知床半島でキャンプ。羅臼側の河川を渓流釣りでハシゴ。熊の湯温泉と相泊温泉の話題。「北の国から」のロケ地番屋。エゾ鹿や食事処の話題等。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 知床半島キャンプ(2004年8月)
                                  ≫詳しい旅程はこのページの一番下に 
札幌 → 羅臼(知床国立公園羅臼温泉野営場) 
    → 札幌

                            ≫関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ












あぁ、羅臼は今日も雨だった
  …知床釣りキャンプ2004(1)
 

2004年8月10日〜13日。
2001年以来3年ぶりの道東キャンプに出発した。宿泊先に選んだのは、私が最も好きなキャンプ場「羅臼温泉野営場」。キャンプの主目的は「知床の川を釣り歩くこと」である(釣りの様子については淡水の釣り2004のページにまとめました)。

札幌から羅臼までは、車でゆっくり行って8時間。高速を利用して旭川経由で行った。私は2回ほど道を間違えてたが、それでも9時に出発して17時前には羅臼に着いた。

3泊4日のキャンプなので、無意味なキャンプ地の移動は避け、一番気に入っているキャンプ場に連泊する事にした。

夏休みまっただ中という事もあり、人気キャンプ場は満員御礼であった。利用客は、山梨・群馬・大阪・栃木…とにかく全国から集まっている。特に、関西弁の人が多かったように思う。

10日〜11日は、ライダーやチャリダーと思われるソロテントの花が咲いていた(写真a)。ほとんどのキャンパーが1泊のみで、翌日は風景ががらりと変わる。

13日になると(お盆に入るせいか)、ファミリーキャンパーが突然多くなる。4〜5人用テント&ばかでかいメッシュタープという「豪華フル装備」。設置してしまえばとても快適そうだが、車とテン場を5往復して、設置に1時間かけるのは、ちょっと気合いがいる。

羅臼キャンプは、今回も「雨」で始まった。4日間のうち、晴れたのは3日目から(写真b)。覚悟はしていたけれど。

最高気温はせいぜい23度。例年にない猛暑の札幌から来たので、夜から明け方にかけての寒さが身にしみた。フリースは必需品だ(が、私は忘れた…)。

羅臼の街中は曇りなのに、数キロしか離れていないキャンプ場は雨という時もあった。どうやら雨や霧が多いのは、周辺の地形と関係があるらしい。

ウトロ側から上昇した湿った空気が、知床峠で冷やされ霧(雲)となって下降する光景を目の当たりにした。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.28 動画知床峠から羅臼に下る霧
          (354kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

「どうせまた雨だろう」と覚悟を決めていれば、晴れ間が見えたときはとても嬉しい。写真cは、早朝釣り場へ移動中に見かけた国後島。ちなみに山の名前は「羅臼山(888m)」である。知床の「羅臼岳」と名前がとても似ていて混乱しそう。【h

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ
羅臼温泉野営場
(a)
羅臼温泉野営場
(b)
国後島の羅臼山
(c)
熊の湯全景
(d)熊の湯・男湯・清掃中
「熊の湯」三昧
  …知床釣りキャンプ2004(2)


私が「羅臼温泉野営場」が好きな理由は、その名の通り無料の露天温泉「熊の湯」が隣接するからである。(写真dは、清掃中に男湯側より撮影)

初めての人にとっては、野趣あふれる温泉に入るのには、少々決心が必要かもしれない。私がそうだったので…。慣れると、これがたまらなくいい。癖になる。

地元の方がボランティアで管理している温泉なので、利用させていただくときのルールやマナーは必ず守りたい。といっても、常識的なことを当たり前のように守れば良いだけ。

熊の湯の脱衣所に入ると、写真eのような看板が目に入る。最低限のルールやマナーが書かれている。記入されていることは左記の通り。





左記十ヶ条それぞれについて、私なりに補足すると、


1→ 正直、私がこの看板の存在に気付いたのが2回目か3回目。看板自体が目立たないので、注意が必要。

2→ 「体(特に下半身)を洗う」のは当然のマナー。守れない若者などは、地元の入浴者の方々にその場で怒られる。マナーに厳しいし、見て見ぬふりなどしないのである。

お湯が予想以上に熱いので、「2,3杯かぶる」ときはそのつもりで。知らずに勢いよくかぶると、「ぉうわぁ、あつっちっ」なんて事になる。

3→ 地元の人は(マナーには厳しいが)とても親切。熱そうにしている観光客には「ほれ、1回出てからもう1回入ってみれ」等とアドバイスしてくれる。子供には、洗面器を使ってお湯のかけ方まで指導してくださる。

