私自身が便利に使っているアウトドア用品を、写真付きで紹介。アウトドア専用品にこだわらず、一般家庭用の道具も紹介してます。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 愛用品紹介 > アウトドア用品 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 アウトドア用品(2001年〜2005年選定)
「基本持ち物リスト」はこのページの一番下  
PENTAX Optio WP
(r)
PENTAX Optio WP
(ペンタックス オプティオ WP)

2005年に購入。1.5mの水中撮影が可能な、500万画素デジカメ「PENTAX Optio WP」(写真r左)。重さ135g、大きさ102×51×22mm。カメラ付き携帯くらいの大きさである。

今まで使っていたキャノンIXYのハウジング(写真r右)と並べると、比較にならないくらい小さい。釣行時には理想のサイズだ。ようやく「弁当箱」から解放される

その他の渓流釣りの持ち物について

静止画は、屋内撮影では暗めでザラついた画像になる。動画も(屋内では)やたらと暗い。マイクの感度も物足りない。ボディの質感は、樹脂製の部分が多くてイマイチ。液晶画面は大きめの2型TFTだが、8.5万画素で画質は良くない。

そんな数々の弱点を差し引いても、防水でこの大きさは魅力的だ。

静止画は最短1cmでマクロ撮影が可能。接写時のピントは、スピーディにスパッと決まる。跳ね回る魚を短時間で撮影するには、好都合である。しかも防水仕様なので、水しぶきがかかるような思い切った位置で撮影ができる。

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ

もちろん動画撮影も可。試しに水中で動画を撮ってみた。撮影後「mov→mpg→asf」変換したので、画質は劣化している。asfのデータサイズは、オリジナルmovの約1/6。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.60 動画清流、平田内川(水中)
          (329kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

残念ながら、動画マクロはパンフォーカスのままではピントが合わない。マニュアルモードに切り替えて、手動でピントを合わせる必要がある。慣れるまでにえらく時間がかかった。【h

↑インデックスへ
(q1)
モンベル(montbell) カーシートカバー

釣行後、ウェーダーをはいたままでも、車のシートを濡らさず運転ができるシートカバー。川から川へハシゴするときに便利。

ウェーダーはおろか、汚れたランディングネットフィッシングベストに付けたまま、シートにもたれることができる。近くのポイントなら、竿を置くだけで即移動可。

釣り以外にも便利に使える。

キャンプで雨に降られたときに、濡れたレインウェアのまま車に乗り込むことができる。海水浴の直後、海パンのまま運転できる。私はキャンプの時、シートに付けっぱなしにしている。「濡れても気にならない道具」の一つである。

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ

写真q1の「ダブル」仕様は、裏側のメッシュがポケットになっていて、濡れたウェア等を入れて運ぶことができる。が、私は一度もメッシュポケットを使用したことはない。「シングル」で充分だと思う。

弱点は、夏に汗がモモの裏にたまって、カバーがはり付くこと。背中が蒸れるような感じがすること。【h

↑インデックスへ
(q2)
アイマスクと耳栓
(p)
アイマスク
■耳栓(イヤーウィスパー サイレンシア)


「耳せん」「アイマスク」「テンピュール枕」「サーマレストエアマット」 が、私のキャンプ安眠4点セット。熟睡できる環境を整えるために必要な道具である。

快適なキャンプに欠かせないのは、何よりも「安眠」だ。「照明が明るすぎるキャンプ場」や「周辺がうるさいキャンプ場」では熟睡できない。

アイマスクがあると、電灯下のサイトでもしっかり寝ることができる。朝ゆっくり寝ていたい場合にも重宝する。

写真pのアイマスクは、一般の旅行用品コーナーで売っているもの。素材等、自分に合うものを使用すればよい。

アイマスクの使用感で差が出るのは、顔に固定するゴムヒモの部分である。「耳にかけるタイプ」と「頭にかけるタイプ」の2種類がある。私は頭にかけるタイプを使っている。耳にかけるものは、起きたとき耳の後ろが痛くなることがあった。

