茨戸川ガトーキングダム裏のワカサギ釣りは大爆釣。真狩川ニジマス。岩尾川支流赤岩川の岩魚。道南方面のハシゴ釣りでヤマメ釣り。貫気別川。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2005年)

茨戸川わかさぎ釣り
(a)今回のわかさぎ釣りの服装
爆釣天国は極寒地獄、茨戸川

2005年1月11日、札幌周辺はこの冬一番の冷え込みで、最低気温が−12度であった。寒さ覚悟で、久々に茨戸川に向かった。札幌近郊の好釣り場である。

通称「焼き肉屋前」ガトーキングダム(旧テルメ)裏のポイントについたのは朝7時前。連休明けの平日ということもあり、まだ誰もいなかった。薄暗い中、持参した服を全部着込んで(写真a)氷上に向かった。

とにかくこの日は、釣れに釣れた。午前中の3時間で81匹、「2分で1匹」の大爆釣である。(かと思うと、こんな日もあったなぁ)

竿は一本。仕掛けは、ハリスが少なめの“4本針”。結果的にはこれが正解で、竿を2本出していたら忙しすぎて収拾がつかなくなっていたと思う。

わかさぎのサイズは9〜12cmでわりと大き目。アタリがはっきりしていて、分かり易かった。(動画参照)

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.35 動画大きめのワカサギのアタリ
          (246kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

パイプイスを持っていったが座る暇がないので、氷上にウレタンマットを敷き、そこにしゃがんで糸をたぐった(写真a,b)。

アタリがくる」→「たぐる」→「魚を針からはずす」→「時々エサを付け替える」→「仕掛け穴に投入」→「すぐにアタリがくる」。3時間、この単純作業の繰り返しだった。たぐった糸が寒さで皮手袋に張り付くので、少々手間取った。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.36 動画ワカサギが釣れた瞬間
          (160kb.2秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

紅サシは、針に付けたあと小バサミ2つに切断すると釣果がアップする。切り取った半分を捨てるのは、ちょっともったいない。写真cのように紅サシの両側にハリをかけ、真ん中で切断すると無駄が出ず、効率もよい。

しかしこの日は、「寒すぎてエサ付けが大変」だったのと「切断しなくてもよく釣れた」ので、途中からサシを切るのはやめた。面倒になった。

しかけは、下バリ(オモリのさらに下のハリ)がついた4本針を使用。始めの1時間は、9割以上が「下バリ」で釣れた。

8時を過ぎると、だんだん上の方の針にもかかるようになってきた。頻繁に一荷(一度に2匹以上が釣れること)で釣れるようになった(写真d。動画参照)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.37 動画活きのいいワカサギたち
          (269kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

服装はフル装備だが、炭火など暖房関係はいつものように一切持って行かなかった。寒かったがこれが「短時間で好釣果」につながった。炭をおこす時間もなければ、火に当たる暇もない。

