知床半島の羅臼側河川をオショロコマ釣りでハシゴ。真狩川ニジマス。しのつ湖ワカサギ釣りと駐車場やトイレについて。しんしのつ温泉。羊蹄湧水。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2004年)

しのつ湖のワカサギ釣り
(a)
「しのつ湖」わかさぎ釣り事情

2004年2月14日、家族3人で札幌近郊のしのつ湖(篠津湖)に行った。目的は、今シーズン初めての「わかさぎ釣り」と、近くにある「新しのつ温泉」である。

娘の生活時間に合わせて、札幌を出発したのが9時頃。しのつ湖に到着したのが10時前だった。昼間の釣りなので(言い訳か?)、釣果は期待していなかった。娘の相手をしながら、妻と交代で1時間ほど釣りをして、結局この日釣れたのは1匹だけ。技術の未熟さを感じながらも、充分楽しんだ(写真a)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.14 動画ファミリーなわかさぎ釣り
          (244kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

というわけで、今回は「釣果情報」ではなくて、「しのつ湖の周辺情報」の話題が中心です…。

写真bは、しのつ湖の入り口付近にあった看板。写真を見て初めて気付いたのだけれど、「しのつ湖」と呼ばれているのは、正式(?)には「本袋達布沼」だった。知ってましたか?なんて読むんでしょう?「ほんふくろたっぷぬま」?ああ、そうか!だから近くの温泉は「たっぷの湯」なのか!などと、ひとしきり感心してしまった。

北海道地名漢字解
(本田貢,北海道新聞社,ISBN:4893637606)
によると、「達布」の語源はアイヌ語の「ヌタップ」で、意味は
 ●川の湾曲内の土地
 ●石狩川の回流部分の内側に残された土地
だそうである。まさに、三日月湖であるしのつ湖そのものをあらわしている。

▼追記 2004.2▼
2004年2月に、ある方からこんなメールを頂きました。

>本袋達布沼ではなく袋達布沼です。本は「本件」>とかで使う本です。読みは「ふくろたっぷぬま」の>はずです。毎週子供と行ってます。いつも昼から>行って40〜50匹ぐらいですね。12cm〜13cmサ>イズのでかいのがたまに釣れます。

「思いこみ」というのは恐ろしい。言われてみれば、確かにそのとおりですね。日本語は難しい。地名も難しい。メールありがとうございました!
▲追記ここまで▲

看板には、3月31日までが「冬期シーズン」と書かれてあるので、おそらくその頃までは氷上釣りが楽しめるのだろう。気候によって氷の状態は大きく変わるから、あてにはできないけれど…。看板に書いてある「連絡先0126-57-2111」で確かめるのがいいと思う。

写真cは、入り口から撮影したしのつ湖の全景。四角いビニールハウス群は「常設テント」である。風を避けられるだけでも有難いのに、なんと暖房まで備わっている。この日は気温がさほど低くなかったが、常設テントはほぼ満員だった。サオのレンタルもあるし餌も売っているので、何も持たずに来ても釣りを楽しめる。現に、コートを着た観光客らしきおばさんグループを、管理棟付近で見かけた。

その管理室(常設テント)が写真d。ここで釣魚料金を払う。尋ねれば、色々な情報を教えてもらえる。初心者に「釣り方」をアドバイスしている光景を、以前目撃したことがある。ちなみに、ここの管理人さんは、エサは必ず「アカムシ」をすすめる。

写真eは、沼の入り口にある駐車場。無料の茨戸川などとは違って、ゆったりと車がおける。この奥に、簡易トイレが2棟設置されていた(確かめていないが、おそらく男女別)。

しのつ湖は、ここ数年毎年のように釣り場(入り口・駐車場・管理棟)の位置が変わっている。何か事情があるのだと思うけれど、車で来た時、去年の釣り場がなくなっていると一瞬ドキッとする。今年もまた場所が変わっていて、ちょっと焦った。

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ

写真fは、近くの温泉「たっぷの湯」。釣り場から1kmほどの所にある。釣りで冷えた身体をあたためてから帰るのに、おあつらえ向きの場所だ。

泉質等こまかいことは分からないけれど、お湯はとてもしょっぱくて、湯ノ花で褐色に濁っている。いかにも身体に良さそうな雰囲気である。

レストランがあるので、早朝釣りをして、10時頃に温泉に入り、昼食を食べて帰るというのがなかなか良いパターン。大人600円。シャンプー等は置いてある。ドライバーはビールを飲めないのが、ちょっと悔しい。【h

