子供とワカサギ釣り。ガトキン裏は結氷。川の博物館ではテントで。渓流はアカイワ川のイワナが好釣果。厚別川では長男の渓流釣り入門、ヤマメ。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2012年)


わかさぎ釣り、生振大橋周辺
(a)
酷寒湯たんぽ、生振&ガトキン裏

2012年2月18日。小1の長男を連れて、茨戸川でワカサギ釣り

2月前半、我が家の過半数が次々とインフルエンザにやられ、今年は最も遅いシーズンインとなった。

男だけの釣行は、トイレの心配が無く場所を選ばない。生振大橋付近に入釣した(写真a)。

今年の北海道記録的な寒さが続いている。生振の“氷の厚さ”は尋常でなかった。アイスドリルの長さが足りず穴が貫通しない。ドリルを抜いて入り口をすり鉢状に削り、再びドリルで掘り進む。氷が分厚いときは、穴を広げる金属製スコップ必需品である。

この日も-10℃を下回る酷寒先日のキロロスキー場の再現だ。寒さ対策として、試しに“湯たんぽ”を持っていった(写真b)。布団の中で朝まで温かな保温力に期待したものの、氷上では一瞬でお役御免。保温ポット熱湯を入れ足裏を温めたが、効果は10分程度。湯たんぽはまたたく間に冷え切った。

ようやく穴が貫通したにもかかわらず、待てど暮らせどアタリがない。2時間近く粘って釣果ゼロ。ワカサギ釣りではかなりの珍事である。

アタリの無さに耐えかねて、場所を移動することにした。目指したのは6年ぶりのガトキン裏(写真c)。近年結氷しないことが多いけれど、さすがに今年はしっかり氷が張っていた。

釣り座にはバスマットを敷き、イスは使わなかった。「子供は氷にじかに座りたがる」というのがその理由だ。子供にとって、視点が穴に近い方がたぐり仕掛け投入がしやすいのだと思う。腰痛持ちの大人には辛い姿勢だが、背筋を伸ばして正座をすると腰の負担は減る。足がしびれて冷えるなら、マットに立って釣るという手もある。

長男餌付けに大分慣れた。あわせのタイミングも上達。徐々に手返しが良くなってきた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.341 動画公魚の針外し→仕掛け投入
          (4279kb.45秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

自分ですべてできるようになると、釣れたときの満足度が一段と増す。どや顔( ̄+ー ̄)の写真が、彼の心の内を物語っている(写真d)。

雪がかなり降ってきたので11時過ぎに終了。納竿直前、あまりの寒さに息子は無口になっていた。釣果は相変わらずパッとしない。1時間弱で息子が4匹、私は7匹。えさカットした紅サシ

暖かい日を選び、近いうちにリベンジするつもりだ。自分の釣果は抜きにして、子供達に「楽しかった」という印象を残してシーズンを終えたい。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 
ワカサギ釣りに湯たんぽ
(b)
ワカサギ釣り、ガトキン裏・焼き肉屋前
(c)
どや顔ワカサギ釣り、ガトーキングダム裏
(d)
わかさぎテント、茨戸川「川の博物館」前
(e)
テント張ってリベンジ、川の博物館

2012年2月25日。子供2人を連れて茨戸川「川の博物館前」へ。

ガトキン裏の惨敗から1週間。リベンジ釣行は万全を期してテント持参だ(写真e)。極寒の荒行は前回でこりごりである。

10年以上前に購入したテントは、設営しにくいことこの上ない。その構造は、例えるなら「柄(え)が無いフニャフニャの折りたたみ傘」。不安定で“非自立式”に近く、「風の日に立てられない」というテントあるまじき弱点を持っている。アウトドア用具購入時は安さだけで選んではいけない、という好例だ。

立ててしまえば快適なテント内。今回はアウトドアヒーターも持参しさらに暖か(写真f・出入り口を開けて使用)。納竿まで素手で釣りができた。

ただし、テントの“狭さ”には慣れが必要である。窮屈な姿勢が、膝や腰に負担をかける。エサ付け針はずしは、ごく限られたスペースでの作業だ。この点は、身体が小さな子供にはかなわない。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.342 動画テント内でわかさぎの針外し
          (1747kb.18秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

