子連れで初のキャンプもどき。ふきだし公園。幼児ならバンガロー。道南方面初のソロキャンプ。上ノ国町夷王山。自宅の庭でキャンプ。初テント。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 ショートキャンプ(2003年〜2007年)















初キャンプもどきin真狩(1)

2003年8月19日〜20日、真狩のバンガローに泊まった。

最近は、寝泊まりしない「デイキャンプ」なんていう言葉もあって、何をもって「キャンプ」と呼ぶのかいまいちよく分からない。

今回はバンガローに泊まるし、真狩川で釣りをする予定なので一応「キャンプ」かな?でも、自炊はしないしなぁ…。なんていう迷いもあって、とりあえず「キャンプもどき」ということにした。子供を連れて初である。

写真aは、話の種に入った「定山渓のクマ牧場」。なんと、入場料は大人1000円だった。

我々は2度と行きたいとは思わないが、娘は初めてづくしで、驚きと緊張の連続だったようだ。

写真aは、オリの横に野ざらしで飾ってあった「クマの剥製」。彼女にはとても怖かったらしく、「餌をあげてごらん」とクマせんべいを渡しても、手を差し出せなかった。
 
実は、娘が「クマの剥製」以上にビビっていたのは、同じ敷地内にいたエゾシカである。シカせんべいを差し出す顔が引きつっていて、ちょっとかわいそうだった。【h
定山渓クマ牧場
(a)
京極町ふきだし公園
(b)
京極ふきだし公園
  … 初キャンプもどきin真狩(2)

同日。京極町のふきだし公園。

幼児連れのキャンプで悩むのは、昼間のイベントだ。

サイクリング釣りにはまだまだ早い。幼児でも楽しめる施設があればそこに立ち寄ったりできるが、倶知安方面にはそれが少ない。結局、京極町のふきだし公園(写真b)で遊ぶことにした。

「これじゃあ普段の公園散歩とあまり変わらないじゃないか」。そこは割り切って、大人も一緒に楽しもうカヌーで遊ぶのも公園で遊ぶのも同じ「外の遊び」、アウトドア。みんなが楽しければよい。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

ふきだし公園には、子供用の遊具広場がある(写真c)。娘が産まれる前は、その存在に気付かなかった。遊具はまだ早かったけど、芝生がきれいなのでそれで充分だ。

噴水もあった。当然「羊蹄の湧水」を使っているのだろうなぁ。まさか循環じゃないだろう。足をつけたらえらく冷たかったし。湧水だとしたら贅沢な噴水だ。

いつものように、ポリタンクに水をたっぷり汲んで、真狩村のユリ園コテージへGo!【h
京極町ふきだし公園
(c)
真狩村ユリ園コテージ
(d)
真狩村ユリ園コテージ
  … 初キャンプもどきin真狩(3)

同日。過去に何度か利用している、真狩村の「ユリ園コテージ」(写真d)。「真狩温泉」の敷地内にある。

人気のコテージなので、夏は予約でいっぱいだ。1ヶ月以上、早めの予約が必要である。

おそらく、幼児連れでテント生活は難しいと思う。“夜泣きで周りに迷惑がかかるし、狭くて大人も子供もストレスがたまる。寝相が悪くシュラフ(スリーピングバッグ)が使えない幼児には、明け方の冷え込みはかなり酷である。気軽にキャンプ気分を味わうなら、バンガローやコテージが最善と言える。

ユリ園コテージは、ベッド・布団・ガスコンロ・ホットプレート・炊飯器・ポット・冬用暖房…、とにかく何でもある。新しくてきれいだし、隣が温泉だし、下手なホテルよりよほど快適だ。

値段も、人数で割ればホテルよりはずっと安い。ちなみに、宿泊は入浴券付き、1日目は何度でも温泉に入ることができる。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

次の日の早朝、私は1人だけ早く起きて真狩川に釣りに行った。とてもよく釣れた。私にとっても最高の「キャンプもどき」だった。【h
京極町ふきだし公園
(e)
久々のまっかり温泉キャンプ