しのつ湖の釣魚料看板
(b)

















しのつ湖のわかさぎ釣り場
(c)
しのつ湖のわかさぎ釣り場の管理棟
(d)
しのつ湖の駐車場
(e)
しんしのつ温泉「たっぷの湯」
(f)
(g)
ノーヒットでシーズン終了

2004年3月29日。岩尾川支流(アカイワ川)にて。浮かない顔は「アタリなし釣果なし」ゆえ。

久しぶりの釣行なので、張り切って4時出発。アカイワ川周辺は、まだ雪だらけだった(写真g)。「こりゃ登るのが大変だ」と思っていたら、小石やササやぶが雪で覆われ、逆に登りやすかった。

肝心の魚は、エサ(ミミズ)で釣ったがウンともスンとも反応なし。前日の釣行者らしき足跡をたどり上流まで登ったが、ダメだった。

この後、群別川に場所を変えた。やはりダメ。ダメな時は、どこで釣っても何をやってもダメ。6月までおあずけということ。

というわけで、今回は釣りと無関係な、滝の動画をUP。帰り道に撮った。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.15 動画雄冬岬の白銀の滝
          (212kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

h
真狩川の朝
(h)
虹鱒のジャンプ&ファイト
  … 真狩川釣行(1)


2004年8月2日、尻別川支流真狩川にて。

何と、今シーズン初の渓流釣りである。
満を持して釣行先に選んだのは、去年とても楽しい釣りができた真狩川。

朝3:30に札幌を出発して、釣り場に着いたのが5:00前。湿度が高いせいか、川面は朝もやがかかっていた(写真h)。ウェーダー越しに感じる川の水が、冷たくて気持ちがいい。

車から降りてまず直行したのは、昨年夏に27cmのニジマスを釣ったポイント

10分もたたないうちに、ググッという良いアタリがきた。その後、強い引き込みとジャンプを繰り返す(下の動画参照)。釣り上げたのは、24cmニジマスだった(写真i)。リリース。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.22 動画虹鱒の引き込み&ジャンプ
          (427kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

この日は頻繁にアタリがあった。釣れるのはほとんど13〜14cmのニジマス。ニジマスはこのサイズでも、引きは結構強くて面白い。口に入らないはずの10号針(エサはミミズとイタドリ虫)に、果敢にアタックしていた。今回は全てリリースしたが、型が良くなる初秋の釣りが楽しみだ。

18cmのニジマス(写真j)を最後に、この日は納竿。結局、24cmと18cmが1匹ずつ、13cm前後が5〜6匹だった。

3〜4年前には「真狩川は釣れなくなったなぁ」と感じたけれど、去年と今年の釣行でイメージはかなりアップした。

ところで、真狩川には清流にしか生えないバイカモ(梅花藻)と思われる藻が、所々に生えている。水中で動画を撮ってみました(下の動画参照。キャノンIXY400・ウォータープルーフケース使用)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.24 動画真狩川の梅花藻(バイカモ)
          (399kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

h
真狩川のニジマス24cm
(i)
真狩川のニジマス18cm
(j)









真狩村羊蹄山の湧き水
(k)
穴場!真狩の羊蹄湧水
  … 真狩川釣行(2)
同日。
京極町ふきだし公園で、羊蹄湧水を汲んで帰る予定だった。釣行後のお決まりのパターンだ。

真狩川を出発してまもなく、思わぬところで「羊蹄の湧き水」の看板を見つけた(写真k)。私有地の駐車場置くにもうけられた、無料の給水場だった。

真狩村の羊蹄山自然公園真狩野営場のすぐ近くで、京極町とは羊蹄山をはさんでほぼ反対側にあたる場所だ。

ここはなかなかの穴場だった。羊蹄山の湧き水が豊富に吹き出していて、しかもふきだし公園ほど混雑していない(平日の朝8:30だったせいもあるかも…)。

何よりすばらしいのは、水汲み場に車が横付けできること。水がたっぷり入ったポリタンクを、ホイホイと車に積むことができて助かる。これがふきだし公園なら、台車(冬ならソリ)を使って坂を登らなければならない。

