真狩川ニジマス釣りと喜茂別川イワナ釣りの記録。本州霞ヶ浦でのバス釣りの釣果も紹介。初めて釣ったブラックバスに驚愕。口がでかかった。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(1999年6月〜9月)

真狩川のニジマス
(a)
今年も感謝、真狩川
  … 真狩川釣行(1)


1999年6月12日〜13日。羊蹄山自然公園真狩野営場でキャンプをして、真狩川で釣りをした。

エサ釣りで、25cm弱のニジマスを数匹釣った。真狩川では、去年もいい思いをさせてもらった。写真は13日に釣ったニジマス。

ただ、この川はよく釣れるのは6〜9月上旬まで。秋には、上流のデンプン工場のものと思われる排水で川が濁ってしまい、釣りどころではなくなってしまう。【h
真狩川のニジマス
(b)
ようやく釣れたニジマス
  … 真狩川釣行(2)


同13日、真狩川。

絶好調の夫と違って、私は全然釣れなかったので、さらに上流へと場所を変えてみました。ようやく釣れたニジマス

その後、このニジマスはキャンプの昼食で燻製に

釣った魚は、燻製にするととても美味しく食べられる。スモークする時間がたっぷりないとだめなので、のんびりとしたキャンプ向きの調理法だ。【n

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ
黒松内川のヤマメとイワナ
(c)
黒松内川の山女魚と岩魚

1999年6月26日、朱太川支流黒松内川。

前日の25日から、「歌才オートキャンプ場 ル・ピックL'pic」でオートキャンプをした。

キャンプの主目的は、朱太川水系での釣り。その中で一番期待していたのが、支流の黒松内川であった。

釣果は17cm前後のイワナ3匹、ヤマメ2匹。サイズ以上の引きが楽しめた。

5匹は、キャンプ3日目に燻製にして食べた。【h
霞ヶ浦のブラックバス
(d)
初ブラックバスはグラブで
  … 茨城県「霞ヶ浦」釣行(1)

1999年8月12日、茨城県霞ヶ浦にて。初めて釣ったブラックバス。40cmオーバーのグッドサイズ。

本州に帰省したときに、霞ヶ浦に釣りに行った。昨年の霞ヶ浦のバス釣りでは、妻に先を越されてブラックバスを釣られてしまったので、「今年こそは…」と密かに燃えていた。

この日の朝は、バスに追われた小魚が水面をぴょんぴょん跳ねるくらい、魚の活性が高かった。ラッキーだった。

初めてつり上げた印象は、
「引きが強いし、重たい魚だなぁ」
「口がでかくて、つかむのが怖いなぁ」。

地元で買ったソフトルアー(ゲーリーヤマモト 3インチグラブ ウォータメロン)とジグヘッドでつり上げた。次はハードルアーでつり上げたい。できれば自作ルアーで。【h
霞ヶ浦のブラックバス
(e)
バスのでかい口
  … 茨城県「霞ヶ浦」釣行(2)

同日。釣り上げたブラックバス。

バスの口の中に指を入れてつかむことに、やや抵抗があった。

この口なら、わざわざ高いルアーを使わなくても、「ケロヨンの指人形」かなにかにフックをつけても、釣れそうである。

ともあれ、魚釣りは何が釣れてもおもしろい。でも北海道にブラックバスは、いらないけどね。【h
無意根大橋
(f)
無意根大橋下の薄別川

1999年8月22日、豊平川支流薄別川。

札幌から定山渓を越えて中山峠に向かう途中、無意根大橋を通過する(写真f)。その橋のはるか下方に、今回釣行した薄別川が流れている。

車で無意根大橋にさしかかる手前に、細いダートの脇道がある。この脇道に入り、車でどんどん降りていくと、薄別川が見えてくる。思ったより入渓はしやすかった。

釣れたのは、17cm前後のやまめと岩魚。入れ食いというほどではないけれど、飽きない程度にアタリがあった。

渓相がとても良いので、遡行するだけでも気分が良い(写真g)。

▼追記 2005.2▼
数年前、無意根大橋周辺で何やら大がかりな工事があった。その後釣行していないので、おそらくかなり様子が変わっていると思われる。

ひょっとすると、川に入れない状態になっているかもしれない。入渓できても、以前ほど釣れないような気がするが。
▲追記ここまで▲

h】 
豊平川支流薄別川
(g)
喜茂別川のイワナ
(h)
喜茂別川のイワナ

1999年9月11日、喜茂別川。

国道下で、体高のある良型イワナを釣った。エサ釣り。キープして塩焼きに。この日、夫はボウズでした。【n

札幌から中山峠を越え喜茂別の街に出る途中に、国道沿いを流れているのが喜茂別川だ。

車窓から川の流れが見えて、「なかなかいい渓相だなぁ」と、以前から目を付けていた。車が多いので静かな釣りはできないけれど、入釣しやすい川である。【h
(i)
昆布川の山女魚

1999年9月26日、尻別川支流昆布川。

尻別川は大きな川なので、まだまだ入ったことのない支流がたくさんある。今回の昆布川も初めて入釣した川である。

小さい川だが、雰囲気は良い感じ(写真i)。深呼吸をしたくなる。

釣れたのはヤマメが3匹。20cm(写真j)・19cm・17cm。

とてもきれいな魚ばかりで、サイズの割に引きが強かった。短時間の釣りだったけれど、とても楽しめた。

キープして塩焼きにした。ヤマメは美味しい。

尻別川支流は、今後少しずつ開拓していきたい。いつも羊蹄山周辺ばかりで、蘭越町周辺の支流にはほとんど入ったことがない。蘭越町近くの温泉にでも泊まって、「支流のハシゴ」なんていいかも。【h
(j)

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.