今年のホッケ釣りは、30匹打ち止めの爆釣。とにかく人が多くてポイントにはいるのに一苦労した。天気が良く暖かかったので、家族連れが多かった。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 海水の釣り(2000年4月〜5月)

小樽漁港でのカレイ釣り
(a)
スナガレイとロシア中古車事情

2000年4月29日、小樽漁港でのカレイ釣り。唐揚げサイズのスナガレイが、ぽつぽつ釣れた。

最近は、積極的に海釣りに行くことが少なくなった。道央・道南は4月1日〜5月31日まではヤマメが禁漁で、実質川での釣りができない。仕方なく(?)海にカレイの投げ釣りに来ることが多い。

海釣りに出かけるときは、ほとんど下調べをしないで釣り場に向かう。釣果を期待していない分、たいして釣れなくても楽しめる。

後ろに写っているのは、ロシアの船と思われる。甲板からあふれるほどの中古車を積んでいた。【h
岩内漁港でのマガレイ釣り
(b)
釣り場のトイレ事情

2000年5月4日、岩内漁港でのカレイ釣り。
まあまあのサイズのスナガレイ。スナガレイは、目が無い側に、濃い黄色帯があるのが特徴。

隣で釣っていたおじいさんは、毎日同じ場所で釣りをしている主(ぬし)らしい。釣りに来た地元の人みんなに、声をかけていた。我々にも気さくに声をかけ、ポイントを教えてくれた。

海の投げ釣りでは、ポイント争いが渓流釣りほどシビアではないので、釣り人はみんな「気持ちのゆとり」をもっている。【h

地元の人は、自転車のカゴに釣り道具をいっぱい積み込んで、防波堤にのりこむ。先端まで行かず岸寄りでのんびり、という人が多いように思う。

ところで、防波堤や漁港にはトイレがないので、男性はともかく、女性は車でトイレを探さなくてはいけないので面倒である。

と思っていたところ、釣りをしていた地元のおばさんが、おもむろに「ポンチョ(長いやつ)」を着て、テトラポットの上にしゃがみ込んで用を足したのです。すごい技に感動しましたが、顔は丸見えなので私はちょっと・・・。【n
大森海岸のホッケ釣り
(c)
匹数制限
  … 神恵内ホッケ釣り(1)

2000年5月5日、恒例の大森海岸ホッケ釣り

結果的には「30匹打ち止め」の爆釣だったが、とにかく人が多くてポイントにはいるのに一苦労した。

すみっこの地味なポイントで、やっと釣りを始めることができた。天気が良く暖かかったこともあり、家族連れでかなり入っていた(写真c)。

毎年調子に乗って釣りすぎるので、今年は「30匹釣れたらやめよう」と、妻と確認をした。

今年は時期がずれていたせいか、サイズはふた周りほど小さかった。ロウソクボッケだった。脂ののりも悪かったような気がする。釣りそのものは、入れ食いで楽しめたが。【h

ホッケ釣りは結構忙しい釣りです(写真d)。えさつけや、魚を針からはずすのに手間取ると、せっかく寄せたホッケが他の人の寄せ餌に誘われていなくなってしまいます。

この日は激混みだったので、寄せ餌を持ってきていない人でも、まわりの人が寄せた魚を釣っていた。

ところで、ホッケをその場でさばいて、内蔵や頭を釣り場に捨てていくおじさんがいます。足元にたまっている海水が、それらのせいで悪臭を放っているのは困ります。【n
大森海岸のホッケ釣り
(d)
ホッケの一夜干し作り
(e)
釣りの後の楽しみ
  … 神恵内ホッケ釣り(2)


同じく5日。帰宅後ホッケをさばいている様子(写真e)。

今年は、前述のように「匹数制限」をして釣った。昨年の半数の釣果だったので、一夜干しに加工する作業は楽だった。

自分たちが食べる量を考えても、あまり釣りすぎるのは良くないと感じた。両実家に配っても、30匹はちょうど良い数だった。

今年は天気が良く、新居のバルコニーで(写真f)うまく干せた。

しいていえば、塩加減にまだ研究の余地有りか。ホッケ自体の脂ののりが悪かったのは、残念。【h

去年は雨が続き、車庫の中でずっと干しっぱなしにしてしまったので生臭さが気になった。

今回は、身はみずみずしさを残しつつ、表面はカリッと乾いていい感じでした。ただ、ホッケ自体は去年のほうが良いサイズでした。(去年の「ホッケの一夜干し」の失敗)【n
ホッケの一夜干し作り
(f)

前の海水釣行記へ 海水釣行記トップへ 次の海水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.