しかも、水が蛇口から出ている(下の動画参照)のでとても汲みやすい。特にペットボトルなどの口径が小さい容器に汲む時に最適。ふきだし公園のように、手が冷たくて耐えられなくなることがないし、それが嫌で漏斗を用意する必要もない。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.23 動画真狩村の羊蹄山湧水
          (208kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

通に言わせれば、水の味は微妙に違うのかもしれないけれど、美味いことには代わりがないので、今後度々に利用させて頂くことになりそうだ。

今回は、ペットボトル7本と10リットルポリタンク1つに汲ませてもらった(写真l)。ありがたや、ありがたや。【h















湧き水の入ったポリタンクとペットボトル
(l)
「知床半島釣りめぐり」で実際に釣行した河川

  ◎は「おすすめの川」
  ○は「まあまあの川」
  △は「時間があったら…の川」

私の好みでマークを付けてみました。ただし、河口のほんの一部でしか釣っていないので、あくまでも第一印象。



●1日目(11日)
 ・ 5:00〜 6:00 ○羅臼川
 ・ 7:30〜 8:00 ○刺類川(サシルイ川)
 ・ 8:15〜 8:50 △オッカバケ川
 ・ 9:10〜 9:30 △知円別川(チエンベツ川)
 ・ 9:40〜11:00 ◎建根別川(ケンネベツ川)
 ・11:10〜11:50 △ショウジ川
 ・13:30〜15:00 △ルサ川
 ・16:00〜16:20 △アイドマリ川

●2日目(12日)
 ・ 5:00〜 6:15 △陸志別川(リクシベツ川)
 ・ 7:50〜10:00 ◎カモイウンベ川

●3日目(13日)
 ※札幌への帰り道に寄った川。
 ・11:10〜11:20 △ニタイオマップ川
 ・11:20〜11:40 ○石狩川(最上流部)
知床半島釣りめぐり(1)

2004年8月10日〜13日。
羅臼温泉野営場にソロキャンプをはり、知床半島を釣り歩いた。

元々の計画(知床半島キャンプ2004計画参照)では「羅臼側の河川」と「ウトロ側の河川」2日間に分けてハシゴする予定であった。計画に少々無理があり、結局、羅臼側のみの釣行となった。

羅臼の川はとても蚊が少なくて、防虫スプレーを使用しなくても快適に釣りが出来る。蚊よりも熊のほうが多そう。食われるなら蚊の方が良いけれど。

それぞれの川の様子を簡単に紹介する。

以下は、知床1日目、2004年8月11日に釣行した河川。

○羅臼川


キャンプ場のすぐ近くを流れる、お手軽な川である。羅臼の街中を流れているので清流とは言い難いが、入りやすい割にそれなりの釣果を期待できる。今回は30分ほどエサ(ミミズ)で釣って、22cmの良型オショロコマ1匹と17cm前後が3匹。途中からルアーに変えて0匹。北海道新聞によると、砂防ダムが14基設置されているそうだ。

今回の釣りは「ルアー釣りを中心に」と考えていた。が、結局3日間通して、ルアーではほとんど釣れなかった。まだまだルアー釣りは下手くそ。なかなか上達しません…。

気付いたことは、
オショロコマは赤いルアーによく反応する」
ということと
「オショロコマにはスピナーがいいようだ」
ということ。

羅臼川でエサ釣りをしている際、道糸に付けた蛍光赤の目印に、オショロコマがポンポンと飛びかかってきた。その時に「蛍光赤のルアーでいけるかも」と考えた。予想通り、赤いスピナーをしっかりと追ってくる。ヒットしないのは技術が未熟なせいだと思う。

○刺類川(サシルイ川)

ここも何度か釣行経験がある。広めの川。今回は30分ほど、エサ釣りで20cmと22cmのオショロコマ(写真m)が1匹ずつ。ルアーでは0匹。少しさかのぼるとすぐに堰堤(砂防ダム?)がある。その先では釣ったことがない。

△オッカバケ川

河口の岸に民家が建ち並ぶので、川には入りやすいが水はあまりきれいとは言えない。30分ほどエサで17cmのオショロコマ1匹。河口付近の印象がさほど良くなかったので、堰堤(砂防ダム)までの試し釣りでさっさと終えた。北海道新聞によると、砂防ダムが2基設置されているそうだ。