4→ 「わがまま」は許されないという事。

5→ 旅行の浮かれ気分で入ってはいけない。熊の湯は本来、地元の方が1日の仕事の疲れを癒す生活の場所である。観光客のためのものではない。
アルコールに限らず「1人だけいい気分、周りは大迷惑」などということがないように。

6→ 当たり前のことのように思えるが、例えば近くの「セセキ温泉」は水着着用可なので、勘違いして水着で入る人がいるのかもしれない。

7→ というか、初心者は「どこから水が出ているのか」すら気付くことが出来ないと思う。写真fが、源泉と水をまぜる混合槽。湯船のすぐ脇にある。右の管が水、左の管が源泉。

ちなみに、源泉は湯船の山側奥10m位に位置している(写真g)。小道があるので興味があればのぞいて見れば…。

8→ 源泉と水を混ぜる混合槽(写真f)に、コップが備え付けてある。ペットボトルに入れて帰る人がいて、なるほどと思った。右側の管から出ているのは「川の水」なので、絶対に飲まぬこと。

9→ 今回、初めて掃除を手伝わせてもらった。お湯をすべて抜いた後、デッキブラシを使ってこする。掃除は(朝6時からと掲示されてはいるが)毎朝5時20分位から行われる。お湯をすべて抜くので、掃除後も7時くらいまでは入浴できない。

写真hが男湯、写真iが女湯。女湯は湯船が小さく、周りの壁で景色が見えないのでちょっとかわいそう(それでも妻に言わせれば「充分開放的」なのだそうだ)。女湯の脱衣場にはちゃんと扉が付いている(写真j)。

今回の写真は、すべて掃除中に撮らせて頂いたもの。間違っても、入浴している人がいる時に撮影せぬように(男湯も)。

10→ お湯がとても熱いので、1回に湯船に浸かる時間は、私はせいぜい2分。その間(動くと熱いので)身じろぎもせずじっと「耐える」。不思議と2回目、3回目になると、ピリピリとした「熱湯感」がなくなってくる(それでも、やはり2分以上入れないのは悔しい…)。

その点、地元の人は「がーっ」と入って「グイグイ」お湯をかき回し、じっくり浸かった後、真っ赤な顔をして「ザバーッ」と出ていく。さすが。



最後に、「熊の湯tips」をいくつか。

・洗面器は備え付のものがある。使用後は、所定の場所にきちんと片付けること。

・男湯脱衣所は扉がないので、湯船から見通せる。ライダー等貴重品を持ち歩く人は、目を離さなければ脱衣所に置いても心配はなさそう。

・ただでさえお湯が熱いので、ツーリングなどで日焼けしている人は、湯につかるのはあきらめよう。そんなときは、源泉と水を混ぜるところ(写真f)で適温の湯を汲み「かけ湯」をしよう。温泉気分は十分に味わえる。

・「排水口の周辺」で体を洗うこと。男風呂には排水口は3カ所、女湯には(おそらく)1カ所ある。排水口の近くで座り込んで話などをしないこと。体を洗いたい人が迷惑をする。

・男湯の洗い場には「鏡」が1つだけある(女湯は未確認)。使っている人を、私は目撃したことがない。ひげ剃り用か?

・男湯脱衣所には「かけ時計」がある。湯船から見えるので、自分が一体何分お湯につかれるか計ってみるとよい。「5分はたったかな」と時計を見ると、実はまだ2分くらいだったりする。

・体を洗う際、石けんを使いすぎない方が良い。泡をまき散らして周りに迷惑がかかるし、熱いお湯を何度もかける羽目になる。環境にも良くない?