でも、ほんっとに寒かったなぁ。頭の中をグルグル回っていた歌は、井上陽水の『氷の世界』。寒すぎて、釣りの途中20分ほど、車の中で暖まったよ。トホホ。

最後に、「極寒(−10度以下)」のわかさぎ釣りについてのtipsをいくつか。「テント無し」を想定した。

 ・リールはすぐ凍り付いて使い物にならないので
  道糸は手でたぐろう。

 ・水面に張った氷は、まめに取り除こう。アタリが
  わかりにくくなる。

 ・「氷すくい」の網は凍り付いて「おたま」になって
  しまう。たたいて割ろう。

 ・水面近くの「道糸」に氷が付く。アタリが分かりに
  くくなるのでまめに取り除こう。

 ・もし道糸の氷が取りづらければ、糸に沿って滑
  らせ、水面の下まで降ろせばよい。

 ・紅サシは、指で温めてからハリに付けよう。凍っ
  ているとポキリと折れてしまう。

 ・寒くてエサの付け替えがつらいなら、下バリ
  エサだけ交換すればよい。

 ・ハリスが切れても、結んで使おうなどと考えて
  はいけない。手指がしもやけになる。

 ・魚がすぐ凍り付くので、活きのいい動画を撮る
  なら、釣り上げたあと10秒が勝負。

 ・釣り上げた魚はすぐに袋に入れよう。氷に張り 
  付いて、取れにくくなる(写真e)。

 ・指が寒さでかじかんできたら、腕ごとグルグルと
  回そう。遠心力で血が通う。

 ・「水分で発熱する靴下」は、ほぼ役に立たない。
  寒すぎて汗をかかない。

 ・車のバッテリーは充分チェックしてから、釣り場
  に向かうこと。極寒時、バッテリーは予告なしに
  突然死ぬ。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ
わかさぎ釣り釣り座
(b)わかさぎ釣りの釣り座
紅サシの付け方
(c)効率のよい紅サシの付け方
茨戸川わかさぎの一荷釣り
(d)わかさぎが一度に3匹















茨戸川わかさぎ釣り釣果
(e)釣果
生振大橋周辺のわかさぎ釣り風景
(f)
イマイチだった生振大橋

2005年2月13日、茨戸川の生振大橋周辺(写真f)で、わかさぎ釣り。(2001年の生振大橋は…)

2〜3週間前、「生振はよく釣れている」「150は堅い」などという情報を、釣具屋やサイトで見た。かなり期待して、現地に向かう。

釣り人は、釣り場横の枝道に車を止めている(写真g)。午前8時前に現地に到着したときには、路肩の駐車スペースはいっぱいだった。釣り場入口から離れた場所に、やっと車を止めることができた。

釣れたワカサギの数はいまひとつ。8時30分〜11時までの2時間半で23匹。わかさぎ釣りは難しい。

竿は一本。仕掛けは、下バリ付きの3本針。エサは、紅サシと後述の「紅雪」。

最初に穴を開けた場所は、15分待ってアタリが全くなかった。即、移動。次のポイントは、数十m先の水門のそばに決めた。

ようやくアタリがきはじめて、釣りらしくなってきたのが9時過ぎ。

<通りがかった釣り人との会話>
 釣り人 : 「どうだい?釣れるかい?」
 私    : 「全然ダメだね…」
 釣り人 : 「そうかい…そうだろ、ダメだねぇ…」

そんなやりとりで、「そうか、今日はあまり釣れてないのか…」と、逆にちょっとホッとした。(いやいや、まてよ。釣れなかったのは、私のこのおじさんだけかもしれないなぁ。この日の爆釣情報あったら教えて下さい。できれば詳しいポイントも…)

釣れたワカサギは、サイズにかなりバラつきがあった。一番大きいサイズで12cm。小さいもので5cm(写真h)。

5cmのワカサギの直後に12cmが釣れたりすると、「ウグイかぁ…?」と勘違いするくらい、巨大に感じられる

この日の天気は「曇り、時々、地吹雪」。気温は前回のガトーキングダム(焼き肉屋前)ほど寒くはなかったけれど、それでも気温計はマイナス6度を指していた。

ネオプレーン製ウェーダーは脚腰がこの上なく暖かいが、靴底のフェルトに雪が付着し、足裏からシンシンと冷えてくる。そのことに、遅まきながら今回気が付いた。他の方法で下半身の防寒がしっかりできるなら、靴はフェルト底よりゴム底の防寒長靴(ウィンターブーツ)の方が良い。

アイスドリルのジョイント部に氷が付着し、「くの字」に曲がって回せなくなった。ポットの熱湯で、ジョイント部につまった雪を溶かした。

初めて試したのは、マルキューの「紅雪」という、ワカサギ専用人工エサ(写真i)。

海釣りで使う「バイオワーム」のようなもの。エサ持ちは良さそう。虫エサが苦手な人たちには朗報だ。カットした紅サシよりは、「食い」が悪いように感じられた。

忙しい釣りになると予想(期待?)していたので、今回もイスは持ち込まず、バスマットを敷いてその上に座った。

入れ食いのときなどは、バスマットだと竿の操作がしやすく、手返し良く釣れる。しかし、食いが渋いときは、じっとしている時間が長くなるので、腰が痛くなってくる。たまらず、マットの上で仰向けになったりした。今回はイスにすべきだった。

途中、外道が釣れた(写真j)。モツゴ?タナゴ?何だかよく分からない魚だが、同じサイズが2度釣れた。一度目に穴からリリースしたから、同個体かも?h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ
生振大橋周辺の駐車スペース
(g)






