私自身が便利に使っているアウトドア用品を、写真付きで紹介。アウトドア専用品にこだわらず、一般家庭用の道具も紹介してます。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 愛用品紹介 > アウトドア用品 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 アウトドア用品(2006年〜2010選定)
「基本持ち物リスト」はココをクリック  
 
リコー GRデジタル3
(m1)
RICOH GR DIGITAL III
 (リコー GRデジタル3)
 

2010年5月に満を持して購入したコンデジ「リコーGRデジタルIII(写真m1)」。

単焦点(28mm)であること、サイズが大きめであること、防滴仕様ではないことを理由に、長年憧れつつも購入に踏み切ることができなかったカメラ。

2009年秋にオプティオW80を入手したことで、「渓流海辺などハードな場面」「望遠をどうしても必要とする状況」で専用に使えるカメラ環境が整った。それにより、“普段使いのカメラ”はさほど「大きさ」や「防水」にこだわる必要がなくなった。私の場合、近づいて子供を撮ることが多いので、日常的には「ズーム(望遠)」も必須機能ではない。

カメラ素人の私が腕前を勘違いするほど、GRD3はとにかくよく写る。どうでもいいモノを適当に写しても、何となく絵になるカメラだ。奥行きと深みのある画像。肌や素材の手触りまで描写できる。明るいレンズなので、かなり暗い場面でもフラッシュなしで撮影可能。F1.9のレンズは、シャッタースピードやISO感度で自由がきく。メリットはでかい。

フルオートでもしっかり写るが、カメラに詳しい人であれば、絞りやシャッタースピードなどを設定し、さらに高いレベルを追求できる。その割に、ボタンやダイヤルなどの操作系はシンプル(写真m2)。

GRD3の購入を検討していた時期、私の中の選択肢は実は1つではなかった。
・PENTAX K-7
「一眼レフ」かつ「防滴」には惹かれたが、「大きさ」と「価格」でアウト。
・Canon Power Shot S90
「レンズの明るさ(F2.0広角端)」かつ「ズーム」にとても魅力を感じた。最後まで迷ったが、「F1.9」と持ったときのしっくり感でGRD3に軍配。
・OLYMPUS PEN
「一眼」かつ「小型」にクラッときたけれど、「内蔵フラッシュなし」がネックとなり選考から外れた。フラッシュ付きの「PEN lite」は、ボディの質感が安っぽくて問題外。

アクセサリーはリコー純正の別売りネックストラップ(GS-1)を使っている。「横2点吊り」にしたかったので、附属のハンドストラップは使用せず。

ケースは、速写できるULYSSES(ユリシーズ)のボディスーツ(写真m3)をネット通販で手に入れた。革製でフィット感が良く、手にも馴染むので、気に入っている。

私のように、この手のカメラが初めての人なら
RICOH GR DIGITAL IIIパーフェクトガイド (SOFTBANK MOOK,ISBN:9784797353327)
という本が大変参考になる。露出モードの設定など、わかりやすく解説されている。

↑インデックスへ







 
ricoh GR DIGITAL3 背面
(m2)




リコー GRDV ULYSSESボディースーツ
(m3)
 
ペンタックス optio w80
(l1)
PENTAX OPTIO W80
 (ペンタックス オプティオ W80)

2009年9月に購入。今まで使用していた「Optio WP」の使用開始から4年が経過し、基本性能がかなり上がったのでW80の購入に踏み切った(写真l1・l2)。

            WP    →   W80
画素数       500万        1210万
光学ズーム     3倍           5倍
広角域     38mm相当      28mm相当
画像モニタ  2型8.5万ドット   2.5型23万ドット
動画サイズ   320×240     1280×720
動画記録方式  MOV          AVI
防水性能      1.5m           5m
顔認識機能    なし          あり 

上記だけでも買い換える価値有りだが、その他にも「釣り写真撮影」に好都合な機能が追加、改良されているので紹介する。

最高感度 ISO400 → ISO6400】
朝まづめなど、かなり暗い場所でも明るく撮れる。ただしISO800以上ではかなりザラ付きのある画像になるので注意が必要。釣果の記録には充分。

電子式手ぶれ補正 なし → あり】
動く魚の撮影はどうしてもブレが多くなる。光学式手ぶれ補正でないのは残念だが、ペンタックスの電子式はなかなか効果的(ストロボ撮影時には使えない)。今後は「光学式」付きモデルの登場に期待したい。

オートマクロ なし → あり】
撮影対象との距離が60cmより近くなると、自動的にマクロモードになる。前WPでは魚を撮影時片手でマクロに切り替えていたので、これは非常に便利。ただし10cmよりもさらに近づくには、手動で「1cmマクロ」に切り替えなければならない。