・お湯の熱さに慣れた頃、観光客が入ってきたらチャンス。「熱い熱い」と湯船に足すらつけられない観光客を横目に「ザバーッ」と入ると、優越感にひたれる。だからどうと言うことはないが。

・裸の男が十数人も居るのに、誰も湯船につかっていなければ、それは全員観光客。まちがいない。だからどうと言うことはないが。

・洗い場の外側の砂利に、常に水が出ているホース有り。時々足を冷やすと、温泉を長く楽しめる。

・湯からあがる時には「ありがとうございました」の一言を。熊の湯を管理してくださっている地元の方々と、知床の大自然に感謝の意を表そう。【h

関連コンテンツ「知床熊の湯入門」へ

▼追記 2006.1▼
熊の湯の給湯ポンプなどが老朽化し、安定したお湯の確保が難しくなったため、2005年に「熊の湯愛好会」の皆様が中心となり寄付金を集めた。多くの方のご支援で、何と2,629,000円の寄付が集まったそうだ。
これに伴い、熊の湯の改修工事が行われた。そのため、上記文章で紹介した「改修工事前の施設設備や周辺環境」と「工事後」の状況は、若干(かなり?)異なったものになることが予想される。ご了承下さい。
▲追記ここまで▲

▼追記 2006.8▼
熊の湯の改修工事で、あの「野趣あふれる雰囲気」がガラッと変わってしまったらどうしようと、ちょっと不安だった。実際に2006年8月に熊の湯に行って、この目で確認。結論から言うと、「どこを改修したの?」というくらい、外見上は変化なし。ポンプ等、見えない部分だけを修理したと思われる。一安心だ。
▲追記ここまで▲
熊の湯入浴十ヶ条
                              (e)
■熊の湯入浴十ヶ条■

1 脱衣所に入ったら、何が書いてあるかよく見てよく読んでから入って下さい。読む余裕がなくお急ぎの方は、入浴せずお帰り下さい。

2 湯船に入る時は体を洗ってから、さらにお湯を2,3杯かぶってから入って下さい。







3 湯船に入って熱いと思ったら、1回目はす ぐに上がって上で休んでお湯をかぶりますと、2回目からはあまり熱く感じません。

4 湯船に入っている人が(例えば十人いるとして)半分の人が熱いといえば水を入れても良いが、2,3人が熱いといってもその人達には従わなくてもよろしいです。


5 浴場には絶対アルコール類は持ち込まない事。





6 湯船に水着で絶対に入ってはいけません。ここは浴場です。プールではありません。


7 誰もいない湯船にはいる時、熱かったら水を出しても良いが、上がる時には必ず水を止めてから上がって下さい。自分が入っている時、誰かが来てその人が止めるだろうという気を持たず、出した人が必ず止める事。




8 ここのお湯は服用しても体に良いのでぜひ服用して下さい。



9 湯船を掃除している時は手伝いをして下さい。手伝いも出来ないくらいお急ぎの方は入浴しないでお帰りください。













10 ここのお湯は2.3回繰り返し入りますとすごく温まりますので、ゆっくり疲れをとってお帰り下さい。

  (羅臼町、羅臼町観光協会、熊の湯愛好会)
熊の湯
(f)熊の湯・源泉と沢水の混合槽
熊の湯源泉
(g)熊の湯・源泉
熊の湯男湯
(h)熊の湯・男湯・清掃中
熊の湯女湯
(i)熊の湯・女湯・清掃中
熊の湯女湯脱衣所
(j)熊の湯・女湯・脱衣所入り口
食事風景コンビニ弁当
(k)
「コンビニ弁当」と「タコの卵」
  …知床釣りキャンプ2004(3)


今回は当初の方針通り、食事に関しては「手抜きキャンプ」である。「釣り」と「温泉」に専念(?)するために、自炊は一切しなかった。

・1日目 夕食 : 持ってきたおにぎり
            ウイダーインゼリー
            カロリーメイト

・2日目 朝食 : コンビニ弁当
            ウイダーインゼリー
            カロリーメイト
       昼食 : コンビニおにぎり×2
       夕食 : 羅臼の居酒屋で外食

・3日目 朝食 : コンビニ弁当
            ウイダーインゼリー
            カロリーメイト
      昼食 : 羅臼の居酒屋で外食
       夕食 : コンビニ弁当(写真k)

・4日目 朝食 : ウイダーインゼリー
            カロリーメイト

割り切ってはいたけれど、コンビニ弁当もカロリーメイトも、さすがに飽きた。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

