ヌップリ寒別川の詳細。イワナがよく釣れる川だがこのときは新仔ヤマメばかり。成長を期待して即リリース。沙流川ではシーズン最後の釣り。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2002年)

ヌップリカンベツ川のイワナ
(a)
禁漁直前
  … 尻別川支流釣行(1)

2002年3月29日、休みをとって1人で倶知安方面へ行った。写真aは、尻別川支流ヌップリカンベツ川で釣った25cmUPのイワナ。馴染みの川で釣れたグッドサイズである。

始めはルアーで狙ったがウンともスンともいわないので、餌釣り(イタドリ虫)に変更。アタリが鈍くて、3度目でようやく釣れた。あわせが悪かったせいか、ハリを飲み込まれてしまった。即リリース。

この日の釣果はこれ一匹だった。禁漁前の最後の釣行としては、まずまず。他の川はまだ雪が多く、入ることすらできなかった。

魚にハリを飲み込まれた時には、無理に引っ張らず「ハリはずし」でとろう。リリースするつもりなら、なるべく魚にダメージを与えないように慎重に。

実は、今回はかなり奥まで飲まれて、結局ハリはずしでも取れなかった。時間をかけるとかえって弱るので、ハリの根本からテグス(糸)を切ってそのままリリースした。元気に泳いでいたが、やはりダメージは大きいと思う。それでも、口の中をぐちゃぐちゃと引っかき回すよりは、生き残る可能性は高いらしい。

この日はあまり欲張らず、釣りは1時間ほどで終了。帰りに京極の吹き出し公園で水を汲み、温泉に寄った。1人でのんびり過ごした休日であった。【h
京極温泉
(b)
釣りの後の温泉
  … 尻別川支流釣行(2)

同じく3月29日。釣りの帰りに寄った「京極温泉」

京極温泉には今回初めて入った。まだ建物が新しい。露天風呂は羊蹄山に面していて、晴れていればなかなかの絶景だろうと思われる。

広い休憩室や食堂・売店がある。建物内部の雰囲気は近くにある「真狩温泉」とよく似ている。お湯は透明、無味無臭。大人500円、サウナ完備、石鹸・シャンプーあり。

平日の昼だったせいかとてもすいていた。朝、入館してひとっ風呂浴びた後、休憩室で昼寝や食事をすれば、1日中温泉を楽しめる。温泉好きの人にとっては、安上がりなレジャーかも知れない。【h
京極町のマンホールのふた
(c)
目立たないけれど 
  … 尻別川支流釣行(3)

同日、京極の吹き出し公園付近の道路にあった「マンホールのフタ」。

何度となく通っている公園だが、このフタには今まで気付かなかった。公園をデザインしたように見えるのだが…。

背景はもちろん羊蹄山で、その前が山麓の林。白っぽいところは、水が吹き出している様子?それとも雪景?手前は公園内の池とその中の岩?デザインした関係者の方、違ったらごめんなさい。【h
ヌップリカンベツ川
(d)
シーズン始めの釣行
  … ヌップリカンベツ川釣行(1)


2002年8月12日。今シーズン初めての釣行。

例年なら、ヤマメが解禁になる6月第1週末に必ず初釣りに行っているのだが、今年は諸処の事情で、行くことができなかった。

8月になって、ようやく待ちに待った初日を迎えた。今後も、去年までのように頻繁には行けそうもないので、1回1回の釣りを充実させたいと思う。「一釣入魂」だ。

初日に選んだ川は、毎度お世話になっている「ヌップリカンベツ川」、馴染みの川だ(写真d)。良型イワナがよく釣れるポイントが上流にある。今回は先行者がいたので、そのポイントには入らなかった。そこで、今回は初めて下流域を釣り上がってみることにした。

道道沿いの橋から川に入り、1kmほど川づたいに上がった。上流域では細い川だと思っていた.けれど、下流は川幅も水量も結構ある。

橋のすぐそばに、なかなかのポイントがあった(写真e)。岩に囲まれた淵で、アタリが結構ある。釣れたのは12〜15cmほどの小型ヤマメばかりだった。全てリリース。20cm弱のニジマスと思われる魚もヒットしたが、取り込み直前にばらしてしまった。

写真fは同じ場所の岩壁。淵を渡るために誰かが設置した「手すりのロープ」である。釣り人以外使わないような気がするので、個人的に取り付けられたものか。それにしてはかなり頑丈に作られていたなあ。

実は、この日の釣りは初日のせいか「根掛かり」「絡まり」「ばらし」の連続だった。あわせのタイミングも体が忘れてしまっていた。釣りを終えようという頃に、ようやく勘を取り戻すことができた。【h
ヌップリカンベツ川
(e)
ヌップリカンベツ川
(f)
ヌップリカンベツ川のヤマメ
(g)
新仔ヤマメ
  … ヌップリカンベツ川釣行(2)

同日。

写真gは約10cmのヤマメ。この日のアベレージサイズは、これよりもう少し大きめの13cm。

こんなちっこくても10号針に食いついてきた。エサはミミズを使用。リリース。

小さいのを釣らぬよう大きめのハリを使用しているのだが、アタリがくると無意識にアワセている。たまにスレでかかってしまう。【h
沙流川のオショロコマ
(h)
釣りたいときに釣れる川

2002年10月12日、沙流川にて。

今回のポイントは札幌から130km。ちょっと遠出になるが、次の釣りはいつになるか分からないので、一番実績のある川で釣りたかった。

釣り始めたのが昼前、先行者もいたのでアタリはほとんどなかった。2時間程頑張って、釣れたのはオショロコマニジマスの稚魚が1匹ずつ。あきらめて車に戻ることにした。
 
ところが、駐車場に上がる手前の支流で、何の気なしに出した竿に、ぐぐっと強いアタリが来た。21cmのオショロコマだった(写真h)。どんでん返しのハッピーエンドだ。エサはブドウ虫。リリース。

道東のオショロコマは褐色が強いのに対し、沙流川のオショロコマは全体がグレー系だ。だから、いっそう赤い斑点が目立つ(写真i)。

沙流川としては物足りない釣果だったが、「終わり良ければ総て良し」、気分良く帰路につくことができた。紅葉がきれいだった。【h
沙流川のオショロコマ
(i)

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.