2005年8月1日〜2日、真狩村に1泊のキャンプ。2003年のキャンプ同様、まっかり温泉に隣接した「真狩村ユリ園コテージ」を利用した。

チェックインする前に、京極町のふきだし公園に寄った。前回は芝生で走り回るだけだった娘は、夢中になって遊具で遊んでいた(写真e)。1才の息子は、ひたすら走り回るだけ。

帰りぎわに湧水をくんだ。おみやげ用も含めて30リッターほど。キャンプ時の飲み水や料理に使った。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.57 動画京極ふきだし湧水をゴックン
          (384kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

前回は「初」の子連れキャンプということで、あえて自炊を避けた。今回のキャンプでは、気持ちの余裕があったので、食事を作ることにした。

常々「私ばかり温泉に行って申し訳ない」と思っていたので、この日は妻が温泉につかっている間に、私が腕をふるうことにした。

とはいっても、私が作ることに慣れている料理(?)は、唯一カレーだけ。エリンギ・マイタケ・ブナシメジたっぷりの「キノコカレー」を作ることにした。ふきだし湧水で作ったカレーは、それだけで美味しく感じる(写真f)。当然、翌朝はカレーの残りを食べた。

ユリ園コテージは、とにかく何でもそろっている。台所には、鍋類・包丁・冷蔵庫・炊飯器・ホットプレート・食器類、そして電子レンジ(写真g)。

便利すぎてキャンプっぽくないけれど、幼児2人連れの我々にはメリットの方が大きい。今後子供の成長に合わせて、少しずつ「アウトドアっぽく」していこうと考えている。焦らずとも、そのうち安全にバーベキューができる日がやってくる。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

料理器具がそろっている、というだけではない。風呂・トイレ・寝具・暖房器具はもちろん、テレビデオ(これが1才の息子には欠かせない)まである。

ロフト(写真h)に6名ほど寝ることができるので、洋室・和室とあわせると10名は寝泊まりできる。イメージは「大家族にも対応した別荘」である。

コテージの周りには、幼児が遊べるような設備はない。2日目の朝は、みんなで散歩をすることにした。

道端にたくさんの自然が残っている。散歩の途中、札幌ではあまり見かけなくなったアマガエルを発見した。絵本のしか知らない3才の娘は、大喜びだった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.58 動画ちびアマガエル
          (333kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

私自身は真狩川で釣りができて満足。コテージから羊蹄山がおがめたし(写真i)、家族全員充実した2日間であった。【h
ユリ園コテージのテラス
(f)
ユリ園コテージのキッチン
(g)
ユリ園コテージのロフト
(h)
ユリ園コテージから見える羊蹄山
(i)
夷王山キャンプ場
(j)
道南釣りキャンプ、初の上ノ国町

2005年8月11日〜12日、一泊のソロキャンプ。道南ハシゴ釣りの起点として、上ノ国町の「夷王山キャンプ場」を選んだ。

初めてのキャンプ場だった。選ぶときにこだわったのは「無料であること」。節約節約…。

夷王山キャンプ場は、無料の割にきちんと整備されている。炊事場や水洗トイレも比較的きれい。

オートキャンプ用のサイトが約10台分ある。予約制ではないので先着順だ。私は今回、オートサイトを利用させてもらった(写真j)。ツーリング用のソロテントで独占するにはもったいないくらいの広さがあった。

野外炉が数台設置されているので、バーベキューをする場合、グリルを持ち込む必要がない(写真k)。私はと言えば、相変わらずコンビニおにぎりとウイダーインゼリーの繰り返しだが。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

敷地内に広場と遊具(フィ−ルドアスレチック)がある。小さい子供がいる家庭には、おあつらえ向き。この手の設備は、私にとって昔はどうでもよい代物であったが、最近は真っ先にチェックしている。

お盆直前だというのに利用者が少なく、静かで快適なキャンプができた。

一つだけ気がかりな点があるとすれば、アブである。今回はキャンプ場では寝るだけだったので、私は気にならなかった。外でバーベキューをした人たちは、ひょっとすると不快な思いをしていたかもしれない。