AF補助光 なし → あり】
暗がりで写すときに素早くピントが合う。夜の撮影が多いキャンプには好都合だ。

連続撮影・高速連写 なし → あり】
じっとしていない子供や魚などを写すときに、「数打ちゃ当たる」で高速連写。ベストショットを残して不必要な画像を消去できるのが、デジカメの強みだ。

防塵・耐衝撃性能 なし → あり】
防水だけがウリだったWPが、W80では防塵・耐衝撃性能を備えて、よりタフになった。遡行時や撮影時、たまに岩にぶつけてしまう私にとって嬉しい改良点だ。(ちなみに、前WPはあちこちぶつけて傷だらけだが、故障することはなかった)

耐寒構造 なし → あり】
マイナス10℃までの耐寒構造は、ワカサギ釣りで安心して使用できる。とはいえ、低温時のバッテリー性能低下は避けられない。衣服の中で暖めながら使用する必要がある。

動画マクロ マニュアル → AF】
動画撮影前にAFでピントが合わせられるようになった(注:動画撮影中AFは機能しない)。動画マクロ撮影時に、マニュアルモードに切り替えて手動でピントを合わせる必要がなくなった。

重さが135gから150gになり、サイズが一回り大きくなったことは残念だが、総合的には“釣行記録カメラ”として格段に使いやすくなった。【h

↑インデックスへ
 
ペンタックス optio w80、背面
(l2)















































折りたたみ式テーブル
(k1)
折りたたみ式テーブル 

1999年頃に購入したフォールディングテーブル(写真k1)。アウトドアショップで買ったがメーカーは不明。

荷物の重さや大きさをさほど気にせずにすむオートキャンプでは、アウトドア専用の使いづらい料理用具に固執する必要がない。家庭で普段使っている食器道具を持ち込んだ方が、手際よく調理ができる場合が多い。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

しかし食卓となると話は別。折りたたみ式の専用品でなければでも運搬不能だ。(脚がたためる「ちゃぶ台」ならキャンプでも問題なく使える。実際テント内で使用し、とても重宝した)

アルミ製の脚を広げて、その上にロールされた木製天板を広げるだけ。設置には力がいらないし時間もかからない。折りたたんで(写真k2)肩掛け袋に入れれば、子供でも運ぶことができる。

ウィークポイントは軽すぎること。強風下での使用は難しい。身体を引っかけるとグラッとくるので、倒れやすい物を置くときには注意が必要。天板は無塗装の質感が気に入っているが、さすがに汚れが目立ってきた。これはテーブルクロスで解決(というか、ごまかせる)。【h

↑インデックスへ
 
テーブルを折りたたんだところ
(k2)
木製の皿
(j)
木製の皿

2001年頃から愛用する木でできた皿。

アウトドア専用品ではなく、どこかのホームセンターで購入した安物である。直径25cm、厚みは1cmほど。カレーはもちろんドンブリもの麺類、バーベキュー、パン&サラダ等、何にでもしっくりくる。

 ・大きいので主食・主菜・副菜、全てが一皿に
  収まり、準備や片付けがラク。
 ・陶器より割れにくい。
 ・樹脂製より、洗った後の油のヌメヌメ感がない。
 ・金属製より熱くなりにくく、持ちやすい。
 ・紙皿より丈夫で、繰り返し使える。

ラフに扱える点が最大のメリット。大きさはオートキャンプならさほど気にならない。

食器はやや重い方が、手の中で安定する。プラスチック製やアルミ製の器も持っているが、質感で優る木製の登場回数が圧倒的に多い。普段の食卓でも使用している。【h

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

↑インデックスへ

夏用シュラフ ISUKA アルファライト
(i1)
夏用シュラフ「ISUKA アルファライト」

2002年の道北自転車ツーリングの際に購入。

自転車(やバイク)で移動をしてキャンプをする場合には、積荷の容量を極力減らすことが重要。最もかさばる「テントとシュラフ」をコンパクトなものにするだけで、荷物はぐんと減る。

ISUKAはシュラフ(スリーピングバッグ)の専門メーカー。アルファライトは軽量モデルで、私が使用しているのはその中でも最も軽い「ウルトラライト」というタイプだ。スタッフバックに収納すると、片手でつかめる太さになる(写真i1)。

広げたとき(写真i2)はシュラフカバーのように薄くてちょっと不安になるが、夏のオートキャンプはもちろん、低山キャンプ程度なら何とか耐えられる保温力がある。

ただ、北海道は夏でも明け方はかなり冷え込むので、フリース等を着込んで寝たほうが良いと思う。【h

▼追記 2012.12▼
現在は、「イスカ ウルトラライト グリーン」というモデルが販売されている。全体の形や開閉の仕方が改良されたようだ。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ
夏用シュラフ ISUKA アルファライト
(i2)


