ロボロフスキーハムスターの怪我・突然死の記録。手乗りになったハムスターやハムスターのおもちゃ、爪切りの方法も紹介しています。
 ホーム > ハム子の窓 > ハムスター写真館 >
| ハム窓トップ | ハム名前事典 | ハムたち紹介 | ハム写真館 | ハムリンク集 | ハム窓メール |



ハム子とロボ吉・ロボロフスキーハムスター
(a)
ロボハム参上

「ハム子」と「ロボ吉」(写真a)の2匹は最初、一緒のハムスターケージで飼っていました。

普段は干渉し合わない2匹ですが、寝るときはなぜかぴったりくっつきます。どの角度から見てもまんまるになっています。

(写真b)ハムスターは水浴びの変わりに砂浴びをします。コロンと回転して、背中にも砂をつけてます。ストレス解消になるそうです。

本当は、砂浴びさせるときだけ「砂遊び場」をケージの中に置く方が良いようです。うちはずっと置きっぱなしなので、毎日うんちを取り出したり砂を変えたりしてます。

というわけで、2匹は砂場がお気に入り。頬袋に入れた餌をとりだして食べたり、運動して熱くなると腹這いになってお腹を冷やしたり、トイレにしたり、寝ていたりと、ずいぶん砂場で長い時間過ごしています。トイレにするのだけはやめて!

トイレの場所は、全然覚えてくれません。それどころか、トイレをえさ箱にしてます。まめにトイレを掃除してあげていれば別にいいかな、とあきらめています。【n
ハム子とロボ吉・ロボロフスキーハムスター
(b)




ハム子・ロボロフスキーハムスター
(c)
ハムスターボールとお尻の傷

ハムスターを外に出すときは、「ハムスターボール」に入れて、居間を散歩させます。ソファーの下やコードなんかによくはさまって、世話を焼かせます。

たまにハムスターボールに入れず出してみます。前述の通り、人に慣れにくくすばしっこいので、走って逃げまくります。

タネやナッツ類の好物をさしだすと、写真cのように近づいて食いつきます。普段は健康を考えてペレットしか上げていないので、ナッツ類には目がありません。警戒心も食欲には勝てないということです。

(写真d)芝生に放すと、ジャングル探検をしてるみたい。

ロボロフスキーハムスターは、繁殖しにくい種類です。ハム子とロボ吉も、始めは仲良く同居していましたが、最近はケンカするようになって、子供は望めそうにありません。

先日、ロボ吉はハム子にお尻をかまれてしまいました。それでとうとう別居生活になりました。

別居してからは、ロボ吉が生き生きして生活しているように見えます。お尻の傷も治ってきました。【n
ハム子・ロボロフスキーハムスター
(d)



ロボ吉・ロボロフスキーハムスター
(e)
突然死

ロボ吉が、2000年9月に突然死んでしまいました。相棒がいなくなり、ハム子は1匹暮らしになりました。

子供を産んで欲しかったので、時々2匹を一緒にさせていました。

死んでしまった日も、ハム子とロボ吉を一緒にさせました。、買い物から帰ってきたら、ロボ吉が死んでいたのです。外傷もなく、病気だったかどうかも分かりませんでした。何が起こったのか、あまりに突然でした。今ロボ吉は、庭の木の根元に眠っています。

ひとりぼっちになったハム子は、生後10ヶ月になりました。ロボ吉の死後、「妊娠していたら…」という期待も空しく、単身マイペースで生きています。

ロボ吉が死んでから、ハム子の健康状態には、以前よりもさらに注意を払うようになってきました。

爪が伸びていたので、爪切りついでに健康状態も診てもらうことにしました。ハムスターケージごと大きな袋に入れて、「上野幌ペットクリニック」という動物病院に行きました。

ロボロフスキーハムスターはすばしっこいし、握ったらつぶれそうな小さな生き物です。いくら手慣れた獣医さんでも、ロボをつかんで爪を切るのはさぞかし大変だろうと、私はちょっと恐縮していました。

しかし、さすが先生、瞬時にパッとすくい上げました。「どんな子でも、必ずおとなしくなる時があるんですよ」と言いながら、暴れるハム子をそっと握って部屋の隅にしゃがみました。しばし待つと「その瞬間」が訪れたらしく、先生は爪を切り始めました。このときのハム子は、何だか恍惚とした表情でした。

その後、糞を調べてもらい「異常なし」。ということで、初めての動物病院が終わりました。

帰りに受付でもらった診察券には、「なまえ…ハム子ちゃん」と書かれていました。ちょっと恥ずかしかったです。

先生のお話では、爪が伸びてケガをしたというケースは、ほとんどないのだそうです。今後も健康診断のために、たまーに動物病院に行ってみようかな、と思いました。

ただ今ハム子は24グラムです。えさはハムスター用のペレットが中心です。一箱で半年位もつので、えさ代がかからず助かります。トイレと勘違いして、大好きな砂場はよく汚すので、砂代が結構かかってます。【n

