私自身が便利に使っているアウトドア用品を、写真付きで紹介。アウトドア専用品にこだわらず、一般家庭用の道具も紹介しています。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 愛用品紹介 > アウトドア用品 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 アウトドア用品(2011年〜  選定)
「基本持ち物リスト」はココをクリック  










低座面椅子、あぐらイス
(d)
■アウトドア用ローチェア(低座面イス)

気分良くワカサギを釣るためには、克服しなければならない「3つの戦い」がある。魚との戦い寒さとの戦い、そして腰痛との戦いである。

最も手強く宿命的なのが、年齢と共に破壊力を増す腰痛爆弾だ。経験や金銭をいくら積んでも回避困難。だましだまし乗り切るしかないタイプの試練と言ってよい。

アウトドア用ローチェア(写真d)は、「だましだましグッズ」の中でかなり健闘している。背もたれを使っても竿に手が届くので、前屈みせずアワセから取り込みまで一連の作業が可能。「直立釣法」から「正座釣法」に至る私の試行錯誤が、このイスのおかげで一応の決着を見た。

そして、あまりに釣れないときは「座ったまま寝る」という裏ワザ発動できることについて、ここに附記しておく。【h

↑インデックスへ
釣りタオルを腰に付けて渓流釣り、真駒内川
(c1)
■釣りタオル

釣りなどのアウトドア活動で使用する、使い古したフェイスタオル。使用するフィールドに応じて【山タオル】【キャンプタオル】と名称を変える。

をぬぐいをはらい魚のヌメリを拭き取る万能アイテム。顔面が魚臭くなるのを避けたい諸氏は、タオルの右端(魚)・中央(汗)・左端(泥)を使い分けるとよい。素材は、薄手で吸水性・速乾性に優れる“粗品”タイプが最適。にしばる(写真c1)、首にかける(写真c2)、頭に巻くなど、コーデのハズシとして取り入れたい。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.440 動画沢水で顔を洗う、空沼岳登山
           (2192kb.22秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

我が家の掟では、【タオル】と【雑巾】の中間の階級に位置する。身体や食品(釣魚)に用いるので、名目上は雑巾より格上の扱い。にもかかわらず、使用後は雑巾以上に忌み嫌われる傾向にある。の手による「魚マーク」の刻印によって、普段使いのタオルとは区別・隔離されている(写真c3)。

応用例として、釣行帰りに急きょ温泉に立ち寄ることになった際、使用済みの「釣りタオル」をボディタオルとして流用するという荒技がある。

そうそう、流用するといえば、私は「ハンドタオル1枚で温泉入浴を全うした」という自己ベストを持っている。

日帰り温泉に寄り、ボディタオルを忘れたことに気付いたのが脱衣所ポケットにはハンドタオル。今思えば、この“開き直れた瞬間”が人生ターニングポイントだった。あの20cm四方のパイル地で全身をくまなく洗った後、髪のひと雫まで拭き上げる様は、自分で言うのも何だがどう見ても「立ち寄り湯の達人」。好奇の目が集まる中、ハンドタオルを自在に操ることで、ある種の優越感に浸ることができた。若き日の勇気あふれる記録だ。

実績に裏打ちされたことで、最近はさらに自信を深めつつある。温泉での使用がハンドタオルより高難度のアイテムは「ハンカチ」と「メガネ拭き」くらいしか思いつかないが、「ハンカチまでなら何とかいけるかも」と本気で思える自分が、ちょっとだけ誇らしい。【h

↑インデックスへ
山タオルを首にかけて山登り、定山渓夕日岳
(c2)
釣りタオルの「魚マーク」と「つり」の文字
(c3)















(b1)
■EPIガスストーブ「BPSA型・CSSA型」

1990年代に購入したEPIのガスストーブ。

90年代前半、私が初めて買ったアウトドア用品がBPSA型ストーブだ(写真b1・左)。当時秀岳荘の売り場で、モノとしての魅力を目一杯放っていた逸品だった。

このストーブを使いたいが為にテントを買ってキャンプを始めたのが、私がアウトドア生活のめり込んでいったきっかけである。典型的な“形から入るタイプの人間”だった。

その後90年代後半に小さくてより軽いCSSA型(写真b1・右)を購入し、山歩きオートキャンプ使い分けるようになった。ケースに収納するとBPSA型の1/4程度のサイズになる(写真b2)。

20年以上使用して、修理に出したのは点火装置が壊れた時の1回だけ。最近のモデル(BPSA-3REVO-3700)と比べると重くて性能は見劣りするが、新しい製品に買い換えるだけの決定的理由が今のところ見あたらない。【h

↑インデックスへ
(b2)
TNFクライマーズカメラバッグ
(a1)
■一眼レフ用「クライマーズカメラパック

2011年に購入したザノースフェイスのカメラバッグ(写真a1)。

釣りスキー山歩きキャンプ、そして街中でも。本来クライマー用なのだが、我が家では八面六臂の大活躍だ。

肩ベルトを短くして首からさげ、ウエストベルトを上体に巻き付ければ、胸の前でカメラをしっかりと固定できる。フィッシングベストやザックのショルダーハーネスに取り付けるという手もあるけれど、独立している方が私には具合がいい。

使いやすいのは“上ブタ”である。パッドでできた浅い箱状のフタで、ファスナーを閉めなくてもパコッっと被さる構造になっている(写真a2)。他の製品では、ファスナーを閉めなければフタがヒラヒラと開いてしまうか、逆にフタが深すぎて開けづらいモノが多い。「ファスナー全開でパコパコとカメラを出し入れする」のが、フィールドでの私の撮影スタイルである。

2本目のレンズを収納できない、レインカバーがついていない、ハードケースほど衝撃に強くないなど弱点を挙げればキリがない。それを補って余りある速写性と軽快さ。当面は手放せそうにない。【h

↑インデックスへ
TNFクライマーズカメラバッグの内部
(a2)

home


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 愛用品紹介 > アウトドア用品 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.