耳栓があると、サイトの周りがうるさい時や、テントにあたる雨音が気になるときに、熟睡できる。

耳栓は、ドラッグストアで売られているイヤーウィスパー等のポリウレタン性がよい。。写真pは「イアーウイスパー・サイレンシア (日本シイベルヘグナー)」。

この手の耳栓はケースが付属しているので、必ずそれに入れて保管しよう。濡れると反発力がなくなり、性能が落ちる。汚れて古くなったものも、すぐ交換した方が良い。

アイマスクも耳栓も、最近は100円ショップでもそれなりのものが手に入る。100均で安い物を買って、頻繁に新調する方が快適かもしれない。【h

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ
このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」

↑インデックスへ 
ロゴス エア・ウェイト ツーリングドーム
(o1)
■ロゴス エアウェイト ツーリングドーム

2002年の道北ツーリングの直前に購入したソロテント(写真o1)。テントを1人用にすることで、サイクリング時の荷物の小型軽量化ができた。

関連コンテンツ「安楽サイクリング入門」へ

現在は生産されていないモデルのようだ。当時、たしか15,000円前後。他の製品に比べて割安だったことが、購入の決め手になった。

妻とキャンプに行っていた頃は、4人用のドームテントを使用していた。だから、1人用テントは「狭くて居心地が悪いのでは…」と心配していた。

しかし、その点は全く問題なし。立ち上がることは当然できないが、背筋を伸ばして座れる高さがあるし、ゆったり寝られる床面積もある。(大柄な人はどうでしょうね。私には分かりません…)

値段の割に、収納時は結構小さくなる(写真o2)。ポールを袋の外に出すと、写真o2のサイズの3分の2に圧縮できる。

ツーリングはもちろん、オートキャンプでも車の荷室で余計な場所をとらないので便利。おまけに設営は簡単5分。2004年の知床半島のソロキャンプで使用した。テン場への持ち込みが軽くて楽だった。

関連コンテンツ「アウトドア時短グッズ」へ

弱点は、室内にロープ類をしばる所がないこと。濡れた衣類が乾かせなくてちょっと困った。新製品ではきっと改良されているのでは…。【h

▼追記 2010.2▼
現在は、 「ロゴス(LOGOS) クイックツーリングドーム200」というモデルが発売されている。ネーミングからして設営が素早くできそうであるが、果たして?
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ
ロゴス エア・ウェイト ツーリングドーム 収納時
(o2)
WP-DC800
(n1)
■キャノンCANON
IXY DIGTAL400用ウォータープルーフケース(WP-DC800)

2004年に購入。40m防水(JIS保護等級8水中型準拠)で、スキューバダイビングにも使えるウォータープルーフケース。

大げさな外観だが、ケースに入れたままほとんどのボタンの操作ができてしまうのは驚き(写真n2)。操作感もしっかりしていて、きちんと作られているなという感じ。

もちろん、ズームの操作も静止画と動画の切り替えも、ケースに入れたまま可能。三脚に取り付けることもできる。

釣りでの使用だけなら、40m防水は必要がないけれど、「ちょっとやそっとでは濡れない」という十分な安心感はある。それに水中写真や水中動画を撮ることができる。澄んだ水であれば、渓流魚の魚影もよく写る。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.27 動画水中はオショロコマ楽園
          (322kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

その他の渓流釣りの持ち物について

弱点は、小さい「IXY DIGITAL 400」に装着すると、たちまち大きくて重たい弁当箱になってしまうこと。以前に使用していた名機「デジタル現場監督」と、ほぼ同じ重さ・大きさになってしまう。結果、ごついストラップで首からさげるスタイルになる。

弱点その2は、ファインダーでの撮影ができないこと。終始、液晶モニターでの撮影になるので、バッテリーの持ちが当然短くなる。

弱点その3は、ケースに入れることによって、ストロボ光が暗くなること。マイクの感度が悪くなること。

そして最大の弱点は、2万円弱という値段。デジカメ買えるじゃん…。【h

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ

↑インデックスへ
WP-DC800の裏側
(n2)






