△知円別川(チエンベツ川)


細めの川。河口の橋の下からさかのぼってすぐに砂防ダムがある。20分間で15〜17cmのオショロコマが4匹。

◎建根別川(ケンネベツ川)


広めの川。河口からいきなり5つの堰堤が連続し、愕然とする(写真n)。川の横に車で入れる道がある。この道を進み5つの堰堤をすぎると、そこにはすばらしい流れがあった(写真o)。

深みや落ち込みの連続で、ポイントだらけ。あまりに渓相が良く、熊でも出てきそうな雰囲気が漂う。熊よけの鈴を鳴らしながら1時間ほど釣りをして、17〜20cmのオショロコマが5匹ほど。その後、ルアーも試したが不発。初心者でも比較的入りやすく、おすすめ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.25 動画建根別川のオショロコマ
          (272kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

△ショウジ川

細めの川。河口には広い駐車場があり、車を止めやすい。河口からさかのぼるといきなり砂防ダムがある。ダム左側にハシゴがあって、登ると細いザラ瀬が続いていた。それ以上釣り上がることはしなかった。ミミズをエサにして30分で12〜17cmのオショロコマが5匹ほど。川虫でも釣った(写真p)。川虫は石をひっくり返せばぞろぞろ居る。

ショウジ川で午前中の釣りを終えた。

「ちょっと釣ってはすぐ移動」の連続。ここまで来て、何となく「スタンプ押してすぐ移動」する”道の駅スタンプラリー”のような気分になってきた。エサだと釣れすぎるので、次の川ではルアー釣りだけすることにした。

△ルサ川

この辺りの川では珍しく、河口からザラ瀬が広がっていた。大きめの川。ルアー釣りにはちょうど良いかも。

蛍光赤のスピナー(メップス・アグリア・#0)を、オショロコマが追って来る。ようやく釣れたのが写真qの18cm。1時間半ほどいて、ルアーで釣れたのは結局この1匹のみ。

△アイドマリ川

国道の行き止まりにあるとても小さい川。記念に、ミミズで1匹だけ釣った(17cm)。北海道新聞によると、砂防ダムが2基設置されているそうだ。【h


サシルイ川のオショロコマ
(m)
ケンネベツ川の砂防ダム
(n)
ケンネベツ川
(o)
川虫
(p)
メップス(スピナー)で釣れたオショロコマ
(q)
オショロコマ剥製
(r)
意外性の陸志別川
    … 知床半島釣りめぐり(2)


知床2日目、2004年8月12日の釣行。

△陸志別川(リクシベツ川)

羅臼の居酒屋で食事をした時、釣り好きのマスターが30cm位のオショロコマの剥製を見せてくれた(写真r)。陸志別川の堰堤で、2001年に釣ったそうだ。この話を聞いて、2日目は最初に陸志別川で釣ることに決めた。

マスターによると、知床半島のオショロコマは「黒に赤い点が入ったスピナー」で良く釣れるとのこと。「赤いスピナーに対する反応が良い」という私の予想は、そんなに間違いではなさそう。

陸志別川は広めの川で、車をおけるスペースもあり入りやすい。しかし、とても水が汚い。石が赤茶けている。

釣れたのは意外にも小さなヤマメ(写真s)とイワナ(写真t)。オショロコマばかり続いていたので、ちょっと新鮮だった。良型には出会えなかった。

1時間ほどさかのぼっても堰堤が見えてこないので、今回はそこまでで引き上げることにした。

早々に引き上げたもう一つの理由は「熊」。

「さあ釣るぞ」と河口に入った時、他魚種を狙っていた地元の釣り人に出会った。
そのときの会話が以下の通り。

私: 
「オショロコマなんですけど、上流に行かせてもらっていいですか?」

釣り人: 
「いいけども、熊に気をつけれよ」

私: 
「えっ、結構出るんですか?」

釣り人: 
「今は魚(おそらくカラフトマスのこと)が上がってきてねえからウルサクねえけども…。それに兄ちゃん、(熊よけの)スズ持ってっからなぁ…」

ここまで具体的に言われると、ちょっと引いてしまう。あまり深追いする気にはなれない。【h
陸志別川のヤマメ
(s)
陸志別川のイワナ
(t)
相泊の国道の行き止まり
(u)
オショロコマ楽園、カモイウンベ川
    … 知床半島釣りめぐり(3)


