真駒内川で35cm尺イワナ、25cmヤマメが釣れて驚き。ニジマスや川カジカも。茨戸川サーモンファクトリー裏でワカサギ。トイレと駐車場を無料開放。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2013年)

(a)
惨敗の茨戸川サーモンファクトリー

2013年1月13日、子供2人を連れて茨戸川サーモンファクトリー裏へ(写真a)。

強風に負けた。

市内は快晴にもかかわらず、早朝の茨戸川周辺強風ときどき吹雪。周りの皆様が着々と立派なテント(人気NO.1はどうやらコールマンのアイスフィッシングシェルターV)を立てている中、我が家の「あるまじきワカサギテント」は風にあおられっぱなしで設営を断念せざるを得なかった。

「佐藤水産サーモンファクトリー裏」での釣りは、今回が初めてだ。ここを選んだ大きな理由は、佐藤水産が釣り人に駐車場とトイレを開放しているから。店舗右の駐車場側に、外から出入りできるトイレが設置されている(写真b)。開店時間まで利用できないのは残念だが、使わせて頂けるだけでも感謝しなければ。

この冬から川の博物館が冬季閉鎖され、トイレが使えなくなった。今後、女性を含むグループがサーモンファクトリー裏にどっと流れてくると予想される。

ところで、釣り場に降りるゲート付近は、足元に細心の注意を払う必要がある。頻繁に踏まれるせいか結氷が全くすすんでいない(写真c)。娘もずっぽりはまって、長靴の中が濡れてしまった。予備の靴下と長靴で事無きを得たが、まかり間違えば大きな事故になりかねない。ゲートの壁を伝って、凍っている部分を見極めてから降りるように。


強風の中、子供達との釣りテント無しで30分が限界だった。長男の「さむい…くるまでやすむ」という魂の叫びで私も踏ん切りがつき、早々納竿。結局3尾、長女1尾、長男0尾の惨敗だった。餌はカットした紅サシ

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.395 動画容器の水道水で泳ぐ公魚
          (525kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ペットボトルは、を吐かせるために持参した水道水である。1尾淋しく泥を吐くワカサギ君、天候を呪い愚痴を吐く私。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 

※「自慢」と「愚痴」

私が“書きたい”サイトネタは常に2種類のみ、「自慢」と「愚痴」である。

巷のウェブサイトも、大部分は2つのどちらかに分類されるように思える。たまに「面白ネタサイト」や「主義主張ブログ」の類を見かけるが、よく読むと「面白いネタを発見した自慢」だったり「主張めいた愚痴」だったりがほとんどだ。

反面、私が“読みたい”と思うのは、「知りたい情報」が簡潔に紹介されたサイトである。「気の利いた言い回し」や「ウケ狙いの写真」は不必要だし、自慢話や愚痴話に至っては全くおよびでない。

ウェブサイトを運営するときに生じるジレンマは、この「書きたい話題」が「読まれる話題」ではないという現実だ。私の場合、気が向いたことばかり書いていると、世間様には見向きもされないサイトになってしまうのだ。

苦肉の策は、「情報っぽい自慢」や「情報っぽい愚痴」をネタにするという手法だ。

「GWに家族で某埠頭に行って海釣りをしたら、でっかいカレイが釣れました。初めての釣りで大物に出会えてうれしかった。ビギナーズラックかな!」という自慢話は、ほのぼのしていて悪くないが、おそらくは身内にしか(身内にさえ)読まれない

同じ出来事を「5月5日AM6:00、石狩湾新港東埠頭から投げ竿で遠目を狙ったら、27cmの良型スナガレイがヒット。餌は塩イソメ、税込み329円」のように具体的に記述すると、札幌近郊に住む見ず知らずの海釣りファン100人位には参考にしてもらえる。

自慢や愚痴であっても、何らかの「情報」を添えることで読まれる可能性がでてくる、というお話。【h

▼追記 2013.5▼
ウェブサイトに掲載する写真(画像)も同様である。

例えば、「他人の子のポートレイト」を興味を持って観てくれる人はごくごく限られている。“ともだち”や親類縁者がターゲットならまだしも、釣りサイトに我が子のアップ自慢気に載せても素通りされるのは明らか。少なくとも私が読者なら間違いなくスルーする。

サイト用の写真を撮るなら、釣り上げた我が子の表情に迫りたいのをぐっとこらえて、釣果や装備、周りの渓相、空模様を広角的に写すべきなのだ( 画像のALT属性は、私なら「釣れました、ラッキー!」ではなく「岩尾川支流のイワナ17cm」にする)。釣りに必要な情報を同時に写し込むことで、不特定多数の釣り人諸氏に我が子の晴れ姿をまんまと観ていただけるという寸法だ。
▲追記ここまで▲
(b)
(c)












































































