小樽高島沖でマイカ釣り(船釣り)。船酔いに苦戦。イカゴロの美味しい食べ方「イカゴロルイベ」の調理法。タックル等を、動画と写真で紹介。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 海水の釣り(2006年)

小樽高島漁港のマイカ釣り船
(a)
酔眠釣法とイカゴロルイベ

2006年8月1日、小樽祝津沖のマイカ釣り。今回お世話になったのは、2年前に初めてマイカ釣りをした時と同じ船(写真a)。

風があったので、ちょっと嫌な予感はしていた。出港して仕掛けをセットし終えた頃(写真b)、船が揺れ始めた。昨年のサクラマスの船釣り以来、船酔い恐怖症気味の私は、このあたりで覚悟を決めた。

結局、始めから終わりまでずっと船酔い状態だった。そんな中で今回編み出したのが「酔眠釣法」。

(1)あらかじめ「酔い止め薬」を飲んでおく。
(2)眠気が襲ってきたら、酔眠釣法スタート。
(3)すかさず、右手に道糸を巻き付ける。
(4)座った状態で、右手を右ヒザの上にのせる。
(5)目を静かに閉じて、右手に神経を集中させる。
(6)頭は深く垂れ、ウトウト眠る。
(7)船の揺れにあわせ、右ヒザを左右に動かす。
(8)仕掛けの重さをぼんやり感じつつ、イカを誘う。
(9)右手に違和感を感じたらヒット。
(10)朦朧とした意識の中、仕掛けを引き上げる。

この画期的な釣法のメリットは
・目を閉じることにより、雑念が排除され、アタリに対する感覚が鋭敏になる。
・「船の揺れ」というマイナス要素を、ヒザを動かす際に利用することで、プラス要素に変えることができる。
・船酔いで釣りを中止する必要がなくなり、そこそこの釣果をのぞめる。

最後まで大きな群れにあたることはなく、ポツポツと釣れる程度。昨年の2杯ほどではないけれど、今年も11杯と振るわなかった。船内7人で一番釣った人は、おそらく25杯前後。

午前2:00頃に帰宅。イカは半分はそのまま冷凍。残りはイカゴロルイベにすることにした。イカ釣りのベテランに伝授していただいた調理法である。

■イカゴロルイベ
 (イカのワタの凍ったお刺身)

(1)イカの胴体から足(ゲソ)とゴロを抜く。
   ・写真cは、分けた後のゴロとゲソの部分。
(2)イカゴロを取り出す(動画No.114参照)。
   ・写真dの銀色に光っているのがゴロ(肝)。
   ・写真eが、取り出した後のイカゴロ。
    細長いナスのような、エイリアンの頭のよ
    うな形をしている。
(3)ゴロにさっと塩を振る(動画No.115参照)。
(4)ラップにまき、冷凍庫で一晩置く。
(5)凍ったまま輪切りにし、お刺身と同じように
   醤油、ワサビなどつけて食べる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.114 動画イカゴロを引っ張り出す
           (548kb.11秒間.asf形式)
 No.115 動画イカゴロに塩をふる
           (580b.12秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

ポイントは、「新鮮なイカを使用すること」「必ず凍らせること」。味は濃厚。「イカゴロ焼き」も美味いが、ルイベも最高。【h
マイカ釣りの仕掛け一式
(b)



マイカのゲソとワタ(イカゴロ)
(c)
マイカのゲソとゴロ
(d)
マイカのイカゴロ(肝)
(e)

前の海水釣行記へ 海水釣行記トップへ 次の海水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2019 sagamado All rights reserved.