浜益のサケ釣りは全くダメ。それにしてもすごい人、人…。これでは隣の釣り人に気を遣って釣りにならない。どうにも落ち着かない釣りである。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 海水の釣り(1997年9月〜10月)

浜益の鮭釣り
(a)
浜益でサケ釣り(1)

1997年9月22日。休みをとって浜益でサケ釣り。

投げ竿を5本出したが、釣果無し。あたりも無し。2年前の初めてのサケ釣りで一匹釣って以来サケは全く釣れない。あのときは、本当にビギナーズラックだったんだなぁ
 
サケ釣りでは、1人で10本以上竿を出す人がいる。多すぎると、同じ場所で釣りたい他の釣り人が迷惑してしまう。釣りたい気持ちは分かるけど、ほどほどにしないとね、と自らをも戒める。【h
浜益のさけ釣り
(b)
サケ釣り、防波堤は満員御礼
  … 浜益でサケ釣り(2)


同日。砂浜では全然あたりがこないので、防波堤に場所を移動した。河口のそばは釣れていたようだ。

それにしてもこの人の数。平日の朝とは思えない。釣れている人は少ないけれど。

サケ釣りは他の海の釣りと違って、ポイント争いが激しい。防波堤等では、2〜3m間隔でビッシリと並んでいるので、入らせてもらうことすらできない。シーズンにはいると、車中泊で連日釣りをしている強者までいる。私は、サケ釣りのそんなピリピリした雰囲気が、あまり好きではない。

結局、この日はサケ釣りは全くダメだった。帰りに立ち寄った川釣りでは、アメマスイワナの大物が釣れたので、ストレスは解消できたが。【h
厚田漁港
(c)
ニシンの子供たち

1997年10月1日。濃昼川での渓流釣りの後に、厚田漁港に寄り道をして、チカ釣りをした。家族連れでにぎわっていた。

ニシンの稚魚(2〜3cm)が放流されていて、そいつらばかりが釣れてしまうので困った。当然海に戻さなければならない。

結局、チカは一匹も釣れなかった。ニシンの稚魚の「キャッチアンドリリース」で終わってしまった。【h

前の海水釣行記へ 海水釣行記トップへ 次の海水釣行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 釣行記 > 海水の釣り >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2019 sagamado All rights reserved.