キャンプ場以上に掘り出し物だったのが「花沢温泉」(写真l・上ノ国町勝山161・01395-5-1770)。

正真正銘の源泉掛け流しである。なのに何と200円!そこいらの銭湯より安い。建物内はこぎれいで、休息部屋(写真m)まである。しかも露天風呂付き。これ以上何を望む。

地元の人たちが、次々とやってくる。200円で温泉に入れるのだから、そりゃ毎日でも来たくなるだろう。

湯は薄茶色、臭いはほとんどなし。数年後には改装するらしい。新しくなったら、200円据え置きは難しいかな。

一つだけ気がかりな点があるとすれば、アブである(笑)。案の定、露天風呂でボサーッとしていたら2匹ほど寄ってきた。湯につかればさすがに攻撃してこないが、おかげでこっちはのぼせてしまった。

今思えば、釣りでもそれ以外でも、アブとたたかい続けた2日間であった。【h
夷王山キャンプ場の野外炉
(k)
上ノ国町の花沢温泉
(l)
花沢温泉内
(m)






真狩村「羊蹄のわき水」
(n)
豆腐と温泉と蝉、真狩コテージ

2006年7月28日〜29日、真狩村の「ユリ園コテージ」で一泊の温泉キャンプ。昨年のキャンプと違い、今年はほとんど料理をしなかったので、ちょっと「キャンプ」と呼ぶのは気が引ける。が、まあよしということで。

コテージに向かう途中、真狩村にある羊蹄の湧き水でポリタンクとペットボトルに水をくんだ。

写真nの手前が水くみ場。そして、奥に見えるのが「湧水の里」という豆腐の店である。羊蹄の湧水を使用して作った「名水どうふ」が、この店の売り。(火曜日が定休日)

「わさび寄せとうふ」「黒豆どうふ」「枝豆どうふ」等、様々な種類の豆腐が売られていて、その多くは試食できる(写真o)。

豆腐のみならず、「とうふコロッケ」「おからドーナツ」「とうふハンバーグ」などの総菜や、「黒豆乳」「白豆乳」の豆乳類まで扱っている。

休日だったこともあり、小さな店内は観光客でえらく混み合っていた。

とても美味い豆腐だ。妻はおみやげ用にいくつも購入していた。私が一番気に入った「生わさび絹豆腐」は一丁420円。豆腐にしては値段が高めなのは、それだけ手間がかかっていると言うことか?毎日の食卓には無理でも、たまの贅沢には良いかも。

湧水をくんだ後、真狩温泉(写真p)に隣接する「ユリ園コテージ」に到着。

コテージ宿泊者なら、何回でも温泉に入ることができる(1日目のPM9:00まで。翌朝の入浴は有料)。シャンプーやボディーソープは用意されている。日帰り入浴は、大人500円、小学生まで200円。

真狩温泉の売りは、なんと言っても露天風呂の前にそびえる羊蹄山。今回は晴れていたので、それはすばらしい眺めであった。

夕食はコンビニ弁当で簡単に済ませ、夜は花火をした。子供が小さいので、100円の「手持ち花火セット」で充分楽しめる。火の怖さをまだ知らない息子。両腕の自由を奪われ、果たして「花火を持てた」という達成感を得ることができたのか?(写真q)。

翌朝。当然のごとく、私は真狩川で釣り。朝食では、25cmのニジマスを家族に振る舞うことができた。

その後、コテージの近くを散策がてら、虫取りをした。昨年はアマガエルで盛り上がったが、今年はセミ(写真r)。抜け殻のすぐ横で見つけたので、おそらく今朝羽化したばかりだったのでは。その模様の特徴から、コエゾゼミではないかと思われる。何しろ私は虫には疎い。ネットで調べた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.112 動画真狩村のコエゾゼミ
           (228kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

それにしても、先日公園で出会った幼虫といい、今年はセミに縁がある。【h
「湧水の里」名水とうふ
(o)
まっかり温泉
(p)
ユリ園コテージで花火
(q)
真狩村のコエゾゼミ
(r)















庭にテント
(s)
庭でキャンプ、初めてのテント

2007年7月30日〜31日、休みをとって自宅のでキャンプ。

子供たちはコテージ泊の経験はあるが、テントで寝たことがない。いきなりのキャンプ場デビューは、周りに迷惑をかける可能性大。よって、練習を兼ねて庭にテントを張ることにした。