茨戸川生振大橋のわかさぎ
(h)





マルキューの紅雪
(i)
わかさぎ釣りの外道
(j)
3月31日の大雪
(k)
釣行中止

2005年3月31日早朝。仕事は年休を取った。釣りえさも買った。準備は万端だった。

嗚呼それなのに、張り切って玄関のドアを開けたらこの雪。唖然とした。一晩で17cm積もったそうだ。いくら札幌でも、この時期のこの大雪はないだろう。もう明日から4月だぞ。

尻別川支流方面へ、禁漁直前最後の釣行の予定だった。さすがにこの降り方を見ると、モチベーションは下がってしまう。ポイントにも入りづらそうなので、今回の釣りは中止。今週末にでもちょっと遠出して、日高方面の川(禁漁期間は5〜6月)で仕切り直ししようか…。

この時期の他の年の釣果については、下記参照。
  ○2002.3.29 ヌップリカンベツ川(イワナ25cm)
  ×2003.3.21 ヌップリカンベツ川、真狩川
  ×2004.3.29 岩尾川支流
  ×2006.3.25 ヌップリ寒別川、真狩川
  ×2013.3.31 真駒内川
h





アタリすらなし…沙流川支流

2005年4月2日。道央はヤマメ(やまべ)の禁漁期間に入ったので、日高方面の沙流川支流に向かった。

釣果0尾アタリすらなし。魚がいないはずはない(淡水2004参照)ので、水温が低いせいか。

雪が太股あたりまで積もっていて、川に入るのがまず一苦労だった。ネオプレーンのウェーダーを使用したので寒くはなかったけれど、深雪にズボズボはまり、歩きにくいことこの上ない。腰にかなりの負担がかかった。

ようやく川に出たと思ったら、雪に覆われていて流れが見えない(動画参照)。「立ち位置」と「狙えるポイント」が、ごく限られていた(写真l)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.41 動画雪の下の沙流川支流
          (233kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

深雪の釣りでは、
  • かんじきやスノーシューがあればとても便利(だと思う。私は持っていない…)。
  • 雪の上を歩いていると、そこは実は川の上だったりする。突然、川に落ちるので注意が必要。
  • ウェーダーで歩き続けると、靴底フェルトに雪が固着する。
  • よって、雪の上よりも川の中を歩いた方が楽だし比較的安全。
  • ただし、川面の石には注意。表面が凍っていてかなり滑りやすい。
  • 川から雪面にあがる時には、全身ではい上がろう。足だけで登ると、雪がくずれてふりだしに戻る。
  • 釣り針が積もった雪にやたらと引っかかり、思いのほかイライラする。
朝7時から2時間半ほど粘って、白旗を揚げた。

釣れない釣りを黙々と続けながら、「いま自分が過ごしているこの状況」が決して無駄な時間ではないという理由を、あれこれ考えていた。

 「うさぎや狐の足跡を、たくさん目撃できた」
 「美しい氷のオブジェを鑑賞できた(写真m)」
 「スノーハイキングを楽しめた」
 「よい修行になった」

いずれも、「高級レストランに行ったら、料理はまずかったが雰囲気は良かった」的な話に似ていて、かなり虚しい。(そういえば2001年にも同じような話題が…)

釣れなくても、文章だけはたくさん書けるようになった。【h
4月初旬の沙流川支流
(l)











川岸のつらら
(m)
雪代で濁流の沙流川
(n)
雪代で濁流の沙流川

2005年4月29日、道東方面禁漁直前の沙流川

釣り場に向かう車中、濁った夕張川を見たときにイヤな予感はしていた。沙流川に到着直後に見たのは、何者もよせつけぬ激流(写真n)。

「支流なら、雪解け水の影響が少ないのでは」という考えは、甘かった。とても入渓できるような状態ではない。前回の深雪の方が、釣りができるだけマシだった。

別の川にハシゴしても意味はなさそうなので、釣りは断念し、写真撮影会に変更。先日購入した「ペンタックスOptioWP」で、接写と水中撮影を試した。

マクロ撮影機能は、かなり使える(写真o)。

今までのIXY400(防水ハウジング使用)では、5cmまでしか寄れない上に、オートフォーカスに時間がかかった。微妙な距離の時には、ピント合わせに戸惑うような動作があった。