手際よく針を外す長男とは対照的に、活きがいい魚ビビる長女スポーツでは思い切りがいいくせに、生き物系は全く度胸がない。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.343 動画おそるおそるワカサギ針外し
          (1277kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ところで、今回は“道糸に付着した氷”を上手く利用した(写真g)。無テント時は急速に氷が成長し、その重さでアタリが分かりづらくなるお邪魔モノ。テント内だとさほど大きくならないので、格好の“目印”になる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.344 動画ワカサギ、道糸の氷を目印に
          (247kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

天然マーカーのお陰で、アタリ直前の“ゆらゆら”まで見えるようになった。集中力さえ研ぎ澄ませば、素早いあわせが可能である。「…ゅーら、ゅーら…ピクッ」と同時に「ピシッ!」というタイミングだ。

であればいっそ、道糸に“渓流釣り用の目印”を付けるという手がある。湖底が浅い「川の博物館前」ならリールは不必要。“目印作戦”にはもってこいのポイントだ。試す価値は有る。

写真hは長女仕掛けスレがかりしたワカサギ。結局、昼過ぎまでに父(私)が51匹、長女(小3)6匹、長男(小1)6匹の計60匹オーバー。何とか夕食メインになり得る数だ。「子供達に適度に釣らせつつ、父親の面目躍如」という、狙い通りの筋書きでリベンジを果たした。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 
アウトドアヒーター、わかさぎ釣り、茨戸川「川の博物館」前
(f)











道糸についた氷、わかさぎ釣り
(g)






わかさぎのスレ掛かり、茨戸川「川の博物館」前
(h)










イワナ24cm、岩尾川支流アカイワ川
(i)
イワナ王国、アカイワ川

2012年6月9日、浜益方面の渓流へ。

今回は子供抜き単独釣行だ。アカイワ川(岩尾川支流)2008年以来、4年ぶり。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.349 動画岩尾川支流赤岩川の流れ
          (885kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

相変わらずのイワナ帝国、6時開始から約1時間で6匹が釣れた(写真i)。ほとんどの時間を写真撮影に費やしているので、実質入れ食いである。エサは、いつもの定番イタドリ虫

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.350 動画イワナ24cmリリース、赤岩川
          (844kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

サイズは15cm前後3尾、20cm〜24cm3尾。大満足でアカイワ川の釣りを終えた。

帰り道、解禁直後のヤマメやまべ)に会うために、6年ぶりの群別川に立ち寄ることにした。

川沿いの道に入ると間もなく、“工事車両以外立入禁止”のバリケード出現。河川工事で好釣り場が突然消えるということは、この辺りでは珍しくない。上流域はあきらめ下流に入ったが、アタリ無く少々淋しいエンディングとなった。【h







厚別川の渓相
(j)
初入渓、ヤマベの厚別川

2012年6月30日、豊平川支流の厚別川

自宅から車で30分圏内にある厚別川は、あまりに身近すぎて今まで敬遠してきた。「入釣者が多く魚影は期待薄」「国道沿いで騒音が気になりそう」「里川っぽくて渓相はイマイチか?」。遠ざけてきた理由はこんなところだ。

やはり先行者は多かった。4時半に到着したときにはすでに車が2台止まっていた。1台はまさに帰路につくところだったので、かなり早い時間帯から釣り人がいたと思われる。

渓相は意外なほど良い(写真j)。車の音もほとんど気にならなかった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.351 動画厚別川(豊平川支流)の流れ
          (931kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

魚影は薄くない。アタリ頻繁にある。が、サイズは小さい。釣れるのは8〜12cmのやまべばかりだ(写真k)。全てリリースした。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.352 動画ヤマメ12cm、厚別川
          (778kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

近所にヤマメが釣れる渓流が存在する」というだけで、羨ましく思う釣り人は全国に大勢いるはずである。本当に恵まれた環境だ。そう考えると、魚のサイズ以上の満足感が得られる。【h
ヤマメ12cm、厚別川
(k)
子供の渓流釣り入門、厚別川
(l)
長男の渓流釣り入門、厚別川

2012年8月18日、豊平川支流の厚別川

今回は長男の“渓流釣り教室”。手本を見せるために竿は持つが、「私自身は釣りをしない」と心に決めた

妻のウェーダー私のフィッシングベストを貸した(写真l)。ウェーダーはダボダボで使い勝手が良いとは言えないけれど、行動範囲は飛躍的に広がる

子供が川を横切るときには、大人がそばについてコース取りを教える必要があるなるべく浅くて流れが緩やかなところを選び、実際に歩いてみせた。脚を大きく開き、歩幅は小さく、すり足で慎重に進むようにアドバイスした。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.363 動画子供の脚で渓流を横切る
          (1120kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

