ホッケ釣りは楽しいが、釣りすぎるとその後の開いて干す作業が結構厳しい。背開きにしてはらわたを取り除き、塩水につけた後、天日に干す。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 海水の釣り(1999年5月)

大森海岸のホッケ釣り
(a)
気さくな釣りおじさん
  … 神恵内ホッケ釣り(1)


1999年5月4日。毎年恒例の5月のホッケ釣り。場所も恒例の神恵内大森海岸

今年もよく釣れた。2人でクーラにいっぱい。

ホッケのウキ釣りは、さほど難しくない。初級者でもたくさん釣れるし、投げ釣りとは違った独特のおもしろさがある。釣れすぎるので、年1回にとどめないと冷蔵庫がホッケだらけになってしまう。

余談だが、ホッケ釣りに来ているおじさん達は、なぜかみんな気さくで面倒見がよい。釣り方を教えてくれたり、場所を譲ってくれたり、餌をくれたり、ビールをくれたり。おかげでいつも楽しく釣りができる。【h
大森海岸のホッケ釣り
(b)
釣り場はきれいに
  … 神恵内ホッケ釣り(2)


同日。たとえ近くにホッケの群が来ていても、調子良く釣れるようになるまでには、少し時間がかかる。

タナをつかむために浮きの高さを変えたり、自分のポイントにホッケが寄るまでまき餌をしたり、いい場所が空いたらすかさず移動したり(?)…。そうこうするうちに、ようやくテンポ良く釣れ始める。

それにしても、この辺りの釣り場のゴミの多さと汚さにはいつもあきれる(写真b)。仕掛けやエサのビニール袋、ホッケの頭と内臓。臭いもすごい。【n
ホッケの一夜干し作り
(c)
楽あれば苦あり
  … 神恵内ホッケ釣り(3)


同日。ホッケ釣りは楽しいけれど、釣行後の一夜干しに加工する作業が、結構たいへんだ。

背開きにしてはらわたを取り除き、塩水につける。塩水は、海水よりちょっとしょっぱ目の3〜6%くらい。その後、魚干し網に並べて、天日に干す
今年は天気が悪くて、一夜干しのできはいまいちだった。雨を避けるために、風通しの悪い車庫で長時間干し、臭いがきつくなった。失敗した。

雨の日でも、風通しの良いところを選ぶべきだった。表面がカリッとしなくても、「一夜干し」という名の通り、干す時間は一昼夜が良いようだ。

ホッケ釣りの時期は、スーパーでホッケの一夜干しを買うのがばからしく思えてしまう。【h
浜益のカレイ釣り
(d)
浜益のカレイ釣り(1)

1999年5月23日、「浜益海浜公園キャンプ場」前の砂浜で、カレイ釣り。

時期が悪かったのか、小物ばかりが釣れた。全部スナガレイだった。エサはイソメ

この季節の浜益キャンプ場は、人がほとんどいない。ちょっとだけ寒いのを我慢すれば、静かでのんびりとしたキャンプが楽しめる。

逆に、海水浴シーズンのこのキャンプ場は避けた方が良い。うるさくて寝るどころではない。

キャンプ場の近くに川が流れているので、渓流釣りの拠点としてもうってつけの場所である。【h
浜益のカレイ釣り
(e)
小物ばかりでも楽しい投げ釣り
  … 浜益のカレイ釣り(2)


同日。たいてい、毎年「初キャンプ」は浜益である。

5月はヤマメ釣りが禁漁期間なので、海で投げ釣りを楽しむ。投げ釣りはカレイかホッケがほとんど。外道のウグイもよく釣れるが。

写真eは、小さなスナガレイ。夕食の炭火焼きの食材になった。

一年ぶりの海釣りキャンプを楽しんだ。今後の本格的な夏のキャンプシーズンに向け、「道具の点検」と「心の準備」を兼ねた初キャンプだった。【n

前の海水釣行記へ 海水釣行記トップへ 次の海水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2019 sagamado All rights reserved.