OptioWPは接写距離が最短1cmで、ピントはスピーディにスパッと決まる。跳ね回る魚を短時間で撮影するには好都合である(と思う)。

OptioWPの動画は、屋外でもやや暗め。それに、movファイルはデータサイズが大きく、やたらと動画を撮りまくると、すぐにメディアが満杯になる。

試しに水中で動画撮影をしてみた(動画参照)。撮影後「mov→mpg→asf」変換したので、画質は劣化している。asfのデータサイズは、オリジナルmovの約1/6。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.42 動画雪代で濁流の沙流川(水中)
          (196kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

15分の撮影のために、往復4時間&ガソリン代。これこそまさに趣味の世界だ。【h
ふきのとう(オプティオwp接写)
(o)











真狩川のニジマス24cm
(p)
シーズンイン!尻別川水系

2005年6月20日、尻別川水系。ヤマメ解禁後、初釣行。

朝4時半に札幌を出発し、真狩川で釣り始めたのが6時半頃。昨年、良型を釣り上げたポイントに入った。

30分ほどして、元気の良いアタリ。釣れたのは24cmのニジマスだった(写真p)。

撮影には「PENTAX Optio Wp」を使用した。防水仕様なので、水しぶきがかかるような思い切った位置で撮影ができる。

身動きする魚を片手で撮る場合、多少のブレは覚悟しなければならない。デジカメなら、「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」作戦が可能。たくさん撮影して、出来が良い写真を選べばよい。「Optio Wp」は、マクロでもピントがスピーディーに決まるから、短時間でサクサク撮影できる。

「Optio Wp」の動画撮影には、思わぬ弱点があった。パンフォーカスなので、近距離だとピントが合わない。マニュアルでピントを合わせなければならない。この点は「CANON IXY400」のほうが優れていた。IXYは、動画でもオートでマクロ撮影ができる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.46 動画ニジマス24cmと真狩川
          (288kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

結局真狩川では、この後17cmのニジマスのみ。8時には本流に移動した。

私は、尻別川本流で釣った経験が、ほとんどない。尻別川に限らず、本流は広すぎてポイントがしぼりにくい。苦手なので避けてきた。ルアーやフライなら広く狙えるので、釣りやすいのかも。

結局釣れたのは、アカハラ(ウグイ)だけだった。その名の通り、腹が真っ赤だ(写真q)。ウグイは、産卵期(6〜8月)になると、写真のようにけばけばしい婚姻色になる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.47 動画尻別川のウグイ(婚姻色)
          (311kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

以上。うーむ、初釣行としては、まあまあかな。【h

















尻別川本流のウグイ(婚姻色)
(q)
岩尾川支流アカイワ川の岩魚23cm
(r)
イワナ!イワナ!イワナ!

2005年6月25日、岩尾川支流アカイワ川

釣れに釣れた。2時間でイワナばかり13匹。呼吸する暇もなかった。

23cm(写真r)を筆頭に、21cm、20cm。あとは、17cm(写真s)を中心に10匹。全てリリース。

知床半島のオショロコマ釣り」のように、ほとんどのポイントでヒットした。まさに岩魚天国

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.48 動画ヒット!イワナin赤岩川
          (493kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

エサは、イタドリ虫ミミズを使用。1匹を除いて、全てイタドリ虫で釣れた。

昨年も楽しませてもらった岩尾川支流だが、これほど釣れたのは初めて。時期が早かったせいか予想外の釣果だった。例年は秋に来ていたからなぁ。

そういえば、背の高い草木が繁っていて、遡行しにくかった。秋には生えていなかった。

釣れなかったら、この辺りの川をハシゴするつもりだった。予想外の釣果に大満足、早々と納竿。

帰りに「浜益温泉」に立ち寄ることにした(写真t)。

正式名称は「浜益村保養センター」。浜益海浜公園でキャンプをしたときに、よく利用する温泉だ。久しぶりだった。

ほのかに硫黄のにおいがする。ボディーソープ・シャンプー備え付け。タオルは売られているので、何も持たずに立ち寄ることができる。大人500円、小学生以下250円。

今日の釣りを振り返りつつ、露天風呂にどっぷり。至福。【h
岩尾川支流赤岩川のイワナ17cm
(s)
浜益温泉
(t)