ライトエスパース、ヘリテイジ
(h1)
4〜5人用テント「ライト エスパース」

90年代に秀岳荘で購入。私のアウトドア道具の中で、最も古い愛用品の一つ。

ここ数年は一人でキャンプをすることが多くなり、活躍の場をソロテントに奪われていた。2007年夏、初めて子供たちと庭でテント泊をした際、久しぶりに登場したエスパース(写真h1)。

内側には煙臭いにおいが染み付いて、道北道東の懐かしい記憶がよみがえる。かなりハードな扱いにもかかわらず、丈夫で長持ち。当時4万円近くしたこの「携帯別荘」は、元を取って余りある。

構造はいたってシンプル。ポール(2010年に一部交換)は2本で、組み立てはとても簡単。慣れれば一人でも何とか設置出来る。フライとペグが付属する。

収納袋のラベルには「4〜5人用」と記載されているが(写真h2)、荷物を中に入れると実質2〜3人用である。

弱点は、真夏は耐え難い暑さになること。

もともと山岳用スリーシーズンテントなので、保温性や耐久性を重視して設計されている。平地や海辺のファミリーキャンプなどは想定からやや外れているのだと思う。強雨、強風にはめっぽう強いが、風通しはいまいち。入口の防虫ネットは家庭の網戸より目が細かく、通気性能は劣る。

収納袋に入れるとそれなりに小さく収まる(写真h3)。重さは3〜4kgほど。車移動なら充分にコンパクトと言えるのでは。【h

▼追記 2007.10▼
現在は、 「スーパーライト・エスパース 4〜5人用〈フライシート付〉 」にモデルチェンジ。サイズは他にも1〜2人用、2〜3人用、6〜7人用がある。実質の広さは「マイナス1〜2人」と考えたほうがよさそう。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ
ライトエスパース、ラベル
(h2)
ライトエスパース、収納袋
(h3)

crocsケイマン
(f)
サンダル「クロックス ケイマン

2006年に購入。即、愛用品の仲間入りをしたクロックスのサンダル(写真f)。

厚いシェルを使用し、サンダルにもかかわらず足を保護されているという安心感がある。ゴムというよりスポンジに近い素材。しかも通気の穴があいていて驚くほど軽い。クッション性もバッチリ。

そして、かかとのベルトが秀逸である。

サンダルでしっかり歩くにはベルトが必須だが、そのせいで「サッと履ける手軽さ」が失われていた。

ケイマンではそれが両立可能。ベルトが甲側にはね上げられる。写真g左がかかと有り、右が跳ね上げた状態。テント出入り用に「かかと無し」を別途持参する必要がなくなった。

売れ筋商品でなかなか手に入らず、ネットでようやく入手した。最近エスカレータでの事故が取り上げられたので、品薄は解消されるかも。どんな道具でも、正しく使用しないと危険は伴う。

類似品が数多く出回っている。私は「クロックス」にこだわった。使い勝手が同じなら別メーカーので充分だと思う。

難点は、砂が足裏に入るとなかなか出て行かないこと。おわん型のフットベッドとつま先のシェルでゴミが落ちにくく、いつまでもちくちく悩まされる。おやじサンダルなら「つま先トントン」でOKなのに。【h

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」

↑インデックスへ
クロックスケイマン
(g)







蛍光灯ランタン ナショナルBF-129
(e)
蛍光灯ランタン 「ナショナルBF-129」

モノとしての魅力」や「雰囲気(趣・テイスト)」は、趣味性が高いガソリンやガスのランタンにはとてもかなわない。それ以外の利点で勝負するしかない。

 ・スイッチポンですばやい点灯。
 ・火を使わず倒れても安全。
 ・マントルを使用しないので、扱いが簡単。
 ・ガラスのホヤが無く、樹脂製で割れにくい。
 ・雨でも使用可能な防滴仕様。
 ・コンビニで手に入る電池式。
 ・メンテナンスフリー。

テント内で気軽に使える。子連れキャンプでも設置場所に困らないし、幼児に持たせることだってできる。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

蛍光管(6Wツイン)はかなり長寿命。購入後7〜8年経つが、まだ交換したことはない。単1乾電池4個使用。

雨夜のテント設営・撤収時に点灯すれば、ヘッドランプだけより遥かにはかどる。

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ

私はEPIのガスランタンも持っているが、最近活躍するのは蛍光灯ランタンばかり。【h

▼追記 2007.9▼
上記モデルは、現在生産されていない。単1電池8個使用の
ナショナル 13W蛍光灯ランタン BF-126
という製品がある。かなり明るいのでは。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ
(d)
ブルーシート