モンベルリバーシブルバードビルキャップ
(m)
モンベル(mont-bell)
リバーシブルバードビルキャップ

携帯にとても便利なキャップ。私は色違いで3つ持っている。

ツバの部分に堅い芯が入っていないので、全体が柔らかい。クシャクシャに丸めて、釣りベストのポケットに入る。サイクリングで使用しても、風で飛ばされにくい。

ナイロン製なので洗濯してもすぐ乾く。大きさはフリーサイズ(54〜60cm)。後ろのドローコードで調節できる。

弱点は、撥水加工されているため、布製にもかかわらず汗を吸いにくいこと。そして、ぴちぴちにフィットするので、脱いだ時に前髪がペッタリして、ちょいとカッコわるいこと。【h

↑インデックスへ
スペシャライズドサドルBGコンフォート
(l1)
スペシャライズド
サドル BG コンフォート -メンズ-


2002年の道北ツーリングの時に購入したサドル。
私は年に数回しかサイクリングをしないので、サドルに慣れるまでに時間がかかる。やっと慣れても、次のシーズンは元に戻っていたりして、常に尻痛には悩まされてきた。

お尻が2つに割れたサドルを、以前から試してみたいと思っていた。自分の体に合うとは限らないので、店頭に並んでいた物の中で一番安価な物を選んだ。¥4,000前後。

最初は、その太くて不格好な形に抵抗を感じたが、「快適ならいいや」と割り切って使用した。「楽なのが一番」という選び方に、我ながら年齢を感じる。

使用感はverygood!痛みが全くなくなることはないけれど、グンと和らぐ。長距離のサイクリングなら、浅く座ったり深く座ったりすることで、同じ部位の擦れをぐことができる。尻痛に悩む諸氏は、お試しあれ。【h

関連コンテンツ「安楽サイクリング入門」へ

↑インデックスへ 
スペシャライズドサドルBGコンフォート
(l2)
CATEYEサイクルコンピュータ CORDLESS2 cc-cl200
(k)
■キャットアイ
サイクルコンピューターCC-CL200N
コードレス


自転車のハンドルに付ける電子メーター。たしか2000年頃に購入。
走行距離、走行時間、走行速度、平均速度、最高速度、積算距離を測定・算出・表示する。時計機能も備わっている。当然、防滴仕様

写真kはワイヤレスのモデルなので、センサーとコンピュータをつなぐコードがない。よって、取り付けは至って簡単。

サイクルコンピュータがあると、サイクリング中に自分の現在地やスピードをリアルタイムで知ることができる。だから、先の見通しが立てやすくなり、計画的に走ることができる。疲れている時に無理をすることも少なくなるし、見ていて楽しいので精神的にも楽になる。

弱点は、タイヤに付けたマグネットやセンサーがずれると、正確に計測できなること。特に長距離のサイクリングで、表示される数値が「なんか変だな…?」と感じたら、ほとんどはセンサーのトラブルである。スポークに付けたマグネットの位置や、フロントホークに付けたセンサーの角度を、時折点検する必要がある。ダート走行の後などは要チェック。

なお、この手の物は、自転車からはずされ、盗まれ安い。自転車から離れる時は、アタッチメントからはずして持ち歩くように心がけよう。【h

▼追記 2010.2▼
現在は、
キャットアイ CC-MC100W サイクルコンピュータ マイクロワイヤレス
というモデルが発売されている。
▲追記ここまで▲

関連コンテンツ「安楽サイクリング入門」へ

↑インデックスへ 
シマノ天平 ダイワ雪渓 リョービ渓心竿
(j1)
■シマノ αズーム「天平」DX ZR 硬調44
■ダイワ HS「雪渓」硬調36MK
■リョービ AJ(アジャスター)「渓心竿」硬調26