佐藤水産サーモンファクトリー裏、ワカサギ釣り
(d)
演歌と外道と水たまり、茨戸公魚

2013年2月16日、茨戸川サーモンファクトリー裏ワカサギ釣り(写真d)。

久しぶりに釣りらしい釣りができた。4時間釣って子供達と3人で60尾弱。冷凍保存しておいた前回の4尾と合わせて、ギリギリ晩飯のおかずになり得る数だ。

完全に自分のペースで釣れるようになった長男

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.401 動画キタッ!ワカサギのアワセ
          (1840kb.19秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

紅サシのカットにも慣れ、以前のように誤ってハリスを切ることもなくなった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.402 動画子供もできる紅サシの切断
          (991kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

AMラジオでBGMに演歌を流すと、釣り初心者(写真e)でもベテランオーラを放つことができる。効果絶大な“裏技”である。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.403 動画ラジオの演歌とワカサギ釣り
          (1059kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

今回、タナ「底」ではなく「中層」だった。それに気付かず始めの20分間は無反応。泳層を見つけるため、仕掛けを底からリール10回転ずつ上げて、ようやく探り当てた

悩まされたのは外道(げどう)ウグイだ。デカいのが立て続けに3尾釣れた時間帯もあった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.404 動画ワカサギとウグイの一荷
          (572kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

針がかりするだけならまだしも、水中暴れて隣の仕掛けまで巻き添えにするのが、ウグイ嫌われる最大の理由である。私たちも仕掛けを2つやられた

この日は晴れて過ごしやすい気温だった。しかしそのおかげでテント内は水浸し。氷が溶けて穴が水面より低くなったと思われる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.405 動画水浸しのテント内、公魚釣り
          (1344kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

テントをのがれ、青空のもと新しい穴に挑む外向きな娘。自分専用の穴にこだわり、テント内の水たまりと格闘する内向きな息子(写真f)。

ところで、サーモンファクトリー内のトイレを初めて利用させてもらった。新しくて手入れが行き届いている(写真g)。

ただし、ピカピカの床がとんでもなく滑りやすい。ウェーダーの人はフェルト底の雪を充分に落としてから入らないと、私のようにド派手にコケ羽目になるネオプレーンウェーダーの思わぬ弱点だが、同時に「尻もちがさほど痛くない」という意外な利点を大発見できた。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 









ワカサギと2ショット、茨戸川佐藤水産裏
(e)


























ワカサギテント内と外での釣り、茨戸川サーモンファクトリー裏
(f)
使用可能トイレ、佐藤水産サーモンファクトリー内
(g)

万計沢(真駒内川)
(h)
偵察!禁漁直前、雪の真駒内川

2013年3月31日、真駒内川

やまべ(ヤマメ)禁漁期間が明日4月1日から始まる。しばらく釣りができなくなるので、試し釣りを兼ねて真駒内川の様子を見に行くことにした。子供抜きの釣行は久しぶり。

例年になく降雪量が多かった札幌。案の定、川の大部分は雪に覆われていた(写真h)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.410 動画積雪量の多い真駒内川
          (606kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

過去、この時期の釣りはほとんどがボウズに終わっている。最大の原因は、雪解けによる水温の低さだ。今回も1.5℃(写真i)。ヤマメ達の活性はまず期待できない

期待はできないが、川っぷちに立つとイヤでも目を覚ますのが釣り人魂(つりびとだましい)だ。流れを遡りつつ、ダメ元で釣り糸を垂れてみる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.411 動画雪の真駒内川を遡行する
          (2237kb.23秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

アタリが来ないと分かっていてもポイントを探るたびにワクワクするその感覚は、まさにギャンブルハマったら最後、抜け出すのは容易ではない。【h
川は低水温1.5℃、万計沢(真駒内川)
(i)






ヤマメ25cm、真駒内川
(j)
驚愕のヤマメ25cm、自宅30分圏内

2013年6月8日。夕暮れ時ゆるゆるとした釣りは、自宅から車で30分真駒内川にて(写真j)。

良型ヤマメに出会うために、
朝4時に早起きする必要なし。
で2時間移動する必要なし。
エサが新鮮である必要なし。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.420 動画でた!25cmヤマメ真駒内川
          (1712kb.17秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

エサはすっかり黒ずんだイタドリ虫くん。2ヶ月前の釣りであまったやつらを、冷蔵庫で飼っていた。もちろん家族には知らせず。【h】 
ヤマメ25cm、真駒内川
(k)
25cmヤマメ君再び!カジカ棲む川