知床3日目、2004年8月13日の釣行。

◎カモイウンベ川

今回釣った川の中で一番印象深いのが、カモイウンベ川である。国道行き止まりの「相泊(写真u)」から、さらに徒歩で海岸を1km歩いたところにある。

川までは20分間ほど歩く。、晴れていれば上半身はTシャツが良い。足元がウェーダーなので汗をかく。

「国道のさらに先」ということで、秘境というイメージを持って歩き始めたが、昆布漁の人たちがにぎやかで開放的(写真v)。ちょっと拍子抜けした。

20分ほど歩くと赤茶けた橋が見えてくる(写真w)。これがカモイウンベ川だ。

川幅は狭いので短めの竿で充分。水は非常に澄んでいてきれい。まさに清流である。

河口からいきなり深みと落ち込みの連続で、ポイントだらけ。狙う所がありすぎて、なかなか先へ進めない。鳥肌が立つ渓相だ(写真x)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.26 動画カモイウンベ川の渓相
          (290kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

釣れるのは、やはりオショロコマばかりだった。サイズも17cm前後の小型のみ。すべてエサ釣り(ミミズ)で。

釣り糸を垂らすと、この風景と一体化出来る。それが快感だった。釣りの楽しさは、魚の数や大きさだけではないんだなぁと感じた。

ちょっとした深みをよーくのぞくと、魚がうじゃうじゃ居た。防水デジカメを持っていたので、水中を動画で撮影してみました(キャノンIXY400・ウォータープルーフケース使用)。小さくて暗めの映像ですが、画面を大きくして再生すると、オショロコマの魚影があちらこちらにあります(私の目では8匹ほど確認)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.27 動画水中はオショロコマ楽園
          (322kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

1時間半ほど釣って、17cm前後が7〜8匹。さかのぼった距離はせいぜい50mだった。

ところで、河口ではカラフトマスねらいのルアーマン達が20人ほどいた。釣れている雰囲気はなかった。

ウトロ側ではこの時期、どの河口も車がビッシリ横付けされて、かなりの人が釣っていた。1人で5〜6本(!)のカラフトマスを抱えている人も見かけた。【h
羅臼の昆布漁
(v)
カモイウンベ川河口の橋
(w)
カモイウンベ川
(x)











石狩川最上流部
(y)
ちょっと寄り道、石狩川最上流
    … 知床半島釣りめぐり(4)

キャンプ4日目、2004年8月14日。

知床キャンプの帰りに、ちょっと寄り道した。上川町付近の石狩川源流部だ。

△ニタイオマップ川(石狩川支流)

まず、支流のニタイオマップ川に入った。釣れたのは何とオショロコマ(15〜17cm)。「石狩川」と「オショロコマ」という組み合わせに、何となく違和感を覚える。エサはミミズ。

○石狩川(最上流部)

支流からちょっと下ると、鉄橋下で石狩川本流と出会う(写真y)。源流部とは思えない豊かな水量。

釣れたのはやはりオショロコマであった(21cm、写真z)。エサは同じくミミズ。

知床のオショロコマは茶色でオレンジが強かったが、石狩川のはグレーっぽかった。

30分弱で3本。魚影の濃い川だった。【h
石狩川のオショロコマ
(z)






岩魚の川、山女魚の川

2004年10月9日、増毛・浜益方面。

知床半島での釣り以来、久しぶりの釣行。まず、昨年からお世話になっている岩尾川支流アカイワ川へ向かった。

アカイワ川は、川べりの木々はすっかり葉が落ちて、登りやすかった。とはいえ、背の高い植物が多いので、竿は3m以内の短めのものが良いと思う。川幅も広くないから、2m程度でも大丈夫かもしれない。

私はこの日、ズーム竿(3.2mで使用)だったので、仕掛けを投入のときに、まわりの木に糸が引っかかるトラブルが頻発した。(えさ箱も落とすし、デジカメの電池は切れるし…。久しぶりの釣りで調子がくるっていただけか?)