愛用の渓流竿。3本とも、いわゆる「ズーム竿」である。
 ・天平3.5〜4.0〜4.4m
 ・雪渓2.8〜3.2〜3.6m
 ・渓心竿1.8〜2.2〜2.6m
河川に入釣した後に、「意外に川幅があったなぁ」とか、「木が茂って長い竿だとふれないぞ」ということに気付くことはないだろうか。私はよく経験する。ズーム竿ならこのような状況にある程度対応できるので、とても重宝している。竿を何種も携帯する手間も、竿を替えに車に戻る必要も無くなった。

関連コンテンツ「アウトドア時短グッズ」へ

一番よく使うのは「雪渓36」。この竿だけで、ほとんどの川をカバーできると思う。バランスが良くアタリに敏感で、アワセもピシッと決まる。長めの「天平44」は、私の腕前だとアワセが遅れる事がある(特に4.4mで使用時)。

ズーム竿(マルチレングス)の仕掛けを作るときに迷うのは「竿のどの長さに合わせて、道糸の長さを決めるか」ということだ。私は「中間」の長さに合わせて、仕掛けを作っている。

その他の渓流釣りの持ち物について

h

▼追記 2010.2▼
現在は、
シマノ(SHIMANO) 天平ZZ 硬中硬 53
ダイワ(Daiwa) 雪渓 硬調36MV
というモデルが発売されている。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ 
シマノ天平
(j2)
SCOTT ATACAMA
(i1)
■スコット ATACAMA

宗谷岬に行った愛チャリ。90年代前半に、気に入っていたマウンテンバイクを盗まれ、その直後に購入。輸入物で、当時本体が14万円だった。

そのころは珍しかった「クロスバイク」というカテゴリーの自転車。「マウンテンバイク」と「ロードレーサー」の中間に位置している。

SCOTTのウェブサイトを見ると、2003年現在「アタカマ」はトレッキングといカテゴリーに分類され、ラインナップは6種類に増えている。価格設定も幅広くなり、クロスバイクが世の中にかなり認知されてきたことを伺わせる。

先代マウンテンバイクで函館にサイクリングに行ったときは、そのごつごつしたタイヤの路面抵抗で、余計な体力を消耗した。ダートや山道を好んで走るわけではないので、700cのスリックタイヤの方が良いと判断し、購入に踏み切った。

細身のタイヤのおかげで、路面抵抗はかなり軽くなった。クロスバイク用のシマノ製700cxというコンポ−ネントを使っている。

ハンドルのバーエンドがクワガタ虫のように曲がっている。握る位置によって上半身のポジションを変えやすい。長距離にはもってこい。肩こりも減った。
 
フレームは反射シールだらけサドルペダルも交換して、かなり年季が入ってきている。

弱点は、塗装が弱いこと。ちょっとしたことですぐにキズになり、購入したての頃はヒヤヒヤしながら走っていた。今はまったく気にしていない。キズは自動車用のタッチアップペンで一塗り。まだら模様は勲章である。【h

関連コンテンツ「安楽サイクリング入門」へ

↑インデックスへ  
SCOTT ATACAMA
(i2)
KENWOODデミトス11
(h)
■ケンウッド デミトス11 (マイク付きイヤホン)

主に渓流釣りの時に使用するトランシーバー。小型なので釣りベストにすっぽり収まる。90年代後半に購入。

1人でポイントを狙う渓流釣りでは、離れた同行者と連絡を取るために、トランシーバーは必需品である。

川の流れる音で、スピーカーの音は聞き取りにくい。イヤホンは必需品。えりにクリップで装着できるマイクも便利だ。

デミトスは、防滴仕様だが防水ではないので注意。以前に一度水没させたことがあり、スピーカーがやや調子悪い。

その他の渓流釣りの持ち物について
関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

h
▼追記 2010.2▼
現在は、
ケンウッド 周波数20ch対応特定小電力トランシーバー UBZ-LK20B
というモデルが発売されている。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ 
ザノースフェースマウンテンレインテックス
(g)
■ザ・ノースフェイス マウンテンレインテックス

キャンプではフルタイムで働いているTNFのレインウェア。パンツと上下セットである。90年代前半に購入。魚や煙の臭いが少々気になるが、こいつ無しのアウトドア生活は考えられない。

