道東キャンプ。札幌→標津→別海→羅臼→斜里→中標津→札幌。釧路川でカヌーツーリング&釣り。羅臼熊ノ湯温泉に入る。知床半島を釣り歩く。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 道東キャンプ(2000年7月)
                                  ≫詳しい旅程はこのページの一番下に  
札幌 → 標津(塘路元村キャンプ場) 
    → 別海(尾岱沼青少年旅行村) 
    → 羅臼(知床国立公園羅臼温泉野営場) 
    → 斜里(しれとこ自然村) 
    → 中標津(養老牛温泉「ホテル大一」(現「湯宿だいいち」))
    → 札幌







去年残した宿題は…
  … 道東キャンプ2000(1)

2000年7月28日〜8月3日まで、去年に引き続き「道東キャンプ」に行って来た。

今年のキャンプでは、去年できなかった以下の課題に取り組む事が目標だった。

 (1)釧路川をカヌーでくだる。
 (2)釧路川で釣り。
 (3)野付半島でサイクリング。
 (4)羅臼の熊の湯温泉に入る。
 (5)知床半島をじっくり釣り歩く。

これらの目標のうち、達成できなかったのは(3)だ。野付半島は今年も天気が悪かった。雨の中を自転車で走る根性と体力は、釣りに残しておいた。

ちなみに、写真aは細岡展望台から見た釧路湿原の様子である。近くで展望用の気球が飛んでいた。【h
釧路湿原細岡展望台遊歩道
(a)
イカゴロ炭火焼き
(b)
海の幸
  … 道東キャンプ2000(2)

キャンプ1日目(28日)夜。

今回の道東キャンプは「釣り行脚」と銘打ったものの、実質は「道東食べ歩き旅行」だった。

最近は、釣った魚を食べることがほとんどない。現地の市場や商店で買った魚を焼いて食べる。

キャンプ初日は、釧路の阿部商店で買ったホッケ・イカ・カキでバーベキュー。

イカはゴロがついたまま焼き、輪切りにした後、ゴロとしょう油で和えて食べた。すごくおいしい!イカとイカゴロがかたくならないよう、焼きすぎない方がいい。【n

関連コンテンツ「キャンプの食事・炭火焼」へ




如何にして戻るか
  … 道東キャンプ2000(3)

7月29日。キャンプ2日目。

今回の第1の目標、「釧路川をカヌーでくだる」ためには、事前から作戦を立てる必要があった。

2人でカヌーで下った後、「如何にしてスタート地点に戻るか」というのが、一番の問題だった。

カヌーはインフレータブルカヤック(ゴムボートのような、いわゆるダッキー)なので空気を抜けば車に積むことができる。しかし、誰が車をゴール地点に移動するのか?

結局、スタート地点は「キャンプ場がある塘路湖」、ゴール地点は「細岡駅の近くの細岡カヌーポート」にして、次のようなプランを立てた。
  1. 塘路湖畔にカヌーを置く。
  2. 車で近くの塘路駅(写真c)に行き、自転車を塘路駅に置く。
  3. 車で細岡カヌーポートまで行き、そこに車を置く。
  4. 歩いて細岡駅に行き、「ノロッコ号(写真d)」で塘路駅まで行く。
  5. 塘路駅から塘路湖まで自転車で行く。
  6. 湖畔に自転車を置き、カヌーで川下り。細岡カヌーポートへ。
  7. カヌーを車に積み、塘路湖に自転車を取りに行く。
h
塘路駅
(c)
ノロッコ号
(d)
釧路川カヌ−ツーリング
(e)
のんびりカヌーに揺られて
  … 道東キャンプ2000(4)

同じくキャンプ2日目(29日)。

面倒な計画を立てた甲斐あって、初めての「釧路川下り」はとても面白かった。

10kmに満たない行程を、2時間以上かけてゆっくり下っていく。

流れがあるので、パドルで時々方向を変えてやるだけで勝手に進んでいく。流れといってもニセコオーストラリアなどの「ラフティング」とは違い、川に落とされるような急流はない。初心者の我々でも、のんびり楽しむことができた。