外食は「羅臼のうまい刺身を食べよう」と考えていた。以前、羅臼の表通りで居酒屋に入った時は、期待はずれ。今回は美味しい店を見つけたかった。2回外食し、それぞれの店で刺身定食を食べた。

「海彦」という居酒屋(写真l)の刺身は美味かった。(01538-7-4137 目梨郡羅臼町富士見町86番地2)目立たない裏の通りにある店だ。カウンター席の目の前で、羅臼産の食材をさばいてくれた。特にツブ、タコ、さめがれいのエンガワは美味かった(写真m)。

食べている最中に、タコをさばいていたので撮影させてもらった。タコの頭から野球ボール大の「丸くて白いもの」を引っ張り出した(下の動画No.29)。「タコの卵」だった。「小さな細長いツブツブ」の状態でしか見たことがなかったので驚いた。

その後、「丸くて白いもの」に包丁を入れて、「小さな細長いツブツブ」をしぼり出してくれた(動画No.30)。たいそう感心した。【h

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.29 動画羅臼産のタコをさばく
          (358kb.7秒間.asf形式)
  No.30 動画タコの卵、ぞろぞろ
          (445kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

▼追記 2009.4▼
先日、上記でご紹介した「海彦」さんからメールをいただきました。

>今日は、羅臼の居酒屋海彦です。ホームペー
>ジで当店を紹介していただきありがとうございま
>した。2月末で羅臼のお店を閉めて札幌手稲区
>に移転いたしました。いままで同様美味しいお
>料理を提供していきます。札幌に来ることがあ
>りましたら是非来てくださいね。お待ちしており
>ます。
> 札幌市手稲区手稲本町1条3丁目3-10
> 千葉ビル2階 (011-691-2523)
> らうす海鮮 海彦

知床の地で海彦さんの味を堪能できないのはちょっと残念ですが、移転先が札幌なので家族を連れて行けるのはとても嬉しいことです。
メールありがとうございました!
▲追記ここまで▲










居酒屋海彦
(l)
海彦の刺身定食
(m)



















エゾ鹿
(n)
でいだらぼっち
  …知床釣りキャンプ2004(4)


今回はエゾシカをよく見かけた。毎回知床キャンプでは何度かエゾシカを見かけるし、珍しいことではないのだけれど、今回はかなり頻繁だった。

一番ドキリとしたのは、2日目、ルサ川の釣りで鹿と出会ったとき(写真n)。

ふと顔を上げた時に、少し離れたところで立派な角の雄鹿がこちらをにらんでいた。こちらは1人だったし、物音も立てず突然現れたので、ギョッとした。

あわてて逃げる様子もなく、堂々とした風格があった。人に慣れているのだと思う。「もののけ姫」の一場面を思い出した。

サシルイ川の河原近くで、動物の骨を見つけた(写真o)。結構でかい。物事を知らない私は、てっきり「エゾ鹿の骨」だと思いこんでいた。その後、インターネット等で調べてみると、エゾ鹿の頭蓋骨とはどうも形が違うということが分かってきた。何の骨かわかりますか?

▼追記 2016.3▼
先日、専門家の同僚から「あっ、サイトのあの写真ね、エゾシカの骨盤ですよ、頭骨じゃありません」と、12年越しの疑問を一瞬解決してもらったときの私の「へぇーっ」は、「あっ、古着のあのジーンズね、ビッグEの後期モデルですよ、ウエストバンドがチェーンステッチですから」的な、一般庶民からの理解を得ることはほぼ無かったであろう孤高人生が同僚の中に透けて見えたことに対する「へぇーっ」。
▲追記ここまで▲

ところで、肝心の「渓流釣り」については「淡水の釣り2004」のページにまとめたので、そちらをご覧下さい。【h
頭蓋骨
(o)
北の国からの純の番屋
(p)
純のぉ番屋はぁここだぁ(邦衛風に)
  …知床釣りキャンプ2004(5)


車で通れる羅臼側の舗装道路は、相泊で行き止まりである。今回は、行き止まりの先にある「カモイウンベ川」で釣りをするために、歩いて入ることにした。

秘境というイメージがあったけれど、昆布漁をしている皆さんがいて、思いのほかにぎやかだった。

川までの海岸には、番屋がずらっと並んでいた。その中の一つに、「北の国から」のロケに使われた番屋があった(写真p)。知らずに通りがかったので、見つけた時にはちょっと得した気分だった。思わず写真を撮ってしまうところがミーハー。