エサ付けは、ワカサギ釣りである程度慣れている。しかし、イタドリ虫は「チョン掛け」ではなく「通し掛け」。虫をつぶさず“針を通過させる”ことに、彼は四苦八苦していた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.364 動画子供の手で虫を針に付ける
          (1219kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

エサを上流から自然に流す練習(写真m)は、以前に経験している。ウェーダーをはいている分、ポイントに仕掛けを投入しやすい

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.365 動画子供の脈釣り、仕掛けを流す
          (2371kb.24秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

魚をバラす」「糸がからむ」「アワセが大きすぎて、枝に仕掛けを引っかける」「服に針がささる」等の失敗は、この半日ですべて経験した。「もつれた糸をムリに引っ張ると、ますますほどけなくなる」ということも実感できた(写真n)。

アタリの判断はまだまだ怪しい。風によるゆらぎか、流れによる揺れか、はたまたオモリが川底を転がる震動か。こればっかりは体で覚えさせないと、口ではどうにも説明できない。竿を持つ子供の手を上から握り、プルプルするたびに「これは流れ」「これは川底の石」と教えた。

キタッ!」と私が言うが早いか、息子の右手がピッと反応した。アワセもワカサギ釣りで練習済みかわいいヤマメがあがると、緊張していた表情がゆるんだ(写真o)。

針はずしワカサギのようなわけにはいかない。針を湾曲に沿って抜くのに、思いのほか時間がかかる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.366 動画子供の手でヤマメの針外し
          (1213kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

いつもならリリースだが、今回は長男が釣り上げた記念に、キープして塩焼きにすることにした。私が魚の腹にナイフを入れ、彼に内臓と血合いとらせた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.367 動画子供の手で魚の血合いをとる
          (1191kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

今回、息子が“自分の力で釣った度”は60%くらいか。それでも彼の満足感100%に近いはず。

不思議なもので、上達するにつれ100%自力で成し遂げて60%しか満足できぬ逆転現象が起きる。それぞれのパーセンテージが一致した頃が、趣味としてバランスが取れた「楽しくて仕方がない時期」なのだと思う。【h】 
子供の渓流釣り入門、厚別川
(m)
糸がらみをほどく、厚別川で渓流釣り入門
(n)
子供の渓流釣り入門、厚別川のヤマメ12cm
(o)



















ヤマメ釣り、真駒内川万計沢
(p)
無欲の勝利、真駒内川万計沢

2012年9月1日、小2長男と真駒内川(万計沢)でヤマメ釣り(写真p)。

息子が過去一度も釣り上げていない真駒内川で、厚別川での特訓の成果を試すときが来た。今回は餌付け等をすべて彼自身にさせて、私は息子のために魚が居そうなポイントを探す役目に専念した。「釣ってやろう」というギラギラした気持ちを捨てたことで、魚の反応が少なくても平常心で過ごせた。

厚別川ほど魚影は濃くない。この日は先行者がいて、プレッシャーの高さが垣間見られた。入渓後しばらくは「釣り尽くされた川」という印象だった。

30分ほど釣り歩き、ようやくぐぐっと強いアタリ。予定ではここで「そっと仕掛けを引き上げ、そのポイントを息子に譲る」というシナリオだった。

ところがだ、気持ちと裏腹に釣り人の性(さが)瞬時に反応してしまった。ピシッとアワセたが最後、息子のための筋書きはどこへやら。真剣勝負「父VSヤマメ」の火蓋が切って落とされたのだった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.368 動画良型ヤマメ21cm、真駒内川
          (1255kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

久しぶりの良型ヤマメ21cmにして見事な体高。子供のポイント探しに徹することで転がり込んできた“無欲の勝利”である。

こうなってしまったら、もう誰にも止められない。釣り人魂(だましい)全開だ。息子はそっちのけ、本気モード流れを遡る小一時間して、再び細身の22cm(写真q)を釣り上げた。「釣り尽くされている」という第一印象は、完全に誤りだった。