周りの景色を眺めながら漂っているだけで、憂き世を忘れることができる。残念ながら、生き物には鳥類にしか会えなかった。

写真eは、釧路川の途中の中州で。【h
野付漁港のお祭り
(f)
東京ケーキ
  … 道東キャンプ2000(5)

道東キャンプ2日目。別海町尾岱沼青少年旅行村のキャンプ場に泊まることにした。

去年に続き、ここのお祭りは2度目です。御神輿も見ました。出店は少ないけれど、町中の人が集まって楽しそうにしている。そんな光景を見ると、実家の町内会のお祭りを思いだし、懐かしくなります。

手にしているのは「串さしからあげ」。ナゲットの串さしだ。おいしかった。他にも「栄養わかもと入り東京ケーキ」というのがあった。食べなかったことが、今でも心残りです。

この後、近くの野付漁協で夕食の食材を買い、「浜の湯」という温泉の銭湯に入った。【n
まるみ食堂のとど肉定食
(g)
かに三昧
  … 道東キャンプ2000(6)

道東キャンプ3日目。羅臼市街の手前にある「まるみ食堂」で昼食をとった。

夫は「とど肉定食(写真g手前)」、私は「まるみ定食」。

「とど肉定食」は、とど肉がジンギスカンのたれ(のようなもの)で味付けされていた。味が濃かったので、肉本来の味は分かりにくかった。これがとど肉の食べ方なのだろう。量はふつう。

「まるみ定食」は、毛ガニ1パイ、花咲(小さめ)1パイ、タラバの足、テッポウ汁のどんぶり、つぶ刺など。、お品書きの写真よりずっと豪華。1800円は信じられない。おいしかった。【n
羅臼温泉野営場
(h)
キャンプ場の主(ぬし)
  … 道東キャンプ2000(7)

7月30日、「羅臼温泉野営場」(写真h)熊の湯の近くのキャンプ場である。

一泊しか滞在しなかったが、今回NO.1のキャンプ場だった。何と言っても、キャンプ場は無料(2005年より有料化)。すぐ近くの露天の名湯「熊の湯(写真i)」も無料。

しかも、キャンプ場の近くに羅臼川が流れている。入れ食いのポイントが目と鼻の先である。もっとも、知床の川はどこでも、オショロコマなら入れ食いなのだが…。

ライダーやファミリーにも人気のキャンプ場である。

駐車場には、何泊もしている主(ぬし)らしきキャンピングカーがあった。干してあった洗濯物の数から推測すると、ひと月くらいは泊まり込んでいると思われる。

また道東キャンプに来たときには、この羅臼温泉野営場に長く滞在したい。

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ

熊の湯は、羅臼川の流れる音がそぐそばで聞こえる。周りの雰囲気もよく、最高の天然露天温泉だった。

ただ、湯船のお湯はとても熱くて、長くは入っていられない。地元の人がホースの水で温度を調整していたけれど、それでも熱い。

洗い場はせまい。地元の人や熊の湯に慣れているキャンパーは、石鹸で体を洗っていた。私はちょっと遠慮して、今回は体を洗わなかった。

湯船につかりながら、地元の方の会話に耳を傾けた。観光客の入浴マナーの悪さには、かなり御立腹である。我々観光客は、「温泉に入らせていただいている」という気持ちを忘れず、マナーを守りたい。【h

関連コンテンツ「知床熊の湯入門」へ
羅臼熊ノ湯
(i)















羅臼川のオショロコマ
(j)
オニチョロ
  … 道東キャンプ2000(8)

同じく30日。羅臼温泉野営場の近くの羅臼川。(写真j)

今回は「道東の釣り」を充分に楽しんだキャンプだった。

18〜23cmが、知床のオショロコマの平均サイズ。これがガンガン釣れるから、笑いが止まらない。釣れすぎてばかばかししいので、地元の人はあまり川釣りはしないようだ。札幌の人間にとっては、まさに「釣り天国」である。

