小樽漁港の夜釣り。対象魚は根魚。「ソフトルアーでの夜釣り」は初めてだった。小さいガヤが釣れた。渓流とは違うアワセのタイミングに苦労した。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 海水の釣り(2002年)

小樽漁港のルアー釣り
(a)
ソフトルアーで海釣り(1)

2002年4月26日、21:00頃。小樽の某所にて。

同僚に誘われて、夜釣りに行った。対象魚はソイなどの根魚。「ソフトルアーでの夜釣り」は初めてだった。写真aは1匹目に釣ったガヤ。即リリース。

夜釣りでは、ルアーの色は「夜光」が良いそうである。釣り始める前に、夜光ルアーを街灯に当てると集魚効果あり。防波堤のへちを、丹念に誘いながら探った。狙うポイントや誘い方など、ブラー釣りにかなり似ている。【h
ソイのルアー釣り
(b)
アワセのタイミングに苦戦
  … ソフトルアーで海釣り(2)

同日。2匹目に釣れたのは小さなソイだった。この程度の大きさでも、アタリは意外に大きい。
 
結局、22:00過ぎまで粘って釣果は2匹だけだった。数の割には、初めての釣りだったこともあり、時間を忘れて楽しむことができた。

今回のポイントは魚影が濃くて、アタリは絶え間なくきたが、アワセがうまくいかずに悩んだ。渓流釣りの調子で早合わせしても、ルアーをつついているだけなのでフッキングしない。

根魚釣りでは、アタリのあとじっくり食わせた方がよいということを同行者に教わった。体にしみこんだ「川釣りのタイミング」を思い切って捨てないと、釣果にはつながらないのである。

ソフトルアーを使った釣りでは、私はバス釣りの経験がある。あれは「ガバッ」とくるのであわせもそう難しくはない。同じ道具を使っていても、技術は違うということが分かった。

ソフトルアーについてはまだまだ経験を積む必要はあるけれど、次回はハードルアーにも挑戦してみたい。釣り雑誌によると、どうやらソイにはクランクベイトやバイブレーションが有効らしい。バス用のものが流用できそうだ。

納竿する頃にはかなり冷え込んでいた。近くの温泉「湯の花」(大人600円)でひとっ風呂浴びて帰路についた。【h
石狩湾新港
(c)
釣果無くとも…

2002年5月5日、石狩湾新港の樽川埠頭にて。

久しぶりの投げ釣りだった。到着したのは昼前。カレイの仕掛けとイソメを持っていった。

風がとても強い日だったが、ゴールデンウィークということもあって、家族連れが大勢来ていた。周りを見ると、チカねらいの人はたまに釣れていたようだった。カレイは「手の平サイズ」を釣った人を1人見かけただけであった。

チカ釣りの人達を悩ませていたのは、次々と釣れる外道の大ウグイ。見ている方は面白かったが、細いチカの仕掛けに30cm級がかかると、取り込みも容易ではない。テグスを切られないように、網をつかって取り込んでいた。

3時頃に釣りを終えた我々は、結局釣果なし。もともと暇つぶしだったので、釣り気分を味わえて満足の半日だった。【h

前の海水釣行記へ 海水釣行記トップへ 次の海水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2019 sagamado All rights reserved.