雨具・防寒着・釣り着として一日中着ることになるので、汚れが目立たない色を選んだ。値は張るがゴアテックスがベスト。火の粉には要注意。【h

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ

▼追記 2010.2▼
現在は、
THE NORTH FACE レインテックスフライト
というモデルが発売されている。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ   
スバルレガシィTX-S
(f)
■スバル レガシィTX-S

一年中酷使している愛車レガシィ。96年型。

特に渓流釣りでは細い山道を走るため、ボディーの側面は小枝のスリ傷だらけである。このレベルになると、車に気をつかわずに(?)アウトドアを楽しめる。

写真fは、2001年夏の道東キャンプのときの荷室。小テーブル等を利用し工夫して載せているつもりだが、それでも7泊のキャンプだと満杯状態になってしまう。カヤック(ダッキー)もこの中に有り。自転車はキャリアを使用しルーフに。【h

▼追記 2006.9▼
総走行距離「123456km」突破。レガシィ君は、まだまだ走り続ける。
▲追記ここまで▲

↑インデックスへ 
グラブナーホリデーM
(e1)
■グラブナー ホリデーM

1998年に購入した、空気でふくらませるタイプのインフレータブルカヌー(正式にはカヤックかも知れない。いわゆるダッキー)。
 
実をいうと、年に1,2回しか使用しないので、愛用品と言って良いものかどうか迷った。最近は、釧路川のリバーツーリングでのみ使用。そのときの快感度の高さを考えると、どうしても愛用品から外せなかった。

長所は、折り畳むと大きめのリュックに収まる大きさになり(写真e2)、車のトランクに積むことができること。これは、短所を補ってあまりあると思う。オフシーズンの置き場所にも悩むことがない。カヌー自体に浮力があるので、初級者の我々にとっては、沈したときの不安が少ないのも良い。

短所は、空気でふくらませるので乗り込む部分の容積がせまい。ふわふわしていて、やや安定性と直進性に欠ける気がすること。操作がまだ下手なので、岸などにつっこんだとき「パンクする心配は?」と、多少不安なこと。購入した秀岳荘の店員さんには、「滅多に壊れないですよ」と言われたが。【h

▼追記 2010.2▼
(現在「グラブナー ホリデーM」は廃番になったのか、店頭に見当たりません。「グラブナー ホリデー2」あたりが、後継モデルになるのでしょうか?
▲追記ここまで▲

関連コンテンツ「アウトドア時短グッズ」へ

↑インデックスへ 
グラブナーホリデーM
(e2)






ユニフレームマルチロースター
(d1)
ユニフレーム(UNIFLAME)
fanマルチロースター


パンをトーストするのに使っているアウトドア専用ロースター。90年代後半に購入。

ガスストーブで焼き物をするのは意外と難しい。炭火ならこんがり焼けるのだが、朝パンを焼くのに炭をおこす人はいないだろう。

このロースターは、焼き網の下の金網で炎を受け遠赤化しているので、むら無く焼ける。焼き網の置き方を替えるだけで、 トーストを2枚焼ける山型と(写真d)、魚等を並べて焼ける平置きの2通りのセットが可能。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.264 動画キャンプの朝食にトースト
           (878kb.18秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ただし、焼け色が一気につくので、パンを焼くときには目が離せない。【h

関連コンテンツ「アウトドア時短グッズ」へ

↑インデックスへ  
マルチロースターでトースト
(d2)
コニカDG-1現場監督
(c)
■コニカ DG-1「デジタル現場監督」

1999年に買った愛用のデジカメ。
110万画素で、性能としてはかなり旧式だが、長所はその「防水性」と「頑丈さ」である。こいつの前に使っていたカシオの名機QV-10aを、3回目の水没(もちろん釣り)で修理不能にしたため、後継は防水性能が何よりも優先された。かなりいい加減に扱ってもびくともしない、頼りになる逸品だ。