札幌近郊で釣りをするときには、は買った「ミミズ」や「イタドリ虫」を使うことが多い。道東では時間と気持ちにゆとりがあるので、川の石をひっくり返して川虫を取り、餌にした(写真kはオニチョロ)。

道東の川は、魚も多いが川虫も豊富に生息している。川底の石をひっくり返せば、確実に2〜3匹はくっついている。捕ることには、全く苦労しなかった。他の餌と違って、川虫は「食い」が抜群に良いことを実感した。【h
羅臼川の川虫
(k)




猛暑のウトロ
  … 道東キャンプ2000(9)

7月31日、ウトロの「知床自然村キャンプ場」

民営のキャンプ場である。絶景の露天温泉が場内にある。その露天温泉が気に入って、去年に続いて利用させてもらった。今年はこのキャンプ場で2泊。

羅臼とはそんなに離れていないのに、ウトロは天気が全く違う。半島の反対側だと、こうも気候がちがうのか。

とにかくウトロは暑い。昨年も非常に暑かったが、今年はさらに暑い。この2日間、気温は軽く30度を越えていた。妻が洗濯物を干したくなる気持ちは、すごく理解できる。(写真l)

午前中は、川に行った。早い時間帯からグングン気温が上昇。ウェーダーをはく気になれなかったので、半そで・短パン姿で釣りをした。あちこち虫には食われたけれど、とりあえずは涼しく過ごせた。水に足をつけている時間は天国だった。

釣行後はキツかった…。午後jは暑すぎて、クーラーを求め土産物屋巡り。

夜は最悪。気温が下がらず無風状態。その上、通気性が悪いテントなので、入口全開でも熱気がこもる。蒸し風呂だった。

寝汗まみれの「眠れぬ夜」を過ごした。【h

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ
知床自然村キャンプ場
(l)
忠類川最上流部のオショロコマ
(m)
知床半島の真ん中で
  … 道東キャンプ2000(10)

写真mは8月1日、忠類川の最上流部。羅臼からウトロ側に抜ける途中に流れている川である。

渓相がとても良かった。魚はもちろんオショロコマ。20cmくらい。エサ釣り。リリース。

忠類川再最上流部では、この他に17〜20cmのオショロコマが、妻と2人合わせて10匹くらい釣れた。すべてリリースした。

この後、宇登呂側の岩尾別川(イワウベツ川・イワオベツ川)で、釣りをした(写真n)。

岩尾別川では、オショロコマを2匹、川虫で釣った。すっかり満足して納竿した。

今年の目標は「30cmオーバーのオショロコマ」を釣ることだったが、残念ながら達成されなかった。次回以降の課題である。

今回の道東の釣りでは、妻の調子がなかなか良かった。すごいサイズをつり上げて、びっくりさせられることが度々あった。【h

「調子」ではなく「実力」です。【n
イワウベツ川のオショロコマ
(n)





いっちゃん
  … 道東キャンプ2000(11)

