パドルクラブ主催のSUP体験試乗会に参戦。今回のフィールドは「川」だったので、流水で何度も撃沈した。支笏湖で同僚とキャンプ。バカ男子が重要
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプリポート(2017年)

(a)
SUP体験試乗会、定山渓

2017年7月30日、パドルクラブ主催のSUP体験試乗会に参加。定山渓豊平川支流にて。

そっか思い出した、あれだ、ラテカセ。
ラジオとテレビとカセットテープが三位一体となって80年代に花咲き、そしてひっそりと散っていった男のロマン、ラテカセ。

SUP(Stand Up Paddleboard)は、なんというか、カヌーサーフィンを足して2で割ってラフティングテイストで仕上げましたみたいな、に、フィールドによって表情を一変させるオールラウンドなアイテム、まさにラテカセ的「男のロマン」なのだ。いや、女の子のロマンは正直よくわからなくて申し訳ないが。

今回、流水に乗ろうと試みて撃沈すること4回。来世でサーファーに生まれかわることが宿命づけられている私にとって、現世のうちからのんびり鍛えておくには丁度いいユルさのウォーターアクティビティであると言えなくもない。【h
炭火焼マシュマロ、支笏湖モラップキャンプ場
(b)
素敵なバカ男子、支笏湖モラップ

2017年8月7日〜8日、支笏湖モラップキャンプ場にて同僚達とキャンプ

キャンプを成功させるために最も必要とされるものは何か」という人類未解決の問題が存在する。それは太陽か?道具か?ノウハウか?フィールドか?

否、「それはバカ男子魂(ばかだんしだましい)である」と、私は断言したい。

例えば、支笏湖モラップ界隈にバカ男子チームが突如出現したと仮定すると、そのメンバーは必ずといっていいほど「言い出しっぺ(赤)」「切り込み隊長(青)」「調子こき(黄)」「ええかっこしい(桃)」「あまのじゃく(緑)」のゴレンジャーで構成されている。ときに一人が二役をこなす場合もあるが、私なら赤か青あたりのポジションを狙いたい。

付け加えるとすれば、不便を愉しむキャンプにおいて、“バカ男子”以上に重要なものは“それと同数程度の女子”である。【h

前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ home


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.