幌川(ぽろがわ)の景観
(u)
ヤマメを求めて、幌川

2005年7月17日、浜益村の幌川(ぽろがわ)。私は今の今まで「ほろがわ」と誤読していた。

前回の岩尾川支流がイワナ、その前の真狩川がニジマス。昨年の群別川の釣行後、ヤマメにお目にかかっていない。 今回は「ヤマメ狙い」で、幌川を選んだ。

幌川本流(写真u)で釣りをするのは、1997年9月下流域でアメマスを釣って以来である。

6時にポイントに着いたときには、既に先行者が入渓していた。人気がある川なので、覚悟はしていた。「釣り人の数が多い」というのが、幌川から足が遠のいた理由でもある。実際この日も、釣行と思われる車が、川のそばに10台以上停まっていた。

アタリは上流に行くほど多くなってきたが、釣れるのは13〜15cmの小型ヤマメばかり(写真v)。それでも、久々のヤマメとのやりとりを楽しむことができた。8号バリを使用していたので、多くはスレ掛かりだった。全てリリース。エサはミミズイタドリ虫

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.51 動画幌川の小型ヤマメ(ヤマベ)
          (274kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

1匹だけ、17〜18cmのサイズを釣り上げた。水際で写真を撮ろうとしたときに、濡れた手からするりと脱出。最近の私は、「写真を撮り終えること=釣った」という感覚なので、「完全捕球したのにエラーを宣告された」ような、ちょっと悲しい気分になった。

釣りの間、私を悩ませたのは、ブヨと思われる虫たち(写真w)。アブよりもずっと小さい。虫除けスプレーをしたにもかかわらず、無防備な左手に次々と襲いかかってくる。左手だけで5カ所もくわれた。釣り手袋の「指のない部分」と「手首の隙間」を、集中的に狙われた。

蚊との違いは、くわれた直後に出血していること、くわれた跡が「小さい血豆」のようになること、腫れとかゆみが半日後くらいにやってくること。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.52 動画黙々と渓流をさかのぼる
          (283kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

途中、先行者に出会うことなく、1人静かに釣りを終えた。【h
幌川のヤマメ(ヤマベ)
(v)
幌川の虫
(w)








朝飯前の釣行、真狩川

2005年8月2日、真狩村の真狩川(尻別川支流)。

真狩村ユリ園コテージでのキャンプ、2日目の早朝。子供2人と妻をコテージに残し、AM4:30にポイントに向かう。札幌からだと2時間かかる真狩川に、10分足らずで到着した。

川岸には、夏の草木が生い茂っていた。ヤブをかき分けて、6月にニジマスを釣ったポイントに入る。

背丈以上の藪をくぐり抜けるのは、慣れるまで苦労する。コツは両腕を顔の前にかざし、竿尻と手の甲で左右に枝を振り払う。できれば釣り手袋をした方が良い(北海道では手袋は「はく」と言う)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.55 動画ポイント目指してヤブをこぐ
          (411kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

AM6:30までの2時間足らずの間に、21cm・20cm・18cm前後×3匹で、計5匹。全てニジマス(写真x)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.56 動画イタドリ虫と小型ニジマス
          (279kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

1匹だけキープして、キャンプの朝食に。子どもたちは、塩焼きを喜んで食べた。【h
真狩川のニジマス21cm
(x)















道南方面ハシゴ釣り

2005年8月11日〜12日、上ノ国町から瀬棚町まで、道南の日本海側をハシゴ釣りした。狙いはヤマメ。(上ノ国町でのソロキャンプの様子は、ショートキャンプ2003〜2005で)

昨年の「知床半島釣りめぐり」同様、それぞれの川の様子を簡単に紹介したい。

  は「おすすめの川」
  ○は「まあまあの川」
  △は「時間があったら…の川」

「釣果の善し悪し」ではなく、渓相などの雰囲気も含めて「私がまた釣りたい川」という基準でマークを付けた。それぞれ、川のごく一部で短時間(20分間〜2時間)釣っただけなので、評価はあくまでも第一印象

○鉛川(遊楽部川支流)


1日目、キャンプ場に向かう途中で立ち寄った川(写真y)。ちょっとした深みで15cmほどのヤマメが釣れた。雰囲気は悪くないが、国道沿いで入りやすいため、魚は少ないかもしれない。