羅臼は「北の国から」のテレビ放映以来、ロケ地を観光資源として熱心に売り込んでいる。「北の国から2002遺言・羅臼ロケマップ」なるビラが、道の駅に置いてあった。

その地図には、例えば、
「東谷商店:結が働いていたコンビニエンスストア」
とか、
「公住橋:結のアルバイトが終わるのを待っていた場所」
というような調子で、細かいロケ地がずらっと紹介されている。

ウトロに比べて「観光地ずれ」していない羅臼の雰囲気が好きだったので、なんかちょっと寂しい。地元の人にとっては、願ってもないチャンスなのだろう。【h
純の番屋看板
(q)



相泊温泉全景
(r)
釣行直後の相泊温泉
  …知床釣りキャンプ2004(6)


熊の湯」とは全く違う雰囲気を味わえるのが「相泊温泉(写真r)」。海のすぐ目の前、海岸にある温泉だ。今回は2回ほどお世話になった。

波の音が聞こえる相泊温泉は、明るく開放的な雰囲気である。木々に囲まれ渓流の横にある熊の湯とは対照的。

国道から海岸に階段で下り、青いテント前で服を脱ぐ。テトラポットが脱衣所である(写真s)。

どこかで「相泊温泉は水着着用可」と紹介されているのを見たことがあるが、青テント内の注意書きに「水着は着用しないでください:羅臼町」と明記されている。

写真tは青テント内の浴室。2回目の入浴時、客が私1人だったので写真を撮影させてもらった。人がいる時の撮影はやめましょう。

横に棚が付いている。狭いので必要最小限のもの(例えば着替えのパンツ)だけを置くようにして、それ以外は青テントの外側に置く方がよさそう。

お湯は、浴槽の海と反対側の壁面から出ている。

相泊温泉は初めてではないが、体を洗うのは今回が初めて。洗い場は海側サイド、写真tの洗面器が置いてある辺り。それ以外の場所で洗うと湯船に汚水が入ってしまうので注意。

写真uは、浴室奥から海側に向かって撮影したもの。男風呂は、写真のように海側に壁はなく開放的。女風呂は出入り口以外は壁があるようである(そばにいた若い夫婦の会話から推測。その後妻に聞くと「えっ、壁なんてなかったよ」と言っていたので、新たに設置されたものか?記憶違いか?つまり未確認)。

こんなに海の近くにあるのに、お湯はしょっぱくない。単純な食塩泉ではなさそう。



というわけで、釣り三昧温泉三昧の知床半島でのソロキャンプであった。知床方面にキャンプや旅行に行く際の参考にでも。

なお過去3回の、知床を含む道東キャンプについては、以下のページを参照して欲しい。

道東キャンプ1999
  (羅臼の道の駅やコインランドリーについて等)

道東キャンプ2000
  (羅臼温泉野営場について等)

道東キャンプ2001
  (ウトロ側のキャンプ場について等)

h
相泊温泉脱衣所
(s)
相泊温泉男湯
(t)
相泊温泉男湯
(u)







■旅程(知床キャンプ2004) ※当初の計画。実際とは多少異なります。

【今回の方針】
知床半島の川でルアー釣りをする。(釣果がいまいちなら、エサに切り替え)
・羅臼・ウトロより奥(東側…知床岬側)の河川を中心に釣行する。(車で行けるころまでだが…)
・1つの川に深入りせず、広く浅くハシゴする。(色んな川で釣ってみたいし、熊が恐い)
・釣り以外のことに極力時間を使わない。(荷物は減らし、料理もしない。移動に時間をかけない)
・毎日、熊の湯温泉で入浴させて頂く。
・羅臼の街で、刺身の美味い居酒屋を見つける。


【今回、釣行を予定している知床半島の河川】
(◎必ず、○できるだけ、△気が向けば、・おそらく無理…)
※「渓流釣り」については「淡水の釣り2004」のページにまとめたので、そちらをご覧下さい。

