群別川のヤマメ釣りとヌップリカンベツ川のイワナ釣り。ヤマメ・イワナ・オショロコマの特徴について写真で紹介。オショロコマには赤い斑点がある。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(2000年7月〜8月)

群別川
(a)
「掘り出し物」の川

2000年7月23日、浜益の群別川(写真a)。

毎年シーズン始めにニジマス釣りを楽しめた真狩川が、今年は道路工事のせいか全くだめだった。他の川も例年までとは様子が変わって、全く釣れなくなったところが多かった。ポイント探しに明け暮れた6月だった。

この郡別川は、今年初めて入渓した。

渓相がとても良い川で、釣り歩いているだけでも気分がいい。今回は15〜21cmくらいのヤマメ(写真b)が、エサ釣りで結構釣れた。

釣りをしているとき、川に横たわっていた倒木の上を、小動物が走り去っていった。何の生き物か、詳しくないのでよく分からなかったけれど、20cm前後の茶色っぽいホ乳類だった。

▼追記 2000.8▼
群別川は入釣者がとても多い。プレッシャーが高い川である。
この後、8月の釣行では、小さなヤマメしか釣れなかった。ひょっとすると、来年はこの川もだめかもしれない。今年から、釣った魚は食べずに川に返すことが多くなった。
▲追記ここまで▲
h
群別川のヤマメ
(b)
ヌップリカンベツ川のイワナ
(c)
掘り出し物の川、パート2

2000年8月7日、尻別川支流ヌップリ寒別川。エサ釣り。

7〜20cmの岩魚が、短時間で4匹釣れた。昼間だったし、小さな川なのであまり期待していなかっただけに、うれしかった。何より、来年以降も釣れそうな川を見つけることができて良かった。木が生い茂っているので釣りづらいが、ちょっとしたポイントに必ず魚がいる、魚影の濃い川だった。【h

あまり釣れそうな場所に見えなかったのですが、良い川でした。他の尻別川支流はどうなんでしょうか。倶登山川などものぞいてみましたが、釣れそうには見えません。【n
ヤマメ
オショロコマ
イワナ
(d)
三魚三様

2000年。この半年で釣った魚たちを、魚種別に比較してみた。

左の写真がヤマメ(ヤマベ)。真ん中がオショロコマ。右がイワナ

ヤマメは、魚体の斑点(パーマーク)がはっきりとしていて、全体の色も銀色っぽい。他の魚に比べて体つきが薄くて幅(体高)がある。

オショロコマイワナは、全体的にひょろ長く色も茶褐色で似ている。オショロコマには赤い小さな斑点がある。イワナの斑点は全体的に白っぽい。ちなみに、写真の魚の大きさはどれも同じぐらい(20cm前後)である。

ニジマスの写真はないが、体全体に小さな黒点、体側がピンクがかっているのが特徴。

ウグイカジカはサケ科の魚ではないので、初心者でもすぐに見分けられる。独特のアタリと引きが特徴。海でもよく釣れる。【h

食感も様々ですが、やはりヤマメが一番でしょう。オショロコマを塩焼きにしてみましたが、身がとても柔らかく、味はヤマメに比べると淡泊でした。【n

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.