始めてから5分後に最初の1匹がきた。19cmのイワナだった(写真aa)。その後も12cm前後のイワナが数匹釣れたが(動画参照)、結局最初のが型は一番良かった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.32 動画アカイワ川の岩魚
          (253kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

何となく物足りなさを感じ、帰り道に久しぶりに群別川に寄った。

いつものポイントは、川の様子がだいぶ変わっていた。以前にはなかった「深み」があちらこちらに見られて、いい感じになっていた。

釣れたのは10cm前後のちっこいヤマメばかり。数が結構いるようで、10号針でもたまに釣れてしまう(写真ab、動画参照)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.33 動画群別川のチビ山女魚
          (272kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

北海道では山女魚のことを「ヤマベ」と呼ぶ。関東ではオイカワのことを「ヤマベ」と呼ぶらしい。ややこしい話だ。

群別川は小一時間ほどで終了。今回は、小型ながらイワナヤマメ(ヤマベ)と両方の釣りを楽しむことができた。【h
アカイワ川の岩魚19cm
(aa)
群別川のチビ山女魚
(ab)
沙流川支流
(ac)
あなどれない沙流川支流
  … 沙流川釣行(1)

2004年11月6日、沙流川の支流にて。

10月27日に札幌で初雪が降って以来、しばらく暖かい日が続いていた。雪が積もると渓流釣りシーズンは終了してしまう。シーズンオフ前のラストチャンスは近い。釣行先は、手堅く「沙流川」を選んだ。

今回入釣したのは沙流川本流ではなく支流(写真ac)。本流の水量がとても少なく、釣れそうな雰囲気がなかった。そこで、はじめから支流に入ることにした。

はじめのポイントは、本流との合流地点そばの深み。仕掛け投入後、いきなり「ががーん」とアタリがきた。合わせと同時に銀色の魚体がジャンプ。と、次の瞬間にハリスが切れてしまった。思わず「ぅぁあっ…」と声が出た。

おそらく25〜30cm程度のニジマスだと思われる。実はもうちょっと大きかったようにも感じたのだけれど、「逃がした魚は大きい」と感じるもの。控えめにサイズ言っておけば、だいたい当たる。うーん、悔しい…。

気を取り直して、上流へとさかのぼった。釣果は、23cmのオショロコマ(写真ad)を筆頭に、2時間足らずでオショロコマ6匹。サイズは20cm程度が中心だった。すべてリリース(動画参照)。期待以上の釣果にほくほく顔である。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.34 動画沙流川へ帰るオショロコマ
          (299kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

オショロコマと言えば、魚体がひょろ長いというイメージがあったが、3本目の23cm(写真ad)は体高があり、「がっちりタイプ」であった。ちょっと見とれてしまう。

支流の後、本流で少しだけ試してみたが全くダメ。「ここで釣れなきゃどこで釣れるの?」というような絶好(に見える)ポイントでも、ウンともスンとも言わなかった。皆が狙う好ポイントに魚はいない、ということ。

納竿する直前に、最初に良型をバラした深みを再度狙ってみたが、アタリはなかった。うーん渓流釣りは難しい…。【h
沙流川支流のオショロコマ23cm
(ad)
台風で?曲がった白樺の木
(ae)
台風の?不思議なつめあと
  … 沙流川釣行(2)

同日。沙流川がある日高方面。釣行帰りの光景。

今年は台風で、北海道各地で大きな被害が出た。森でたくさんの木が根こそぎ倒れる、という被害も聞いている。写真aeも、おそらく台風のときに被害にあった「白樺」の木だと思われる。こんな光景があちらこちらに見られた。

不思議のなのは、ポッキリと折れずに、きれいに曲がっているところ。写真aeは「曲がった林」のほんの一部。奥の白樺も同様にグンニャリ曲がっている。

白樺の特性?幹が柔らかいのか?台風直後に曲がったの?それとも時間をかけて?そもそも本当に台風が原因?今後どう育つ?

▼追記 2005.9▼
2005年9月に「北見市の山田様」から、上記「曲がった白樺」について、以下のようなメールを頂きました。

>原因は、台風ではなく、その前の冬の豪雪による
>現象のようです。北見近郊でも、一面曲がり倒れ
>そうな白樺林が見られます。豪雪から1年半、徐
>々に立ち直ってきているような気がします。

なるほど、「豪雪」の影響ですか。台風の直後にたまたま見かけた光景だったので、私は暴風雨が原因だとばかり思っていました。思いこみで判断してはいけませんね。これですっきりしました。山田さん、メールありがとうございました。
▲追記ここまで▲

h

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.