2001年に200万画素のコダックのデジカメを購入し、その画質に当時驚いたが、釣りではこわくてとても使えなかった。

弱点は、その重さと大きさである。

その他の渓流釣りの持ち物について

▼追記 2005.1▼
現在私は、IXYデジタル400にオプションのウォータープルーフケースを装着して、防水仕様にしている。水中撮影ができる。【h
▲追記ここまで▲

▼追記 2005.10▼
現在は、PENTAX Optio WPを使用。水中撮影ができる。【h
▲追記ここまで▲

▼追記 2009.9▼
この秋に購入した「PENTAX Optio W80」は、Optio WPの使い勝手はほぼそのままで、基本性能が格段にアップ。防水性能はなんと5m!静止画も動画もマクロ撮影がしやすくなった。
▲追記ここまで▲

▼追記 2011.4▼
念願だったデジタル一眼レフカメラ「ペンタックスK-5」を手に入れた。キットのズームレンズは、簡易防滴の「DA18-135mmF3.5-5.6WR」。アウトドアに持ち出すのに最適な一眼と考え、満を持しての購入だ。
▲追記ここまで▲

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ

↑インデックスへ 








テンピュ―ルトラベルピロー
■サーマレスト エアマット

快適なキャンプに欠かせないのは、何よりも安眠だ。マナーの悪いキャンパーが夜中まで騒いでいると、翌日までぶちこわしになる。照明が明るすぎるキャンプ場も熟睡できず、個人的には好きではない。

私のキャンプ安眠4点セットは「耳せん」「アイマスク」「愛用枕」「エアマット」。熟睡できる環境を、ある程度自分で作ることができる。

そして、安眠のために意外と重要なのは、テントサイト選びだ。最も重視したいのは地面の「傾斜」である。微妙な傾斜がついているだけで、とても肩がこるし、寝返りを打つたびに体がテントのすみに寄ってしまう。

「テンピュール枕」(写真b1)は、今はかなり普及した低反発枕の携帯版である。東急ハンズで見つけた。付属の袋に入れると3分の1ほどの大きさになる。以前は、着ていない服をシュラフ(スリーピングバッグ)の袋に詰め込んで枕の替わりにしていたが、背中がこって眠るどころではなかった。

「サーマレストのエアマット」(写真b2)は、バルブを開ければかってに空気が入るコンパクトなマット。今やアウトドアの定番になりつつある。地表の凹凸をすべて吸収し、程良い弾力で体を支えてくれる。厚すぎない所が良い。ウレタンマットとは比べものにならない寝心地に、当初感動した。

余談だが、このエアマットはフェリー2等の長旅でも必需品である。【h

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

↑インデックスへ 
テンピュール枕
(b1)
サーマレストエアマット
(b2)
圧力鍋
(a)
■圧力鍋(家庭用)

我々は、車での移動を前提としたキャンプがほとんどなので、荷物の大きさや重さにはあまり神経質になる必要がない。それに、キャンプの中心は釣りだから、調理はある程度合理的に済ませたいと考えている。だから道具選びは、携帯性や雰囲気より「使い勝手」が優先されることが多い。

調理器具は、キャンプ用にも良いものはあるが、やはり本当に使いやすいのは家庭用に作られた物だと思う。それにキャンプ用は値が張る。ザルやボールなどは、妻の考えで、台所で普段使っているものをそのまま持って行っている。

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」

写真aの圧力鍋は、2001年にキャンプ道具の仲間入りをした。もちろん普段も使用している。長所は「短時間で調理できる」こと、「ガスの節約ができる」こと、「おいしくできる」ことポトフなどの煮込み料理が、待たずに柔らかくできる。米も15分でつやつやに炊ける

目指すものが違うと言われてしまえばそれまでだが、流行りのダッチオーブンより、まず圧力鍋を薦めたい。【h

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

↑インデックスへ 
【アウトドア持ち物リスト】

基本
 財布(現金)、免許証、携帯電話、腕時計、サングラス、防水デジカメ、電池、ラジオ、トランシーバー、双眼鏡
 タオル、 ファーストエイドセット(目薬、かゆみ止め等)、ポケットティッシュ、ライター、水筒、日焼け止め、保険証
 ガイドブック等、古新聞、ビニール袋、洗面用具、パック洗剤、携帯枕、風呂セット