○天ノ川


上ノ国町の夷王山キャンプ場に到着後、夕まづめを狙って天ノ川に行くことにした。

下流で釣ってみたが、食いついてくるのはウグイばかり。車で中流域に進み、鮎のポイントとしても知られている場所に入ってみた。

そこで私を出迎えたのは、渓流魚ではなくアブだった(写真z)。10匹や20匹ではない。100匹単位のアブが群がってくる。ブヨとは比較にならない大きさだ。虫除けは全く効果無し。釣りにならず、車にとびのり退散した。渓相がよい川だったので残念だった。解禁直後の涼しい時期なら、アブはいないのだろうか。

△鶉川(厚沢部川支流)


2日目早朝、キャンプ場を出発して厚沢部川に向かった。本流にはフライマンが大勢入っていた。

私は、支流の鶉川(うずらがわ)を選んだ。小さな川だけれど、頻繁にアタリがある。8号針を選んだにもかかわらず、時折15cmくらいのヤマメが釣れた(写真aa)。

○平田内川

深い渓谷を流れていて、落ち込みなどのポイントが連続している。渓相が素晴らしく、釣りをしていて気分がよい川だった。水が澄んでいたので、水中で動画を撮影してみた。見ているだけで涼しい気分になれる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.60 動画清流、平田内川(水中)
          (329kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

肝心のアタリは全くなかった。入渓しやすい場所だったから、訪れる釣り人は多そうだ。

◎馬場川

今回の道南釣行で最も長居した川。昼の12時頃から2時間ほど釣り上がった。深みなどが多く魚影が濃いので、釣っていて面白い川だった。

平均サイズは15cm前後。1匹だけ18cmほどのヤマメが釣れた(写真ab・動画参照)。体色がややくすんでいて、新仔にないたくましさがある。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.61 動画ヤマメの斑点、馬場川
          (228kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

◎島歌川

今回、唯一イワナが釣れた川だった(動画参照)。下流域はとても入りやすい。石に川虫の抜け殻がびっしりと付着していた(写真ac・ad)。魚にとって恵まれた環境であることが、素人でも一目で分かる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.62 動画イワナの斑点、島歌川
          (260kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

島歌川で20分間ほど釣ったところで、風がかなり強くなってきた。ここでハシゴ終了。

以上の他に、「相沼内川」と「関内川」が予定に入っていた。しかしポイントに向かう途中、車にアブが群がってきたので、降車することなく山道を引き返した。天ノ川での奇襲以降、すっかり“アブ恐怖症”になってしまった。

今回の道南釣りの感想は、「ヤマメが釣れる川が多い」、「数は釣れるがサイズは小さい」、そして何より「アブが多い」。【h
遊楽部川支流鉛川
(y)
天ノ川のアブ
(z)
厚沢部川支流鶉川の山女魚
(aa)
馬場川のヤマメ18cm
(ab)
島歌川の川虫の抜け殻
(ac)
島歌川の川虫の抜け殻
(ad)
貫気別川
(ae)
真昼の貫気別川

2005年8月18日、貫気別川(ぬっきべつがわ、ぬきべつがわ)。私は「かんきべつがわ」だとばかり思いこんでいた。(写真ae)

洞爺湖に一泊旅行をして、帰りに立ち寄った川。

ドライブなどで橋を通過するとき、ついスピードを落として川の様子をチェックしてしまう。私だけなのか、釣り人は皆そうなのか…。

チェックした川がいい雰囲気なら、忘れぬようにドライビングマップにメモしておく。今回釣った場所も、温泉に行くときにチェックしたポイントであった。

とても入渓しやすい場所だった。その割に魚影は濃い。ただしサイズは小さめ。真っ昼間であったが、20分間ほどで10〜13cmのヤマメが4匹釣れた(写真af)。エサはブドウ虫。全てリリース。

解禁直後なら、かなり数が釣れそうだなぁと感じた。秋になれば良型が期待できるかも。

下流域や逆にもっと上流なら、また違う釣りができそう。今度は早朝から時間をかけて釣り歩きたい。【h
貫気別川のヤマメ
(af)