羅臼側の河川

 ■Aグループ河川 … 羅臼付近
  ◎羅臼川、△チトライ川、◎サシルイ川

 ■Bグループ河川 … 羅臼より奥(東側)の河川
  △オッカバケ川、△モセカルベツ川、○チエンベツ川、○ケンネベツ川、◎ショウジ川、◎キキリベツ川
  ◎ルサ川、○アイドマリ川

 ■Cグループ河川 … 相泊より奥(東側)の河川(車不可)
  ・カモイウンベ川、・クズレハマ川

 ■Dグループ河川 … 羅臼より手前(西側)の河川
  △松法川(マツノリ川)、△知西別川(チニシベツ川)、△植別川(ウエベツ川)、△崎無異川、△薫別川
  △古多糠川

ウトロ側の河川

 ■Eグループ河川 … 宇登呂より奥(東側)の川
  △幌別川(ホロベツ川)、◎イワウベツ川

 ■Fグループ河川 … 宇登呂より手前(西側)の川
  △ペレケ川、△フンベ川、△チャラッセナイ川、△金山川、△オチカバケ川

【日程】
※「渓流釣り」については「淡水の釣り2004」のページにまとめたので、そちらをご覧下さい。

1日目(移動日) … 8月10日(火) ※1日で札幌→羅臼は可能か?無理ならどこかで1泊。
 ・自宅発 7:00
  ↓
 ・旭川
  ↓
 ・北見
  ↓
 ・斜里
  ↓
 ・時間に余裕があれば
   ■Fグループ河川
  ↓
 ・知床国立公園羅臼温泉野営場 01538-7-5151

2日目(羅臼側で釣り) … 8月11日(水)
 ・午前
   ■Aグループ河川
 ・午後
   ■Bグループ河川
   (■Cグループ河川)
 ・夕方、時間に余裕があれば。
   ■Dグループ河川

3日目(ウトロ側で釣り) … 8月12日(木)
 ・午前
   ■Eグループ河川
 ・午後
   ■Fグループ河川
 ・夕方、時間に余裕があれば。
   ■Aグループ河川

4日目(移動日) … 8月13日(金) ※この日も、1日で札幌まで無理なら、どこかで1泊。
 ・知床国立公園羅臼温泉野営場
  ↓
 ・時間的に可能なら
   ■Eグループ河川
   (■Fグループ河川)
  ↓
 ・斜里
  ↓
 ・北見
  ↓
 ・旭川
  ↓
 ・自宅


【持ち物】

 腕時計、バンダナ、靴下、下着、Tシャツ、ジャージ、短パン、メッシュ巾着、トートバッグ、釣り用の靴下
 トレッキングシューズ、フリースベスト、サングラス眼鏡とケース、フェイスタオル、帽子、サンダル
 
 キャンプ場ガイド、釣りの本、北海道百科、しおり、ガイドブックや資料、筆記用具、付箋

 現金等、免許、携帯と充電器、デジカメと防水ケース、充電池と充電器、CFカード、三脚(ウルトラポッド)
 ポケットティッシュ、ウエストバック、ぞうきん、保険証コピー、キーケース、ラジオ、CD、パソコン、ACアダプタ

 ファーストエイド、日焼けローション、耳栓アイマスク、シャンプー、リンス、ボディーシャンプー
 歯ブラシ、歯磨き
 
 行動食(カロリーメイト、ウイダーイン)、メモ用紙、水筒、ゴミ袋、、ウエットティッシュ、
 雨具(レインテックス)ゴム長靴、かさ、ガソリン、車用防水シートカバー、洗車ブラシ
 
 シュラフ(夏用コンパクト)ツーリングテント一人用、細引き、テント用ブルーシート、5徳ナイフ、網戸スプレー
 トレペ、蛍光灯ランタン、マグ、クーラーBOX(大)、電池蚊取り、リチウム電池、ヘッドランプ
 サーマレストエアマット、黒アミバッグ、銀マット、テンピュール枕

 釣りベスト、釣りグローブ、古タオル、はさみ、ペンチ、針はずし、ナイフ、臭い消し、ズーム渓流さお(2、3、5m)
 びく、ウェーダー、ランディングネット、仕掛け、仕掛け予備(道糸、おもり、目印等)、えさ(イタドリ虫ミミズ)
 ウォーターシューズ、ルアーロッド(パック、つなぎ)、リール小、ルアーBOX、虫除け、手作りルアー

                                        ≫関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.