2000年8月2日。最後の日に泊まったのはキャンプ場ではなく、養老牛温泉「ホテル大一」(現「湯宿だいいち」)。

部屋は新しいとは言えないけれど、料理が絶品。やまほどヤマメ料理が食べられる。

露天温泉もなかなか良い。露天には丸太風呂もある。

時期的な問題なのかもしれないが、今回はアブがとても多かった。ちょっと油断をすると、露天風呂でちくりとやられる。

写真oは、ここのマスコット犬(?)の「一ちゃん」。ワンちゃんはもう一匹いて、もちろん名前は「大ちゃん」。【h

丸太風呂に初めて入った。が、アブが多かったので、早々に退散。渓流のほとりにある露天丸太温泉に、のんびり入りたかったんだけど…。

ちなみに、高いほうのお部屋はとても新しくて、部屋ごとに露天風呂があるらしい。【n
養老牛温泉ホテル大一
(o)
■旅程 ※当初の計画。実際とは多少異なります。

【日程】

7/28 札幌…帯広…釧路  塘路元村キャンプ場 01548-7-2172(川上郡標茶町塘路、350円×2)
7/29 釧路…野付       尾岱沼青少年旅行村 01538-6-2208
                  ( 別海町尾岱沼岬町66、200円×2+200円)
7/30 野付…相泊…羅臼  知床国立公園羅臼温泉野営場 01538-7-5151
                  (羅臼町湯の沢町、無料(2005年より有料化)
7/31 羅臼…ウトロ      しれとこ自然村 01522-4-3352(斜里町ウトロ香川365、500円×2)
8/01 ウトロ…ウトロ
8/02 ウトロ…中標津     養老牛温泉「ホテル大一」(現「湯宿だいいち」) 01537-8-2131(11550円×2)
8/03 中標津…鹿追…札幌

【時程】

●7/28
 06:00 起床…冷蔵庫の荷物、貴重品積み込み…自転車取り付け
 07:00 札幌出発…コンビニで朝食、昼食買う
 10:00 帯広で昼食、お菓子(さくさくパイ、バターサンド)買う
 11:00 帯広出発
 14:00 釧路で食材買う
 15:30 キャンプ場着…受付…テント張り…夕食準備 …カヌーについて調べる(時間、コースなど)
 16:00 温泉へ出発
 16:30 「 憩いの家茅沼 」10:30~21:00無休、400×2=800
 17:00 出発
 17:30 夕食
 19:00 炭の始末…車に荷物積み込み…カヌー(カヤック)の準備
 20:00 寝る

●7/29
 05:30 起床…テント積み込み
 06:00 釧路川で釣り…朝食作る(トースト、ベーコン目玉焼き、トマト、缶詰、わかめスープ)
 07:00 朝食…片づけ…荷物積み込み
 08:00 釧路川でカヌー
 11:00 カヌー片づけ…湿原へ出発
 12:00 釧路湿原散策
 13:00 釧路市郊外で昼食…野付へ
 16:30 キャンプ場着…受付…テント張り…洗濯(乾燥機使わず、外とテント中に干す)
 17:00 浜の湯 360×2=720 …野付漁協特売店「海紋」で北海シマエビなど食材買う
 18:00 夕食
 19:30 片づけ…受付ロッジで休憩…散策など
 21:00 寝る

●7/30
 06:00 起床…朝食準備
 06:30 朝食…食器や寝袋の片づけ
 08:00 自転車で野付の竜神岬へ…トドワラ散策。
 11:00 キャンプ場チェックアウト 
 13:00 羅臼着
 13:30 相泊で昼食(ウニ丼)、相泊温泉…キャンプ場へ出発
 14:30 羅臼で食材買う
 16:00 キャンプ場着…受付…テントはり
 16:30 羅臼川で釣り
 18:00 夕食…温泉
 21:00 寝る

●7/31
 04:00 釣り
 08:00 朝食…燻製づくり
 11:00 チェックアウト…ウトロへ
 14:00 知床自然村チェックイン…テント張り
 14:30 樺太マス釣り偵察…食材購入
 17:00 洗濯…夕食準備
 18:00 夕食…温泉
 20:00 寝る

●8/01
 04:00 起床…海釣りか川釣り
 07:00 朝食…知床へ(カムイワッカの滝など)
 15:00 温泉…夕食
 21:00 寝る

●8/02
 05:00 起床…釣りなど
 07:00 朝食…片づけ
 10:00 チェックアウト
 12:00 摩周湖で休憩
 13:00 中標津着…アイス食べる 
 14:00 養老牛温泉「ホテル大一」(現「湯宿だいいち」。14:00〜18:00チェックイン、2食付き)

●8/03
 10:00 チェックアウト
 13:30 鹿追で昼食
 18:00 帰宅

前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.