ニジ!ニジ!沙流川

2005年9月17日、沙流川支流

ググッとアタリが来た瞬間に小さく1回、直後にもう1回大きめにアワセた。

以前同じポイントで、良型(と思われる)ニジマス(と思われる)をバラしているだけに、念には念を入れて事を運んだ。

上流の岩かげから仕掛けを流したので、アワセたあとがハラハラした。「強い引き」と「早い流れ」、竿が大きくしなる。岩と枝が障害物になって、未熟な腕ではどうにも魚を寄せられない。

「またバラすか…」

長めのやりとりの後、ジャンプしてうまいこと近くに寄ってきた。ラッキーだった。

釣り上げたのは26cmのニジマス(写真ag)。エサはイタドリ虫。今年の春、「深雪」と「雪解け水による増水」で2度空振りした沙流川だけに、達成感は大きかった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.66 動画ニジマス26cm、沙流川支流
          (343kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

26cmを釣り上げる前、流れの緩やかな深みで24cmにお目にかかった(写真ah)。納竿直前には、小型ながらヤマメにも会えた。1時間半足らずで早くも満足、穏やかな気持ちで帰路に。【h
沙流川支流ニジマス26cm
(ag)
沙流川支流ニジマス24cm
(ah)
















紅葉とオショロコマ

2005年10月10日、沙流川支流。

先月、同ポイントに訪れたときには、ニジマスに満足し早々と納竿してしまった。今回はオショロコマ狙いで、のんびり釣り上がることにした。

AM6時過ぎに釣りを開始。道路脇の気温表示は2℃、この秋一番の冷え込みであった。手がかじかんで、思うように竿を操作できない。活性が低いせいかアタリも少なめ。頻繁にヒットし始めたのは、AM8時を過ぎた頃であった。

車に戻るまでの3時間で、15〜20cmのオショロコマが7匹釣れた。アベレージサイズは17cm。エサはイタドリ虫。全てリリース。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.68 動画オショロコマの斑点、沙流川
          (283kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

この時期の沙流川は、たとえ釣れなくてもきれいな紅葉が愉しめる。釣れれば「一粒で二度おいしい」(写真ai)。

オショロコマの赤い斑点が紅葉に映える。秋らしい釣りを堪能できた。【h
オショロコマと紅葉の沙流川支流
(ai)

















ジャンピン!ジャンピン!

2005年11月5日、尻別川水系真狩川。

釣り人にとって、早朝は時間との戦いである。できるだけ早く釣り場に着きたい一心で、顔も洗わず車に乗り込む。「寝ぐせを直してから出かけよう」などと、考えもしない。そもそも鏡を見ない。

当然、朝食なぞ済ませているわけがなく、どうしてもコンビニに立ち寄ることになる。

注意が必要なのは、コンビニに入った瞬間の自分の身なりだ。

ひどい寝ぐせ、こきたない無精ひげ、目ヤニとヨダレでかぴかぴの顔面、薄汚れたジャージ姿…。

そんなオッサンをまのあたりにして、夜中に1人で店番をしている店員さんは、どう反応するか。警戒して身構えるのが自然だと思う。私が店員の立場なら、真っ先に思い浮かぶのは「コンビニ強盗」。どんなふうに誤解されても、店員さんを責めることは私にはできない。

手っ取り早く身なりを整える方法は、キャップをかぶること。寝癖も顔も見えなくなる。

「車の中で帽子をかぶっているオッサンがいたら、それは釣り人である」

相変わらずナイスファイトな、真狩川のニジマスたちだった。7:00から1時間半足らずで25cm(写真aj)と22cm。小型のヤマメも釣れた。そういえば、この時期恒例の(でんぷん工場?によると思われる)川の汚れは、今回は見られなかった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.71 動画真狩川の虹鱒25cm
          (338kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

釣り上げた瞬間のファイトを動画でとってやろう」などと余計な行動にでて、ニジマスを2尾バラした。見事な連続ジャンプであった。【h
真狩川ニジマス25cm
(aj)













爆釣ミミズくん…渓流釣りの餌(1)

11月が終わろうとしている。北海道が降って、すっかり寒くなってしまった。

今年の私の釣りは、先日の真狩川釣行でひとまず終了。次回はおそらく来年1月、ワカサギの氷上穴釣りになると思う。冬の釣りのレパートリーが少ない私は、2ヶ月弱のあいだ釣りから離れることになりそうだ。釣閑期、オフシーズンである。

