゆるむ日はやって来るのか、来ないのか。 そして、息子は今後も父のワカサギ釣りに付き合ってくれるのか、くれないのか。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 
(e)









真駒内川、札幌
(f)
ブドウ虫の生涯

2014年6月5日、休みを取って真駒内川単独釣行(写真f)。

ブドウ虫だけは勘弁して欲しい。特に養殖物。

なにって、もし自分が次に生まれ変わるなら
魚に食われるためだけにこの世に生を受け、尻からツリバリ刺されて頭まで貫通させられて、糸でつるし上げくった挙げ句、仄暗い水の底に沈められて。ホラーかスプラッターが一本撮れそうな陰惨極まりない生涯だ。一寸の虫として一生をやり直すのはやぶさかでないが、とりあえずブドウ虫だけは勘弁して欲しい。

などという輪廻転生を、の人生観と重ね合わせて検討し倒したツレない1時間半。命を落としたブドウ虫の数は5匹。「人生を見つめ直したければ魚のいない川で釣りをしなさい」という格言をたった今思いついたので、いずれ英訳して全世界の皆様に発信したい。【h
枝に絡まった仕掛けをほどく、真駒内川
(g)
天罰、真駒内川

2014年7月20日、長男小4と真駒内川へ。

私の釣ったニジマス18cmが、この日唯一の釣果。

途中、25cmは軽くオーバーすると思われるイワナ取り込み寸前にバラした私に向かって、「逃がした魚は大きいねぇ(笑)」とごもっともな指摘をする息子。彼が結局最後まで何も釣れなかったのは、可哀想だが師匠をカチンとさせた天罰だから致し方ない。

ポイントは自分で探す
川の流れは自力で横切る
からまった仕掛けは自分で外す(写真g)」
ヒットさせた魚は自分で取り込む
キープする魚は自分でさばく

釣り人であれば当たり前”の感覚を身に付けつつある長男。意識レベル価値観が近い人間と道楽の時間をともにするのは、ホント心地良い。【h
真駒内川の渓相
(h)
ノーヒットノーランと無我の境地

2014年8月30日、長男小4と真駒内川厚別川へ。

真駒内川では、ぴくりというアタリすら皆無大惨敗。ノーヒットノーランに抑えこまれた(写真h)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.491 動画真駒内川上流域、8月の渓相
          (9131kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

渓流釣りにおける「根掛かり」は、主にガン玉(オモリ)が底石の隙間に挟まって発生する。流れに手を突っ込めば回収できる場合が多い。今回、息子はひたすら仕掛けの回収作業にいそしんでいた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.492 動画渓流での根掛かりを手で外す
          (2695kb.24秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

厚別川に移動して臨んだ第2戦は、10cm前後の極小ヤマメ入れ食いだった(写真i)。エサはイタドリ虫イクラ。約20尾を、釣れたさきからリリースした。

極小サイズでも釣れれば大喜びの息子、3尾目ぐらいで完全に飽きた父。「釣りに向き合う姿勢」として誠実なのは明らかに息子、己の士気低下を「無我の境地」と呼んではばからない父。

どう考えても、真っ直ぐに向き合う方が幸せに決まっている。初心者に釣りを教えるなら、まずそこを伝えたい。【h











ヤマベ10cmと厚別川
(i)
岩尾川支流赤岩川で渓流釣りをする長男小4
(j)
岩魚帝国、渓相天国

2014年9月21日、岩尾川支流アカイワ川イワナ釣り(写真j)。

2年ぶりの赤岩川は、相変わらず岩魚帝国長男小4のランディングネットさばきは、相変わらずもたつき気味えさイタドリ虫、ときどきイクラ。この日に釣れたイワナの平均サイズは、20cm前後というところか。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.493 動画ヒット!ランディングもたもた
          (3085kb.28秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

今回のハイライトは、息子が30cmオーバーのイワナ(アメマス)を釣り上げた瞬間だった(写真k)。彼の笑顔に見え隠れする「してやったり」の表情が、心底気に食わない

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.494 動画イワナ30cmアップ、取り込み
          (1091kb.9秒間.asf形式)
 No.495 動画釣り上げた尺イワナ、赤岩川
          (1130kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

2年間の時を経てポイントの位置や状態が微妙に変化した赤岩川。落ち込みが連続する岩だらけの渓相に、改めてほれぼれ。

真駒内川がメインフィールドである息子の目には、赤岩川のまったく異なる雰囲気新鮮に映ったようだ。釣りを父より早めに切り上げて、川歩きそのものに興じること小一時間(写真l)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.496 動画小さな滝の上を遡行、赤岩川
          (1287kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

遡行満喫する息子の一挙手一投足に、「勝者の余裕」を感じてしまう父。自分一人の力で腕を上げたとでも言わんばかりの立ち振る舞いが、心底気に食わない。【h
イワナ30cmオーバー、岩尾川支流赤岩川
(k)
岩尾川支流アカイワ川の小さな滝
(l)




前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.