方針は「無理せず、キャンプ気分を味わい、テント生活に慣れる」。風呂は自宅で。いざとなったら我が家に戻ることができる。最初のハードルは低いほうが良い。

まずテント設営に取り掛かった(写真s)。大きめのエスパースを張るのは6年ぶり、子供が生まれる前に立てて以来。

設営はほとんど大人がおこなったが、ポールをつないだりペグを打ったり、5歳児でもできることは結構ある。先日の巣箱作りの経験を生かして、娘は金づち片手にペグ打ちをした。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.170 動画初めてのテント、ペグ打ち
           (274kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

テントが張れたら、中にマットを敷く。これも子供たちが手伝える仕事だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.171 動画テントに銀マットを敷く
           (466kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

屋外での食事はキャンプの愉しみの一つ。今回「外での調理」は、あえてしなかった。

いずれ子供がアウトドア生活に慣れ、親にも気持ちの余裕ができたら、簡単なものから作りたい。バーベキューは炭火を使うから、まだまだ危なっかしいいな。燻製作りなら何とかなりそうか…。

この日の夕食は、定番きのこカレー(写真t)。自宅の台所で作ったものを、庭まで運んだ。圧力鍋の横にあるのは、オキテ破りの「IH炊飯ジャー」である。自宅キャンプなら何でもありだ。その気になれば、延長コードでホットプレートが使えるし、布団を持ち出すことだってできる。野外生活の理想的なイメージには程遠いが、アウトドアっぽさにこだわりすぎないほうが、むしろ愉しめたりする

子供のイスは一工夫が必要だ。今回テーブル類は、キャンプで使っているものを設置した。大人用の布製イスは、子供が使うと体が沈んで食べづらい。子供用のアウドドアチェアーが販売されているが、そこまで大げさでなくても、敷物か小さい座卓で解決しそう。

寝る前に読む本を選ばせたら、3歳の息子が「もりのへなそうる」を持ってきた(写真u)。アウトドア要素満載で幼児の冒険心をくすぐる。まさにキャンプの夜にぴったりの一冊。ナイスセン、マイサン!目の付け所がなかなかシャープだぞ。

最も心配していたのは、寝ること。シュラフに慣れるため布団は持ち込まなかったが、子供達はテントで寝ることを楽しんでいた(写真v)。枕だけは普段使いのものを持参。私はもちろん愛用のテンピュールである。枕ならキャンプ場にも持っていくことができる。

北海道は、夏でも明け方はおそろしく冷える。パジャマの上にトレーナーとオーバーズボン、子供たちにはしっかり重ね着させた。

彼らは寝相がたいそう悪い上に、自分から布団に戻る能力がない。夜中に2,3回抱え上げて、寝袋に戻さなければならなかった。「親は熟睡してはいけない」ということがわかったので、耳栓とアイマスクは使わなかった。親心を知ってか知らずか、子供たちは爆睡していた。

2日目の朝食は、当然昨日のカレー(写真w)。一番手間がかからないベストメニューだ。

さて、今回のキャンプで子供たちがとりあえずクリアした、と思われるのは、
 ・テント設営の手伝い
 ・テント生活
 ・屋外での食事
 ・夜の屋外生活
 ・シュラフで寝ること
 ・明け方の冷え込み

まだクリアしていない(クリアする必要があるかどうかはさておき)のは、
 ・食事作りの手伝い
 ・炭火を使った食事
 ・雨のキャンプ
 ・強風のキャンプ
 ・蚊やアブなど、虫の襲撃
 ・迷惑キャンパーの騒音
 ・車での長距離移動
 ・キャンプ場での外遊び

今回、外遊びらしいことはほとんどしなかった。庭になったブルーベリーの「つまみ食い」と、「夜の公園散歩」くらい。テント生活そのものが、子供たちにとっては新鮮な「外遊び」だったようだ。

いずれキャンプ場に行ったとしても、しばらくは釣りカヌーは無理だろう。せいぜい虫取りサイクリングか。

いよいよ来年こそは、滝野あたりでキャンプ場デビューを狙いたい。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

h



















夕食のカレーライス
(t)
もりのへなそうる
(u)
初めてのシュラフ
(v)
朝食もカレーライス
(w)





