2013年6月16日、早朝の真駒内川

釣れそうな雰囲気はあった。前回釣り上げたポイントのやや上流寄りだった(写真k・新ワザで撮影)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.421 動画再会!25cmヤマメ真駒内川
          (972kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

1週間前にリリースしたヤマメと、サイズがピッタリ同じ25cm(写真l)。「同個体では?」と思えるくらい似通った面構えだ。エサブドウ虫

アタリも前回同様“もぞもぞ”という感じだった。渓流魚サイズがある程度(25cm前後以上)大きくなると、俊敏に動けない分、アタリが鈍くなる。小型ヤマメの“ククッ”というスピード感が無い。アワセた直後のずしりとくる重さで、ようやく「でかい」と判別できた。

良型居そうなポイントでは、遅速どちらのアタリにも反応できる待ち方が必要だ。“直球を待ちながら変化球にも対応できるようなバッティング”を常に心がけたい。野球をしない人間が言うのもなんだが。

ところで、今回の釣りで久しぶりにカジカに出会うことができた(写真m)。オコゼ科の淡水魚で、“清流”の石の下にしか棲まないとされる魚なので、釣れただけで嬉しくなる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.422 動画カジカの棲む清流、真駒内川
          (1082kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

佃煮や唐揚げにすると美味いそうだが、我が家食文化には入っていない。よって迷わずリリース。【h】 
 
25cmヤマメ、真駒内川
(l)
 
川カジカ12cm、真駒内川
(m)





イワナ35cm、真駒内川
(n)
度肝抜く35cm!奇跡の尺イワナ

2013年7月14日、真駒内川

人生初尺イワナ(写真n)。
アメマス(=降海型エゾイワナ)であれば、河口付近で30cmオーバーを釣り上げた経験が何度かある。しかしここは山麓の上流域。こいつはアメマスではなく、正真正銘“イワナ”で間違いない。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.425 動画キターッ!尺イワナ真駒内川
          (2535kb.25秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

このイワナ、実は釣り上げたのは“私”であり“長男”でもある。

先に釣ったのは息子。歓喜の中、写真撮影の隙を突いてランディングネットから逃げた「息子の尺イワナ」を、その直後に私が再び釣り上げた。奇跡ともいえるその顛末は「天国地獄→“蜘蛛の糸”で再び天国へ」的な急展開であった。糸が切られなくて本当に良かった。

真駒内川での初イワナが尺上だったことには度肝を抜かれたが、ニジマスが2尾釣れたことにも驚いた(写真o1)。前回釣れたカジカといい、“ヤマメの真駒内川”という今までのイメージは完全に払拭された。エサはいずれもブドウ虫

長男(小3)は20cm超の魚をさばくのは初めて。手の中であばれる生命力が、ナイフを動かす息子を躊躇させる(写真o2)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.426 動画ニジマスをナイフでさばく長男
          (5098kb.54秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ビバ!真駒内川。間口は広く、奥行きが深い。まだまだ新しい発見がありそうなフィールドである。【h









ニジマス20cm、真駒内川
(o1)
ニジマスをナイフでさばく子供
(o2)

大人用ウェーダーをはく小学生
(p)
ゆるキャラなペーパーアングラー

2013年7月27日、真駒内川

長女(小5)のたっての願いで渓流釣りに連れて行った。ネオプレーンウェーダーを貸したら、サイズが大きく肉じゅばんのよう。「ゆるキャラみたいでカワイイね!」と心からほめたのに、なぜかそっぽを向かれてしまった(写真p)。

母の目を盗んでは『釣りキチ三平(父蔵書)』をむさぼり読む彼女は、“石化け”の奥義をマスターしたつもりのペーパーアングラーだ。そんな“実績が伴わない自信家”のくせに、いざフィールドに出ると「イタドリ虫を針に付けろ」と偉そうに命令したり、自分が釣ったワカサギでキャーキャー騒いだりと、とんでもなくめんどくさい。長女を釣りに誘う気になれない父の気持ちを、長男だけは理解してくれている。

そこで男子会GMである私は、今回長男を“お世話係”に任命した。姉の下位層で日頃から辛酸をなめている長男にとって、優位に立てる数少ないチャンスだ。私自身も、いちばん煩わしい業務を下請けに出すことで「全体を遠巻きに見守る」という最も重要かつラクな職務に専念できる。これぞ適材適所。もくろみ通り、平和で穏やかな半日間の釣行を楽しむことができた。

釣果は3人とも完敗真駒内川では6月解禁以来立て続けにいい思いをしてきただけに、肩透かしを食らった。こんな悔しい思いをする日があるから、良い釣りができたときの喜びはいっそう大きくなる。飽きるどころかズブズブとのめり込んでいくのである。

