幌川のアメマス、ポロト湖のワカサギ釣りの記録。ワカサギは天ぷらになりました。この年、初めてのワカサギ釣り。冬の楽しみが増えました。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 淡水の釣り(1997年9月〜98年2月)

幌川のアメマス
(a)
驚きの初アメマス
  … 浜益方面釣行(1)

1997年9月22日。サケ釣りの帰りに寄った幌川で、初めて釣ったアメマス。32cm、330g。

ヤマメを釣るつもりでいたので、小さな5号針に2mの渓流竿だった。釣れたときは、慌てた。水面から上げることが出来ず、ランディングネットも持ってなかったので、岸まで道糸が切れないように寄せた。

独りで釣っていたが、感激のあまり思わず「ヤッター」と声が出てしまった。

家に持って帰って、初めて「魚拓」というものをとった。その後、塩焼きに。【h
幌川のアメマス
(b)
大物に慌てました
  … 浜益方面釣行(2)

同日。釣り上げたアメマスと共に。

初の大物に、興奮しながらの撮影。かなり焦って撮った。

釣りで記録を残すには、やはり写真撮影が手軽で良い。渓流釣りは1人で行くことが多くなるので、自分を撮ろうと思えば、当然セルフタイマー撮影が多くなる。

コンパクトカメラ用の小さな三脚を、フィッシングベストのポケットに入れておくととても便利。

私が愛用している三脚は、ultra pod(ウルトラポッド)。樹脂製で超軽量。折りたためば全長10cmほどになる。長いマジックテープのベルトが付いているので、木の枝などにくくりつけての撮影が可能。弱点は、脚が伸びないこと。高さをかせぐことはできない。

安物の三脚は、カメラの角度が微調整しづらいので要注意。【h
ごきびる川のヤマメ
(c)
難読地名
  … 浜益方面釣行(3)

同日。幌川の次に濃昼(ごきびる)川に寄った。その時に釣った型の良いヤマメ。22cm、110g。

このヤマメはキープし、アメマスと一緒に魚拓に残す。その後、塩焼きに。

ところで、濃昼を「ごきびる」と読むことのできる人が、日本に何人いるだろうか。

この辺りには、「濃昼」以外にも読めない地名が多い。例えば「安瀬」。絶対に「やそすけ」とは読めない。古い読み方らしいけれど、道路標識にローマ字で読み方が書かれていた、今でも使われている地名だということ。【h
あめますの塩焼き
(e)
アメマスは塩焼きに
  … 浜益方面釣行(4)
同日。33pのアメマスの塩焼き。

ヤマメほどではないが、結構うまい。身が厚く、食べ応えあり。【n

ヤマメには劣るが、それほど大味でもなかった。ガスコンロの魚焼きグリルで焼いたので、ちょっと水っぽかったか。

岩魚は炭火で塩焼きにすると美味いので、アメマスも炭火焼きがいいかもしれない。いつかキャンプで釣れた時には、試してみるか。【h
やまめの塩焼き
(f)
ヤマメ三昧
  … 浜益方面釣行(5)


同日。大きなヤマメは塩焼きに。

この日の食卓は魚づくし。豪華でした。

今年行った道東旅行では、毎食のようにヤマメ料理。塩焼きや、旅館で食べたヤマメ寿司には、舌づつみを打ちました。【n

ヤマメは渓流魚の中では、最も美味しい魚の一つだと思う。味が濃いし、身が水っぽくない。オショロコマは、味や身の柔らかさが岩魚に似ていた。【h
(g)
秋の釣り

1997年10月1日、濃昼川。

秋になると、ヤマメはだんだんサイズが良くなってくる。夏の間に、豊富な虫などを食べてむくむくと太る。

初夏に釣った小さい魚はリリースして、秋にまた釣ろう。大きいと引きも全然違うしね。

秋の渓流釣りは、型が良くなるのはもちろん、川岸に茂っていた木の葉が落ちるので、夏より釣りやすくなる点が良い。川に入りやすいし、竿も振りやすくなる。

そして、秋は蚊が少なくなるので、とても助かる。北海道の秋は短い。少ないチャンスを逃せない。【h
ポロト湖のワカサギ釣り
(h)
氷上穴釣りデビュー
  … ポロト湖わかさぎ釣り(1)

1998年2月14日。白老町ポロト湖。初めてのわかさぎ釣り

釣りは久しぶりだったから、小物でもこの笑顔。泊まりがけの釣行だった。天気も良くて最高の釣りキャンプである。

わかさぎ釣りは、大物釣りとはまた違った魅力がある。敏感な細い竿で魚とやりとりを楽しむことも、魅力の一つだと思う。

わかさぎ釣りは初めてだったが、「くせになりそうな釣りだなぁ」と感じた。【h

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ
ポロト湖のワカサギ釣り
(i)
雪だるまとともに
  … ポロト湖わかさぎ釣り(2)

同日。陽が射して、思っていたよりは暖かかった。

他の釣りと全く違う雰囲気を味わえるのが、わかさぎ釣りの魅力

氷と雪の上で釣っているのだから、ある程度寒いのは当たり前。この「寒さ」を楽しみたい。氷の上で食べるカップラーメンは最高にうまい。【h
ポロト湖のワカサギ
(j)
釣りの腕はまだまだ…
  … ポロト湖わかさぎ釣り(3)


同日。釣れたわかさぎは、雪の上に置いておく。天然のクーラーだ。

ポロト湖は入漁料1人500円取られる。釣果は少なかった。見よう見まねの「初わかさぎ釣り」としては、期待以上の釣果か。

自分たちの周りにいたベテラン釣り師の方々は、「釣りのレベル」が全く違った。どうやら、「誘い」や「アワセ」にコツがあるようだ。餌を頻繁に付け替えていた。誰でもできる釣りだが、「技術と知識」があるとないとでは、釣果に大きな差が出る。

キャンプ場のバンガローに帰った後、これらは夕食の天ぷらとなる。【h
ワカサギの天ぷら
(k)
新鮮食材
  … ポロト湖わかさぎ釣り(4)

同日。初めてのわかさぎ釣りは、思ったほどには釣れなかった。けど、夕食のおかずとしてはちょうど良いくらいでした。

写真kは天ぷら。もちろん、釣れたのは6匹だけではありません。念のため。【n

関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」へ

「ポロト自然休養林国設野営場」のバンガローは暖房完備(!)で、真冬でもとても快適にキャンプが楽しめる。道内では貴重なキャンプ場だと思う。

バンガロー内には、しっかりとしたテーブルとイスが備え付けられている。コンセントがあるので、その気になれば、ふだん家庭で使っている炊飯器やホットプレートなどを使うことができる。あとはシュラフ(スリーピングバッグ)さえあればOK。ちょっと頑張って布団を持ち込めば、睡眠環境も完璧。「キャンプ専用の道具」を用意する必要はほとんどない。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

スノーシューで林間トレッキングなど、わかさぎ釣り以外でも「冬のアウトドア拠点」に使えそうなキャンプ場である。

このキャンプ場の入り口付近に温泉があるので、わかさぎ釣りで冷えた体を温めるのにちょうどいい。温泉につかるためだけにこのキャンプ場を選ぶというのも、いいかもしれない。

ちなみに、今回我々が持ち込んだのは天ぷらセットとシュラフだけ。【h

前の淡水釣行記へ 淡水釣行記トップへ 次の淡水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 淡水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.