▼追記 2004.1▼
「ハムスターの病院探し」のコツは

(1)地元のペット雑誌やインターネットで、ハムスター(小動物)を対象にしている病院を探す。

インターネットで検索してみると、評判がわかるかも。また、電話帳に広告を出している病院も、たくさんあります。

(2)もし、ペットショップでハムちゃんを購入たなら、そこで、病院を教えてもらう。

不正咬合だった「小うめ」の場合は、とりあえずショップで教えてもらった病院に行きました。すごく遠かったけど、小動物専門の先生がいました。

(3)病院選びの決め手がなければ、獣医さんが複数いる病院を選ぶ。

たくさん獣医さんがいる病院であれば、小動物に詳しい先生とか、特定の症状に詳しい先生が見つかると思います。私は現在、病院では毎回同じ先生を指名して診て頂いています。

病院が見つかったら、必ず電話で症状を話して、診てもらえるかどうか聞きましょう。ハム子の「爪切り」の時は、あちこちの病院に料金を聞きまくりました。初診料など、料金は病院によって全然違います。
▲追記ここまで▲
n
ハム子・ロボロフスキーハムスター
(f)
ハム子・ロボロフスキーハムスター
(g)
ハム子・ロボロフスキーハムスター
(h)
ハム子・ロボロフスキーハムスター
(i)
頭かくして…

ハムスターは、どんなに遠回りをしてでも「狭い所」「暗い所」を通りたがります。

トイレットペーパーの芯は、遊び道具や隠れ場所になって便利です(写真i)。ケージの中が狭くなるので、最近は置いていませんが…。

部屋の掃除をしたい時とか、ケージの外にハムを出したいときに、トイレットペーパーの芯をハム子の前に置いて、おびき寄せます。警戒心も「狭いところに入りたい」という欲望には勝てず、すぐ捕まえることができます。

逃げ回るハムスターを手で捕まえるよりは、ハムスターの体には負担が少ないと思います。お試しあれ。【n
手乗りハムスターのハム子
(j)
ほお袋、満タン

ハム子は、1歳半を過ぎて「おばちゃん」とか「ハムばあさん」と呼ばれるようになりました。

ますます食欲は高まっているようです。餌ほしさのため、最近ハム子はまた手乗りになりました(写真j)。エサは、いつもちゃんとあげてるのに…。

手に乗ってきたときには、チャンスとばかりに「爪切り」をしたり、お腹の点検(?)をします。そんな嫌がりそうなことを結構しているのですが、それでも手に乗ってくるのは、もっと食べ物が欲しいからなんでしょうね。

ほお袋に8割くらいペレットが入ると、写真jのように情けない顔になります。口からはみ出るくらいエサを入れたときは、別の生き物のようです。【n



ハム子・ロボロフスキーハムスター
(k)
ハム子、小指を立てる

ハム子は常にじっとしてはいないので、写真を撮るのは大変。マクロで撮影する場合、カメラとの距離をかなり近づけないと「ピンぼけ」「小さすぎ」の写真になってしまう。近づけば当然警戒して逃げるので、いつも撮った写真の8割は失敗作。

お腹の上にハム子を乗せてりんごをあげたら、珍しくちょこんと腰を下ろしてくれたので、夫がすかさず撮影してくれました(写真k)。

左手の小指(?)を立ててるのが、ちょっと怪しい…。【n
ハムスターの爪切り
(l)
ハム子、爪を切られる

ハム子の「爪切り」。

手が短いので、顔のすぐ横で爪を切らなくてはならない。余計なものを切りそうで恐かった。気になる長めの爪だけ1oくらい切ります(写真l)。

獣医さんにも言われましたが、長くなった爪で怪我をすることはほとんどないそうです。無理をしてまで爪を切る必要ななさそうです。

ところで、私は始め、ロボロフスキーハムスターのしっぽは無い、と勘違いしていました。お尻の先端の毛が少しだけ長いので、それがしっぽの名残かしら、と思っていました。

しかし、ある本に「ロボロフスキーハムスターのしっぽは1p」と書かれているのを発見。つめ切りの後、ハム子のお尻をよく触ってみたら、しっかり「しっぽ」がありました。今さら気付くなんて…。【n

| ハム窓トップ | ハム名前事典 | ハムたち紹介 | ハム写真館 | ハムリンク集 | ハム窓メール |
 ホーム > ハム子の窓 > ハムスター写真館 >
サイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKについてご意見・ご感想・ご質問
ハム子の窓・ハムスター名前事典 Copyright © 2001-2019 hammado All rights reserved.