と同時に、サイト更新ネタに困る時期でもある。というわけで、今回はシーズン中にあたためておいた釣りエサについての話題。1回目はミミズ(キジ)の巻。

ミミズはすべての渓流魚に使用できる“万能エサ”である。特に大物を狙うときには必携。増水などで川が濁ったときに強い。他のエサよりサイズが大きいので、遠くからでも目立つのか。

箱売りで300円前後、2〜3回の釣行では使い切れないほどのミミズが入っている。冷蔵庫で保管すれば(これには家族の理解と協力が必要である。油断すると冷蔵庫内で脱走をはかる)かなり日持ちがするので、とてもリーズナブルエサである。おまけに、余ったミミズはに放てば肥沃な土壌をつくってくれる。

いいことずくめのミミズだが、弱点は釣り針にとても付けづらいこと。

そこで登場するのが「爆釣ミミズくん」(写真ak)。ダイワ精工の製品で、ハリスにミミズを通す便利グッズである。価格は950円。ミミズを使用する釣り人の必需品。うっかり忘れると釣りにならない。

細身のカッターのような体裁で、カチカチと繰り出すと先のとがった細いパイプが出てくる。そのパイプをミミズに突き刺し、体軸に沿って貫通させる。注射針の要領である。

その後、細いパイプの先に針先を引っかける(写真al)。ハリスを軽く張った状態で、ミミズをハリス側にスルスルと滑らせて移動。最後にカエシを露出させる。

以上のように「爆釣ミミズくん」を使えば、簡単・確実にミミズをハリスに通すことができる(写真am)。なんてワンダフルなアイデア。一度使ったら二度と手放せない優れモノ

余談であるが、箱売りミミズのネーミングは、どれもいかしていて印象的。「デビット君」「ミミズちゃん熊太郎」「りんたろう」「ミミズキング」「釣王者」…。【h

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」
ダイワ精工の「爆釣ミミズ君」グリーン
(ak)
爆釣ミミズ君に釣り針を引っかける
(al)
ミミズと釣り針
(am)







イタドリ虫
(an)
虫エサ…渓流釣りの餌(2)

今回も釣り餌について。第2回は「虫エサ」。

私が使用する釣りエサで、もっとも使用頻度が高いのがイタドリ虫(写真an)、実績もNO.1である。色が白っぽく、魚に対するアピール度が高そうだし、適度な大きさで小型魚でも食い易そう。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.265 動画イタドリ虫と初のご対面
           (544kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

魚はイタドリ虫の黒い「頭」を狙っているように思う。だから私は、頭を針先に向けて付けるようにしている。

写真anのイタドリ虫は冷蔵庫で1ヶ月ぐらい保管したもの。だんだん黒ずんでくる。釣果に影響が出るので、新鮮なうちに使い切りたい。

ところでミミズの巻でも述べたが、「冷蔵庫での保管」は家族の多大なる協力が不可欠。具体的には、うごめく虫の横にあるハムやら玉子やらを、平常心で食べていただくということ。たかが趣味のために。

▼追記 2013.6▼
夏になると“麦茶とイタドリ虫”が常備されているのが、我が家の冷蔵庫。多分うちの子供達はよその家庭の冷蔵庫も「そういうものだ」と思いこんでいるはずだ。イタドリ虫君が庫内で脱走しているのを発見したとき、「キャー!」でもなく「逃げてるよ」と平常心で報告してもらえるのがわりと助かる(含、妻)。

実は数年前、釣りエサ専用に小型冷蔵庫の購入を大真面目に検討したことがあったが、あまったエサを1回ごとに捨てて新鮮なのを買った方が安上がりだ、ということに気付きやめた。現在は、家族みんなの“平常心”に甘えて食材と共存共栄している。
▲追記ここまで▲

イタドリ虫が手に入りにくいときに使うのは、ブドウ虫(写真ao)である。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.72 動画ブドウ虫、もぞもぞ
          (279kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

イタドリ虫より大きめ。表皮が薄くつぶれやすいので、比較的エサ持ちは悪い。価格はイタドリ虫よりも安い。【h























ブドウ虫
(ao)

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.