ヌップリカンベツ川でのイワナとニジマス釣りの記録。茨戸川では冬のワカサギ釣り。北海道の氷上ワカサギ釣り「防寒対策」について紹介。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2000年10月〜01年1月)

尻別川支流ヌップリカンベツ川のイワナ
(a)
「例年のように」釣れない…

2000年10月上旬。尻別川支流ヌップリ寒別川。

今年の夏からよく通っている川である。なかなか型の良いイワナが釣れる。この日も20cmオーバーのイワナが、何匹か釣れた(写真a)。すべてリリース。来年も釣れる川であって欲しい。

なぜか、前の年によく釣れた川が、翌年には全く釣れなくなるということがよくある。そろそろ北海道は、川魚を本気で保護しなければならない時期に来ているのか。【h

今日も私は全く釣れませんでした。今年は「アタリすらなし」という日がほとんど。釣りを休んで、ガーデニングに使う「小枝」や「つる」を拾って帰る習慣が付きました。

ここはいろんなキノコが生えています。知識がないので、食べられる物か判断できないのが残念。釣れない日が多くなってきているだけに、山菜やキノコに詳しくなると「山菜採り」の楽しみが増えるのでは、と思う今日この頃です。【n

尻別川支流ヌップリカンベツ川
(b)
尻別川支流ヌップリカンベツ川のニジマス
(c)
最高のニジマス
  … 尻別川支流釣行(1)


2000年10月22日、尻別川支流くヌップリカンベツ川。

26cmのニジマス(写真c)。ニジマスとしては小さいサイズなのだろうが、自分としては今年の一番の型。2000年現在の自己ベストサイズ。エサ釣り。リリース。

川幅はさほどなく、流れが曲がった場所。川岸の下がえぐれた部分の奥に、仕掛けを流しこんだ。1回目は、水面に突き出た枝にハリスが引っかかってしまった。

「何かいるはずだ」と信じて仕掛けを流すこと、数回。今までに経験のないアタリがゴンッときた。サオがしなってビュンビュン鳴るので、ちょっと焦ってしまった。

この川では、今までイワナしか釣れたことがなかったので驚いた。右目が赤くつぶれていた。おそらく一度釣られた魚だと思われる。

この日はこれ1匹。今年はこれが最後の釣りになった。【h

こんな小さな川によくいたねえ、と思うサイズ。端から見ていても、なかなかの型だな、と思われる引きでした。悔しくて、「始めから釣り糸の先にくっつけておいたんでしょう」と夫には言っています。あーあ、いいなあ。【n
尻別川支流ヌップリカンベツ川のニジマス
(d)
尻別川支流ペーペナイ川
(e)
ペーペナイ川の偵察
  … 尻別川支流釣行(2)


同日。尻別川支流ペーペナイ川の上流。

ヌップリカンベツ川の帰りに寄った。渓相がすばらしかったが、全く釣れず。来年の解禁直後にまた来てみたい。

入渓しやすくて渓相が良いポイントには、ほとんど魚はいない。釣り人はみんな考えることは同じ。自分が釣りたいと思うポイントは、他の釣り人も釣りたいのである。

そういえば、運転中、橋を越えるときには、思わず川をちらっと見てしまう。これも釣り人皆同じか?【h
茨戸川
(f)
厳しい寒さ対策

2001年1月初旬。札幌近郊、石狩茨戸川のテルメ裏(現ガトーキングダム裏、通称焼き肉屋前。写真f)。

21世紀の初釣りはワカサギ。今回は、今までワカサギ釣りでは経験がない「絶不釣(調)」だった。何と3時間も粘ってたった1匹(写真g)。こんな日もある。(かと思うと、大爆釣のこんな日もある)

この日の札幌は、最高でもマイナス10度前後という激寒の一日。寒さが一段と身にしみた。

2週間後の1月27日に、テルメ(現ガトーキングダム)から少し離れた生振大橋(おやふるおおはし)周辺で、ワカサギ釣りを試みた(写真h)。

初めての場所だったが、サイズが良く、数もまあまあだった。この日は気合いを入れて、朝6時過ぎから釣り始めたことが、好釣果に繋がったのかもしれない。

しかし、この日も寒かった。風があったので、ワカサギ釣り用のテントを久しぶりに使用した。暖房器具はなくてもテントだけでかなり暖かい。開放感はないが、快適な釣りが楽しめる。【h

ほとんどの釣り客が、テントを使っていた。私達は、「もう着られない」という位モコモコに着こみ、腰には貼るカイロ、つま先に靴用カイロをつけていたので、なんとか耐えることができた。

もっと快適にしたければ、毛布をぐるぐる腰に巻き付けると暖かいでしょう。そして、足下からの冷えを防ぐこと(ウレタンマットか発泡スチロールに足をのせる)。

それにしても、指先の冷たさは如何ともしがたいです。火をたいておくと良いですね。最近は、準備や後始末が面倒なので、炭火はおこしていませんが。【n

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ
茨戸川のワカサギ
(g)
茨戸川のワカサギ釣り
(h)

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.