その点子供達は、執着が少ない分切り替えが素早い。未練がましく仕掛けを投入する父の横で、ランディングネットを使い水生昆虫やオタマジャクシを捕り始めた(写真q)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.429 動画オニチョロが棲む真駒内川
          (397kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

真駒内川は、つかまえた川虫釣りエサにできる豊かな川なのであった。【h
 
水中の生物をランディングネットですくう、真駒内川
(q)









札幌恵庭自転車道路でサイクリング
(r)
サイクリング&フィッシング札幌

2013年7月31日、息子(小3)初のサイクリング札幌恵庭自転車道路(サイクリングロード)を経由して豊平川へ。

別の予定が急遽キャンセルになり、「豊平川での釣り」を思いついたのが前日。どうせ釣れるのはウグイに決まっている。“ついでのチョイ釣り”で充分だ。「サイクリング&フィッシング」という抱き合わせ企画は、こうして突如生まれた。

後先考えず“思いつき”を実行に移したとき、多少の無理は勢いで乗り切れることがよくある。

幼稚園のときに買った18インチの自転車で、豊平川までの往復20kmをノリノリで走りきった長男(写真r)。彼のチャリのサイズを考慮すれば構想段階でボツにすべき企画だが、フタを開けてみたらバテたのは父の方であった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.431 動画札幌恵庭自転車道路を走る
          (3383kb.35秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

釣れたのは、やはりウグイだ(写真s)。しかしながら「ウグイを予想してウグイ釣った」のだから、ある意味“達成感”は100%幸せは自分のが決める、と誰かが言っていた。ホントその通りだと思う。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.432 動画豊平川の本流でウグイ釣り
          (1613kb.16秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

汗かいておにぎりたらふく食べて、川で遊んで、「次はまで自転車で行きたい」という息子のセリフに勘弁してよと苦笑いして。何処で何をして何を手に入れたかより、最終的にどんな気持ちになれたかが最重要である。【h
豊平川本流で釣れたウグイ15cm
(s)



子供と渓流釣り、真駒内川
(t)
ルーキー圧勝、ニジマス23cm

2013年8月24日、父子で釣行。晴れ渡る札幌市南区の真駒内川にて(写真t)。折しもゲリラ豪雨が市内一部を襲う

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.445 動画流れに沿って歩く、真駒内川
          (938kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

釣れたのは長男のみ。23cmのニジマスだった(写真u)。エサ我が家の冷蔵庫でほどよく熟成させたブドウ虫。ポイントは、先日奇跡の大イワナを釣った深みである。

悔しいか悔しくないかと問われれば、迷いなく「悔しくはない」と答える。そんなわきゃねーだろと疑う諸氏には、真顔でこう反論したい。私の一番の趣味は「釣り写真を撮ること」である、と。私が釣れないことで息子の表情が誇らしさを増すのなら、むしろ喜んでボウズの道を歩もう。

だから今回の釣行も、平常心に始まり平常心で終えたことを皆さんにご報告申し上げるイラッとする局面が仮にあったとしたなら、釣り上げた直後「このポイント譲ってもいいよお父さん」と、あたかも自分の領地か何かのような物言いを彼にされたその一瞬であろう。【h】 
ニジマス23cm、真駒内川
(u)



厚別川
(v)
vs折り紙野郎、秋のヤマメ釣り

2013年10月19日、長男(小3)を連れて真駒内川厚別川(写真v)のハシゴ

なんちゃってアウトドア魂”の持ち主である長男は、「暑さ寒さ」に対する決断に限れば、極めてスピーディで常に迷いがない。今回の釣行で「あまりに寒いので車内で父を待つ」という判断を彼が下すまでに、車を降りて1分もかからなかった。

水温4℃
真駒内川からボウズで帰還した父を待ち受けていたのは、助手席で折り紙を折るインドア息子の姿だ。楽しげな彼の表情は、自信作完成披露のためにあえて「車で待つ」ことにしたのでは、と疑うほどであった。

メモ紙を使ったオリジナル作品はその名も『てぶくろ』(写真w)。オチがあまりに華麗で、自分の手が冷水でかじかんでいるのをしばし忘れてしまった。

場所を変えて臨んだ厚別川でも、長男は試合放棄

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.456 動画ヤマメ15cm、秋の厚別川
          (1287kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

水温6℃
私はようやく15cm程のヤマメ(写真x)を1尾ゲットできたが、果たして充実感をより感じていたのは私か、はたまた折り紙野郎か。アウトドア風インドア人間流儀は難解で、何を目指しているのかがいまいちよく分からない。【h】 
ミトン型手袋、オリジナル折り紙
(w)
(x)

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.