自作したフローティングミノーの作品を写真で紹介。ワカサギカラーやヤマメカラーのルアーなど。カラーリングの方法や塗装作業中の失敗談も。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 自作ルアー >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 自作ルアー紹介

■作品 ■種別・素材・サイズ・カラー・コメント
ハンドメイドルアー作品白赤
(a)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 白/赤

妻のルアーボックスから、数年ぶりに見つかった作品のうちの一つ。自作して妻に献上したルアー。

カラーリングはシンプルな白と赤。オールドルアーぽくって気に入っている。年数がたって白の部分が黄ばんできているのが、また味わいがあっていい(自分で言うのも何だが…)。

塗装の仕方は、白のドブづけ→乾燥→赤のドブづけ、と至ってシンプル。エアブラシやマスキングテープ等は使わないので、簡単この上ない。この方法なら、塗装失敗の可能性も少ない。

リップは長めで、くねくねとよく泳ぐ。【h
ハンドメイドルアー作品パール蛍光赤
(b)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 パール/蛍光赤

エアブラシを購入する前に作った作品。

パールホワイト塗料に「ドブづけ(ディッピング)」したのは失敗だった。写真では見えないが、塗料がムラになっている。パール系塗料は液だれしやすいので、面倒でもエアブラシを使った方が良いようである。

ピンク色の部分は、マスキングテープで白との境目を覆ってからドブづけ

目は市販のシールを使用した。【h
ハンドメイドルアー作品白青
(c)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 白/青

地の色はパールではなくただの白。ホームセンター等で売っている「ラッカー」にドブづけをした。塗料は第1石油類であればだいたい使える。

頭部の青も同じくラッカー。上記ルアーと同じく、マスキングテープを使った。仕上げはウレタンフロアーのどぶづけを数回行った。

塗装に手間がかからなかった割に、きれいに仕上がった。【h
ハンドメイドルアー作品ワカサギ
(d)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 黒/銀 ワカサギカラー


エアブラシを購入したあとの作品。ホイルフィニッシュという方法を使った。

写真では見えないが、背中には小さな六角形の銀色ウロコ模様が付いている。エアブラシとナイロンの網を使って模様をつけた。
 
目は市販のグラスアイを使用。【h
ハンドメイドルアー作品黒金
(e)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 黒/金


同じくホイルフィニッシュのリアルミノー。

金色を出すには、アルミホイルの上から、クリアイエローをエアブラシで吹き付ける。腹部はクリアオレンジとオレンジでグラデーションをつけた。背中は金のウロコ模様。

着色用の塗料はプラモデル作りによく使われる「Mr.color(ミスターカラー)」を使用した。【h

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」
ハンドメイドルアー作品パール黒金
(f)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 黒/金


妻のルアーボックスから、数年ぶりに見つかった作品のうちの一つ。自作して妻にプレゼントしたルアー。

ホイルフィニッシュの段階で失敗し、ホイルがシワになった跡が見えている。

カラーリングは、黄みがかった金色。アルミホイルの上からMr.カラーのクリアイエローを吹き付けた。

背中のウロコ模様は完全に失敗した。六角形のナイロンネットを使ったのはよいが、銀色を一度にたくさん吹き付けたため、六角形の模様が流れてつぶれてしまった。ウロコと言うより、波模様になってしまっている。【h
ハンドメイドルアー作品やまめ
(g)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 ヤマメカラー

カラーリングは一番気に入っている作品。しかし、あまりちゃんと泳いでくれなかったので、リップ(プラスチック製の唇)を何度か付け替えた。

側面のパーマークの色は、Mr.カラーのクリアブルーとブラックグリーンを混ぜて作った。紙を楕円形に切り抜いて型紙を作り、エアブラシで着色。

ルアー塗装時に使用する「マスキング用の型紙」は、ハンドメイドルアー作りのマニュアル本に付録で付いている。初心者はそれを使うと格好良く仕上がると思う。【h】 
ハンドメイドルアー作品ホットタイガー
(h)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 ホットタイガーカラー


エアブラシがまだ上手く使えなかった頃に作った作品。緑、黄、オレンジで着色したあとに、型紙を作ってエアブラシで黒いホットタイガー模様をつけた。

エアブラシ使用時は「少しずつ塗装→乾燥」を何度も繰り返す、という基本的な技術を理解していなかった。型紙を使用したにもかかわらず、にじんで模様がつぶれている。

99年道東キャンプで釧路川で釣りをしたとき、根がかりで無くしてしまった。出来はあまり良くなかったが、ショックだった。【h
ハンドメイドルアー作品
(i)
■フローティングミノー・バルサ・9cm
 黒/銀/赤

妻のルアーボックスから、数年ぶりに見つかった作品のうちの一つ。

「初めての作品だから」といえば言い訳になる。写真でどこまで見て取れるか分からないけれど、完全なる失敗作である。泳がない上にかっこが悪い。公開するかどうかも迷ったくらいだ。

一応ホイルフィニッシュで、エアブラシを使用している。

不器用な人間が、エアブラシを初めて使ってカラーリングするとこうなる、という見本のような作品。【h

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 自作ルアー >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.