ヌップリカンベツ川でヤマメ、イワナ。沙流川のルアー釣りでは、29cmのニジマス。コータックのコンデックス。新年の初ワカサギ釣りは生振大橋。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2010年)

実釣セッティング、氷上ワカサギ釣り
(a)
ワカサギ快釣!生振大橋

2010年1月10日、茨戸川の生振大橋付近にて。

手返し良くわかさぎを釣るための「釣り座」には、人それぞれスタイルがある。

腰痛対策素早いアワセのために、小さめのイスに浅く座る。穴の右手前にはえさ入れ紅サシ)と餌をカットするハサミ。左手前には古タオルまき餌。左手奥はソリに積んだ道具類(写真a)。

釣った魚は、ハリスから右氷上へポトリと落とす。たぐった仕掛けが引っかからぬよう、右側は魚以外、極力モノを置かぬように心がける。

以上のようにセッティングすると
 誘いアワセたぐり→針はずし
          →餌付け→仕掛け投入
の動線が最短になり、一連の動作がスムーズに完了する。私の場合は。

今回の釣りはまき餌が効果的だった。群れがおとなしくなったらごく少量をまく。水面に浮いたまきえが、パラパラと少しずつ沈んでいく量がベスト。周りのおじさんやファミリーが「釣れない」「釣れた!」と大騒ぎをしている中、私のポイントからワカサギの群れが遠ざかることはなかった。

撒き餌はホウムラの「ワカサギ一番」。5〜6年前に買ったものを、いまだに使っている(写真b)。毎年買い換えるほど使用頻度は高くない。腐敗や変質が疑われるが、むしろいいぐあいに醗酵(?)してたりして。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.286 動画ワカサギ14cm、生振大橋
          (475kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

釣果は7時半〜9時過ぎまでの2時間弱で48尾、最大14cm(写真c)。「晩飯の唐揚げに!」と、胸をはって妻に差し出せるだけの匹数だ。

そう言えば、「5〜6年醗酵した餌」をワカサギ達は食べているはず。それを我々が口にする…。今まで考えたこともなかったけれど、想像するとちょっと引くなぁ。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ 




 
ワカサギ一番、ホウムラ、撒き餌
(b)
ワカサギの釣果48尾
(c)
 
沙流川、道東
(d)
ルアーで29cmニジマス、沙流川

2010年7月18日、沙流川にて(写真d)。 かなり遅めのシーズン初日。

バラす、からまる、引っかかる。今日の釣りは散々だった。

支流では釣りを試みた(ブドウ虫)。17cmほどのオショロコマが1尾あがるまでに、ハリスが切れるわ、枝にからまるわ、釣れたはいいが針をガッツリ飲まれるわで、エネルギーロスが多い前半戦だった。

こんな釣りは“独り言”が多い。「うわっ、バレたっ」「あぁまたか」「勘弁してよー」ぶつぶつしゃべる自分に気付いた瞬間、我に返って辺りを見廻す。

後半は、本流との合流地点でルアー釣り過去に好釣だったポイントだ。

ルアーでもバラし連発。ランディングネット直前で逃げられたオショロコマはスレ掛かりであった。

8時過ぎに突然あちこちで始まったライズ。直後にきたアタリに、ようやく会心のあわせができた。3回のジャンプを見せたファイターは、29cmのニジマスだった(写真e)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.298 動画29cmニジマスとコンデックス
          (910kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ルアーはいつものコータック・コンデックス5430。今回は“蛍光赤/金”を使用した。

「晩飯はニジマスの塩焼きだぞ」と家族に宣言してきた。久々にキープ。残さず美味しく頂いた(写真f)。【h
 
ニジマス29cm、沙流川
(e)
ニジマスの塩焼き
(f)
ヌップリカンベツ川、倶知安
(g)
ヤマメ20cm、ヌップリカンベツ川

2010年9月19日、4年ぶりのヌップリカンベツ川(写真g)。

いつになく広範囲をさぐり歩いたにもかかわらず、釣れるのは8〜15cmのヤマメイワナばかり。モヤモヤ感を残したまま、やむなく納竿。川のそばに停めていたに引き上げた。

ベストを脱ぎふと流れに目をやると、すーっと横切る“影”。いったんは片付けた竿を慌てて伸ばし、ハリスを投入した。しばらくして、綺麗なパーマークのヤマメが釣れた。餌はブドウ虫

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.304 動画ブドウ虫にきたヤマメ20cm
          (694kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

極小ヤマメが続いた後の20cmは、とてつもなく巨大に感じられる(写真h)。この“ボスキャラ錯視”をうまく活用すると、「貧相なメインディッシュを、さほどでもないデザートでごまかす」ことが可能である。【h
ヤマメ20cm、ヌップリカンベツ川
(h)



簾舞川、深みにはまる
(i)
まるぼうず、簾舞川

2010年11月20日、1年半ぶり簾舞川

川岸の落ち葉に霜が降りていた。水温3℃。今シーズンの最終戦は、活性ゼロのまるぼうずであった。餌はイクラを使用。

早々にヤマメはあきらめ、“釣り姿”撮影会に専念せざるを得なくなった。ウルトラポッドで河原にオプティオW80をセットする。

写真iは「セルフタイマーに焦り、深みにはまる」の図。チェストハイのおかげで、かろうじて“3℃地獄”はまぬがれた。【h

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.