 ・テントの下に敷いて、地面からの湿気を防ぐ
 ・テントの上にかけて、フライ代わりにする。
 ・木などに設置して、タープ代わりにする。
 ・車の荷室に敷いて、濡れや汚れを防ぐ
 ・車中泊時、窓の内側にあてて暗幕代わり。
 ・公園などで、敷物として使用する。
 ・雨のサイクリングで、荷物にかける。
 ・自転車カバーとして使用する。
 ・身体に巻いて、雨よけ、風よけ、防寒。

等々…用途は無限。安価で丈夫。ホームセンターなどで簡単に手に入る。ハイコストパフォーマンスなアウトドアの必須アイテムである。

四隅の「ハトメ」が便利。細引き(アウトドア用ロープ)とペグをセットにして、車に常備しておこう。【h

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ
関連コンテンツ「アウトドア時短グッズ」へ

↑インデックスへ
ウルトラポッドT
(c1)
カメラ三脚 「PEDCO ウルトラポッド1

釣りやキャンプの必需品。デジカメとセットで常に携帯している超小型三脚(写真c1)。私は2つ持っている。USAのPEDCO社製。

樹脂製で全長13cm、46gと軽量。フィッシングベストのポケットに入れてもかさばらない。

1人で釣りに行くことがほとんどなので、魚とのツーショットを撮影するときに使用する。ソロキャンプや、荷物を減らしたいトレッキング等にも便利。

その他の渓流釣りの持ち物について

付属のベルクロ(マジックテープ・写真c2)を使用すれば、木の枝などに固定できるので、三脚が設置できないような場所でも撮影可能。自転車のハンドルやストックなど、固定場所はアイデア次第。撮影の幅が広がる。

ビデオカメラにも使えそうだが、三脚自体が軽いので、あまり重たい機材だとバランスを失う可能性がある。

ウルトラポッドシリーズには他に、サイズが大きめの「ウルトラポッド2(23cm・120g)」ウルトラポッドデジタル(23cm・120g)」、開脚時にやや低めの「ウルトラポッドデジタルミニ(13cm・48g)」がある。大きいカメラやビデオカメラなら、「2」を使用するほうが良いのでは。【h

↑インデックスへ
ウルトラポッドT
(c2)
釣りベスト
(b)
フィッシングベスト

1999年頃に購入した、愛用のフィッシングベスト(写真b)。アウトドアショップ「WILD-1」のオリジナルモデルと思われる。札幌にあったショップは既になくなってしまったが。

生地の部分が少なく、用具を入れるポケットとそれらをつなぐベルトで構成されている。背中にある大きなポケットはメッシュになっている。ベストと言うよりツールバッグ、「着る」と言うより「背負う」という感じ。

このベスト以前は、ナイロン生地でできた釣り具メーカーの製品を使用していた。よく見かけるタイプだったが、思ったほど道具が入らず、夏場は風通しが悪かった。

このベストを選んだ決め手は、「小物を入れるポケットがたくさんあること」「蒸れにくいこと」「着脱が簡単なこと」。

夏場はTシャツの上に着れば蒸れないし、春や秋ならフィッシングジャケットの上に着ることができる。フロントはアタッチメントで「カチッ」ととめるだけ。できるだけ軽量にしたいので、元々付いていた「肩当て」などははずして使用している。今のところ不満に感じる点はない。

その他の渓流釣りの持ち物について

h

↑インデックスへ
タイガー ステンレスミニボトル サハラマグ
(a)
タイガーステンレスミニボトル サハラマグ

釣りキャンプドライブに、あらゆる場面で使用している愛用品。小型ステンレスボトル、昔でいう魔法瓶である(写真a)。我が家には2つある。

愛用の理由はその大きさ。350ml缶を一回り大きくしたサイズで、小さなバッグに楽に収まる。の缶ホルダーにもぴったり。

広口タイプなので、ふたを開けるとそのまま口を付けて飲むことができる。コーヒーのドリッパーも直接使用可能。

キャンプで、レトルト食品などを温めたお湯を捨てずに入れておけば、ガスと時間の節約になる。

関連コンテンツ「アウトドア時短グッズ」へ

弱点その1は、その大きさゆえ飲み物が350mlしか入らないこと。ドライブや弁当を食べるとき、ジュース1本で足りることを考えれば、そんなに少ない容量ではないと思う。

弱点その2は、熱い物を入れて寒い屋外に持ち出すと、フタがなかなか開かなくなること。冬はフタをゆるめに閉めるようにしている。フタに滑り止めのギザギザがあれば、解決しそうな問題だが。【h

▼追記 2010.2▼
上記モデルは、現在生産されていない。
最近我が家では、容量が200mlでさらに小さい
サハラマグ MMP-A020K
を、色違いで2つ購入した。持ち運びがさらに便利だし、慣れれば200mlで充分。350ml用がバカでかく感じる。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ



さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 愛用品紹介 > アウトドア用品 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.