沙流川ルアー釣り。コンデックスが入れ食い。ヌップリ寒別川の大ヤマメは尺に届かず。ヤマメとしては自己ベスト。やはり大物釣りが面白い。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2001年8月〜10月)

沙流川のニジマス
(a)
金のコンデックス
  …沙流川釣行8月(1)


2001年8月16日。沙流川の支流との合流地点で釣った20cm程のニジマス。

3cmのルアーで釣れた。釣れた魚は、すべてリリース。

今年に入ってからルアーで釣ることが多くなったが、その楽しみを教えてくれたのが、ここ沙流川である。

私がよく入釣するポイントは日高町周辺。国道のすぐ脇に川が流れ、小さい橋が多いので、比較的に入渓しやすい。道央の川とは禁漁期間が異なる。注意が必要である。

沙流川は、オショロコマニジマスがよく釣れる。アベレージサイズが20cm前後と、型もまあまあ。ルアーはコータック・コンデックス金色の1.8gと3gのスプーンがよく釣れた。

ルアー釣りは、釣りとはまた違うおもしろさがある。この日も、初心者の時のようにわくわくした釣りが楽しめた。いつかは自作ルアーで釣りたいが…。【h

夫は、ルアーで釣れたのがよほど嬉しかったらしく、次々と種類を替えながら楽しんでいました。何しろ、ルアーを始めて約5年、川でも湖でも全然釣れなかったのだから。【n
沙流川のオショロコマ
(b)
主催者側の発表、25cmオーバー
  …沙流川釣行8月(2)


同日。沙流川でつり上げたオショロコマ。

うちの妻は、ルアー釣りがあまり好きではないようだ。今回もほとんど餌釣りをしていた。

実はこのあと彼女は、別のポイントで25cmクラスのオショロコマをつり上げた(らしい)。たまたま私はその場所に居合わせず、証拠写真が撮れなかった。

そんな時のために、いつもはトランシーバーで連絡を取りながら釣っているのだが、今回は運悪く電池切れ。ものすごく悔しがっていた。

そういえば、先日の知床でも同じ様なことがあったっけ。悪いことしたなぁ。【h

写真に残せず、本当に残念でした。サイズが25pもあると、重量感がぜんぜん違いますね。【n
美国川のウグイ
(c)
巨大ウグイ

2001年8月25日。美国川で釣れた30cmオーバーの巨大ウグイ(写真c)。

以前から積丹の河川で釣ってみたいと思っていた。今回は、泊の盃キャンプ場を拠点にして盃川、古平川、美国川をはしごした。

積丹の川は計画的に放流されているせいか、ヤマメの魚影が非常に濃かったが、サイズが小さい。大きくても15cm程度で、キープするには忍びないものばかりだった。
 
そんな釣行の最後の最後、妻が釣ったのがこのウグイ。あたりが来た瞬間「尺ヤマメか?!」と思わせる引きで、隣にいた私はあせった。表情からすると、彼女はウグイをさわるのが苦手らしい。【h

しばらくウグイを釣っていなかったので、アタリが来てもヤマメだと信じて疑わなかった…。

海ならともかく、川でこんなに大きいウグイを釣ったのは初めてだと思う。竿を上げたときに無抵抗なところや、キュウキュウと鳴く?ところが好きじゃなくて、嫌々写真を撮りました。【n
星置川のにじます
(d)
星置川でニジマス

2001年9月16日。小樽にドライブ(?)の途中、札幌市の片隅にある星置川で釣ったニジマス。23cmオーバーのグッドサイズである。
 
この格好をみて分かる通り、ほんの試し釣りのつもりだった。釣ったのは滝壺付近の深み。川の水はそんなにきれいには見えなかったが…。

札幌市内の川には「どうせ釣れないだろう」と、今まで入釣することはほとんど無かった。ひょっとすると、市内の厚別川とか望月寒川とかでも、意外と大物が釣れるかも。【h
ヌップリ寒別川のヤマメ27cm
(e)
自己ベスト

2001年9月22日、ヌップリカンベツ川で釣った、27cmのヤマメ。ヤマメでこのサイズは初。2001年現在での自己ベスト

産卵期ですっかりサビ色の着いた雄。この時期の魚は、釣るのがかわいそうな体色をしている。顔つきが尖っていて、歯が鋭い。

最初のアタリでハリスをとられ、再アタックでようやく釣り上げた。

ヤマメは警戒心が強いので、1度目にバラしたときには「もうダメかなぁ…」と、半ばあきらめていた。

バラした後、そのポイントをしばらく休ませるために、別の場所で釣りをした。

ほとぼり(?)がさめた頃、再チャレンジ。2度目はハリスをしっかりチェックしてから、仕掛けをポイントに流した。ググッと来たときには、思わず「きたっ」と声が出た。

1度目のハリスがのどに引っかかったままだったので、両方はずしてから即リリースした(写真f)。【h
ヌップリ寒別川のヤマメ27cm
(f)
沙流川の釣り
(g)
ボウズの後に考えること

2001年10月8日、沙流川。結果的に、この日が今シーズン最後の渓流釣りになった。

いつものようにルアーで挑戦したが、釣果ゼロ(=ボウズ)。本来沙流川は、ニジマスとオショロコマの魚影が濃くて、爆釣を望める川。紅葉がとてもきれいだったので、気持ちはどうにか救われた(写真g)。

ボウズの釣行後に、自分を納得させる言葉」のレパートリーが、最近だんだん増えてきた。

 「すばらしい紅葉を楽しめた」
 「珍しいクロテンに会えた」
 「渓相が良かった」
 「足の運動になった」
 「晴れていて自然を満喫できた」

等々。「負け惜しみ」「心の逃げ道」とも言う。【h

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.