衣類
 ゴム長靴雨具(レインテックス)、フリース上下、ジャージ上下、マウンテンパーカー、トレッキングシューズ
 替え下着、帽子、短パン、サンダル、皮手袋、バンダナ、ウィンドブレーカー

テントセット
 テント、銀マット、かなづち、細引き、防水スプレー、シュラフ(スリーピングバッグ)エアマット、洗濯ばさみ
 イス、テーブル、ヘッドランプ、トイレットペーパー、蛍光灯ランタン、タープ、ガムテープ、蚊取り線香セット
 虫除けスプレー、携帯枕耳栓アイマスク

調理用具セット
 包丁、まな板、お玉、フライパン返し、割り箸、竹串、コーヒーフィルター、フィルター受け、アルミホイル
 ラップ、キッチンペーパー、ビニール袋、スーパーの袋、ゴミ袋、アクリルたわし、わさび用おろし器   
 フォークスプーンセット、ボウル、ざる、EPIガス、ガスストーブ食器、鍋セット、ジップロック、クーラーボックス
 ガス用トースター(焼き網)圧力鍋
キャンプの基本食材セット
・調味料セット
 塩(多め)、粒こしょう、砂糖、しょうゆ、酒、小麦粉、パン粉、ひいたコーヒー豆、コンソメ数個
 だしみそ(パック入り)、乾燥ワカメ、ふりかけ、味塩こしょう、焼き肉のたれ、ドレッシング、マヨネーズ
 わさび
・持参する食材(その他は現地調達)
 米(1合ずつ袋詰め)、スパゲティー、スパゲティーソース、カレー粉、マスタード、インスタントみそ汁

炭火焼きセット
 着火用バーナーor着火材、木炭、炭焼きコンロ(ユニセラ)、金串、火ばさみ、金ブラシ、うちわ、消し炭缶

燻製セット
 スモーカーセット、燻製チップ、魚干し網、竹串、塩(多め)、ジップロック、サランラップ

釣り基本セット
 釣り用ベストグローブ、釣り用はさみ、釣り用ペンチ、針はずしナイフ、臭い消し剤、カーシートカバー
渓流釣りセット
 渓流さお(ズーム)、びく、ウェーダー、ランディングネット仕掛け(道糸、おもり、目印等)
 えさ(イタドリ虫イクラミミズ)
ルアー釣りセット
 ルアーロッド、リール、ルアー、ウェーダー、ランディングネット
投げ釣りセット(カレイ等)
 投げ竿、竿用の三脚、リール、おもり、仕掛け、えさ
浮き釣りセット(ホッケの浮き釣り)
 いそ竿、リール、浮き釣り仕掛け、竿用の三脚、フローティングベスト、こませバケツ、ひしゃく
 折り畳みバケツ、えさ(まきえ、くわせ)
ワカサギ釣りセット 
 ワカサギ竿仕掛け、えさ(サシ、アカムシ、まきえ)、氷すくいドリルワカサギテント、ストーブ
 運搬用そりイス手袋小バサミ防寒長靴、ホカロン、温かい食料、熱湯入りポット
 スキーウェア、ウェーダーウレタンマットエサ入れサオ立てクーラーボックス小
 まきえ用ひしゃく

 ≫関連コンテンツ「わかさぎ釣りグッズ」へ

カヌーセット
 カヌー(ダッキーカヤック)、ダッキー用空気入れ、防水バッグ、パドル、アンカー、フローティングベスト

サイクリングセット
 自転車、空気入れ、修理工具、グローブ、ボトル、オイル、自転車カギ、ウエストバッグかザック
 サイクルコンピュータ(メーター)

トレッキングセット
 山地図、コンパス、カウベル、笛、行動食、水筒


↑インデックスへ 

home


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 愛用品紹介 > アウトドア用品 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.