私の心は満腹、息子のタモはカラッポ。最初はちょっとかわいそうに感じたが、よくよく考えれば実績もないくせに悔しそうにしているところが少々生意気ではないか。【h
















ヤマメ22cm 真駒内川万計沢
(q)
長女が釣った新仔ヤマベ
(r)
自力ヤマメとフィッシングナイフ

2012年9月22日、万計沢(真駒内川)でヤマメ釣り。

「お父さん、釣れた!釣れたよっ」
アタリの判断アワセも、初めて自力で釣り上げた一尾は、10cm程のきれいなヤマメだった(写真r)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.371 動画自力で釣り上げた初ヤマメ
          (1354kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ケチなことをいえば、直前のポイント探しエサ付けでは父が手を貸したので“自分の力で釣った度”は90%程度か。(余談だが、父が「手を貸せた」のは、己の釣り人魂を制御できたからではなく、入渓早々、竿の穂先が折れたからである)

アタリがほとんど無い難しい半日だった。この日は久しぶり長女(小4)も連れていった(写真s)。長男(小2)よりさらに経験が浅いので、トラブル続きだった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.370 動画ハリスが木の枝に…。万計沢
          (1016kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

自分でさばいてみるかい?」
父の提案で、おそるおそるナイフを魚にあてる息子(写真t)。まだピチピチと生きているヤマメを初めてさばくのは、どんな気持ちだったろう。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.372 動画ナイフで初めてヤマメをさばく
          (1520kb.15秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

「残酷だ」とか「食べるためには仕方がない」とか、解決しない複雑な思いを心に焼き付けられれば、ヤマメの命をいただいたことに少しは意義を見いだせる。【h
 
やまべ釣り、真駒内川万計沢
(s)
ヤマメをさばく長男小2
(t)




イワナ17cm、岩尾川支流アカイワ川
(u)
空中岩魚とランディングネット

2012年10月7日、岩尾川支流アカイワ川でイワナ釣り(写真u)。

今回、長男(小2)が目指すものは
 (1) 初めての“イワナ”を釣る。
 (2) 大きめの魚をたくさん釣る
 (3) ランディングネットを使ってみる
 (4) 釣り上げた魚をリリースする

彼にとって上記4点は未経験。最適なフィールドは、岩魚の宝庫アカイワ川以外に考えられない。で2時間かかるのが子連れには難点だが、それだけの価値はあるはずだ。

えさイタドリ虫をメインに使い、スレてアタリが無くなったポイントで、時々イクラに交換させてみた。(写真v)

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.373 動画イクラを釣り針に付ける
          (675kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

エサ付けがしやすいので、女性や子供の初心者にイクラはうってつけ。この日は、イタドリ虫に劣らぬ食いつきであった。

前回の万計沢で、彼は曲がりなりに自力でヤマメを釣り上げている枝に仕掛けを引っかけるなどのトラブル以外は手を貸さず、横目で見ていた。

今回は、ランディングネットを積極的に使うようにアドバイスした(写真w)。実際は良型の場合にしか必要ないのだけれど、慣れておかないといざというとき慌てることになる。下の動画はその好例。アワセから取り込み完了まで、141秒の長編である。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.375 動画空中岩魚とランディングネット
          (7620kb.141秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

“鮎の引き抜き”か“ムツかけ(ムツゴロウ釣り)”か。空中を右往左往するイワナ君には申し訳ないが、近年まれに見る傑作映像であると自負している。ランディング(着陸・着地)とはよく言ったものだ。

針をはずした後、息子にリリースをさせてみた。魚を水に馴染ませて、泳ぐ力を確かめてからそっと放す。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.374 動画岩魚の針外しとリリース
          (2106kb.22秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

「苦労して釣った魚を逃がす」という一見不可解な行為も、釣り上げる楽しさ命をいただくことの意味が分かりかけてきた長男には、すんなりと受け入れられた。

ところで、イワナオンリーだとばかり思っていたアカイワ川で、初めて小さなヤマメが釣れた(写真x)。2人合わせて4尾。釣果の半数近くがヤマメだったことを考えると、来年は良型ヤマメが期待できるかも。【h】 



エサのイクラを針に付ける、イワナ釣り
(v)




ランディングネットで岩魚をすくう、岩尾内川支流アカイワ川
(w)















ヤマメ(ヤマベ)、岩尾内川支流アカイワ川
(x)

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.