庭でキャンプ、ビニールプール遊び
(x)
熱帯夜、第2回庭キャンプ

2007年8月12日〜13日、お盆休みを利用して2回目の庭キャンプ。

今回こだわったのは外遊びだ。1回目は「テントで生活をする」だけで精一杯だったし、親も子もそれで満足だった。勝手がわかってきたので、2回目は「屋外で丸1日過ごす」ことを目指した。

両日とも北海道は記録的な真夏日、札幌は34℃をマークした。厚着で過ごした前回のキャンプとは正反対の2日間だった。

こんな日はやはり水遊びがベスト。庭にはないけれど、我々にはビニールプールがある(写真x)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.172 動画ビニールプールで水遊び
           (484kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

昼食は外で食べたが、昼寝はさすがに自宅に戻った。こんな真昼にテントで寝たら、目覚めたときには干物のできあがりだ。ウエストに塩でもすり込んでおけば、いい感じでやせそうではある。

昼食・昼寝をはさんで、夕方までプール三昧だった。周りに水しぶきがとぶので、側にいる親も少しは涼しい。

水遊びの合間に花壇をのぞくと、ありんこやらカエルやらがいて虫ウォッチングができる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.173 動画ありんこの重労働
           (480kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

カエルを自宅で見付けたのは初めて。今回のように庭でじっくり過ごす機会がなければ気付かなかったはずだ。

夕食は前回同様、台所で作ったものを庭に運んだ。ゆでトウキビ(=とうもろこし・北海道弁)やら枝豆やらビールやら、メニューだけはキャンプっぽい。

風呂は自宅で済ませ、暗くなったらお待ちかねの花火だ(写真y)。子供達はどうにか花火を手で持てるようになり、気分は一人前である。

熱帯夜。道産子はムシムシする夜にはめっぽう弱い。「あついからおうちでねるー」と夜中にぐずる長男(3歳)。自分の気持ちに正直な息子は、何のこだわりもなく涼しい自宅の寝室にさっさと退散した。一方、長女(5歳)は庭のテントですやすや寝ている。やむなく、父もアウトドア魂をふりしぼり、寝苦しい一夜シュラフの中で過ごしたのであった。

くだらない所で意地を張って無意味なことにこだわり、時間と手間と金を惜しみなくかけるのが、そもそも“趣味”というものだ。

TVチャンピオン』や『NHK熱中時間』などの番組を見る際、紹介される趣味が風変わりで「なぜそんなことにこだわるの?」というときほど、私の好奇心は強く刺激される。「寿司職人選手権」のような職業絡みより「アニメキャラ王選手権」の方がくだらなくてワクワクするし、「切手収集家」よりも「石ころコレクター」の方が理解不能で趣味の度合いは高い、と私は感じている。周囲が理解できない趣味ほど、当の本人は夢中になれるのだ。

だから、自分の趣味に「興味がない他人」を安易につき合わせてはいけないし、時間や労力や金を使わせてはいけないとつくづく思う。ただ実際は、よかれと勧めたことで周りの人に手間をとらせ、無意識のうちに気をつかわせている。

頼まれもしないのにクリムゾンのCDを貸したり、「サーチエンジン最適化」のうんちくを延々と語っていたり、夫が釣った魚を妻がさばいていたり。そんなことが私自身はよくある。

自分の旅行話をうなづいて聞いてくれる人が2人いたとしたら、そのうち1人は「旅行に金をかけるなら服を買うわ」と考え、もう1人は「こんな話やめて家で野球見たいなぁ」と考えているのだ。

そんな“価値観の押し付け”に自分自身で気付けるならまだ救いようはあるが、自覚できていないことの方がずっと多いような気がする。

相手が我が子(身内)だと、その辺の境目が微妙でますます難しくなる。子供に経験する機会を与え環境をセッティングするのは、間違いなく親のつとめだ。キャンプでも釣りでも、だましだまし体験させて、嫌がったりめんどくさくなる年頃になる前に愉しみを覚えてくれたらな、と今は思う。

ところで、前回工夫が必要だと感じた「子供のイス」の件について(写真z)。消極的な解決策だが、今回は弁当箱方式で乗り切った。ひざの上に置くことで、やや食べやすくなったようだ。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

h





















庭でキャンプ、花火
(y)





























ひざに弁当箱、キャンプの食事
(z)

前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.