モラップキャンプ場。新2ルームテントを子供達中心に設置。テントは広くて高さがあり快適。カヌー。水切り。夕焼け。空沼岳山登りは沢の橋が崩壊。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプリポート(2014年)

2ルームテントとインフレータブルカヌー
(a)
上げ膳据え膳、支笏湖キャンプ

2014年8月7日〜10日、長女小6・長男小4・次女小2と支笏湖モラップで父子キャンプ

今回のキャンプで最も不安に感じていたのは、先日購入したテント組み立て作業だった。テント本体とスクリーンタープを合体させる2ルームタイプ(写真a)。YOU TUBEで探し当てた「設置手順の動画」を事前に観るだけで20分間を要した。前途多難

計画立案サイト設営調理など、我が家のキャンプは子供達が中心となって動くことを大原則としている。当然、新テントの組み立ても子供達が説明書を読みながら、好き勝手に進めていた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.486 動画子供達で2ルームテント設置
          (2503kb.22秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

コールマン・トンネルコネクトパッケージU」の内部は、広さはもちろん、その「高さ」が最大の魅力。大人でも直立姿勢で生活できるので、腰の負担をほとんど感じない(写真b)。類人猿から人類へと進化した喜びを、子供達と分かち合った。

アクティビティは今回もカヌーがメインである。息子が張り切っ漕いだおかげで、キャンプ場が見えなくなる遙か彼方まで、ちょっとしたカヌーツーリング気分を味わうことができた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.487 動画長男小4のパドリング、支笏湖
          (1840kb.16秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

3日目、に連れられて合流した三女2歳が、支笏湖で初のデイキャンプ、初の水遊び(写真c)。2歳児女子における「水着の無意味さ」を再認識したひとときであった。特にビキニ。あの小さな布きれでいったい何を隠そうというのか。っていうかズレまくって丸見えだし。

食事に関しては、献立決定から買い出し・調理・皿洗いまで大人はノータッチ。焼きそばチャーハンなど、簡単かつ炭水化物度の高いメニューばかりではあったが、子供達だけでパーフェクトにこなした。日々の鍛錬のたまものであることは、疑う余地が無い。

例外的に私が調理に参加した場面は、父と息子とで競った「どっちが米を美味しく炊けるか対決」のとき一度だけ。米とぎから水量、蒸らしまでそれぞれが判断し、出来上がりの美味さを競った。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.488 動画コッヘルで炊飯、親子対決
          (1527kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

長女と次女による味覚審査で父が惨敗したのは、固めに炊いた米がヤワな女子会の口に合わなかったことが直接の原因。審査基準に主観が絡んでいるのは明らかなので、「いぇーい、おとうさんに勝ったー、へっへっへっ」と息子が調子こいても、カチンときたのはほんの一瞬だけであった。炊きあがった米はチャーハンに使用。

夕食後は、お約束の夕焼け劇場(写真d)。そして水切り(石切り)に燃える子供達。この3年間の練習の甲斐あって、いつの間にか結構上手くなっているように見えるのは錯覚か。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.489 動画支笏湖で水切りの練習
          (735kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

こんなに早く実現することを全く予想していなかった「上げ膳据え膳&三食昼寝付きキャンプ」。今回は、父にとってのような3泊4日であった。要望がもしあるとすれば、料理のレパートリーをもう少し増やして欲しいということ。炭水化物メニュー以外で是非。【h
スクリーンタープ内部、2ルームテント
(b)
三女の支笏湖デビュー
(c)






モラップキャンプ場の夕焼け
(d)
空沼岳万計沼
(e)
スノトレ次女の英断、空沼岳万計沢

2014年9月27日、次女(小2)・長男(小4)・長女(小6)を連れて空沼岳で山登り。次女は初空沼岳。ゴール地点の万計沼は、まだ紅葉が始まったばかりだった(写真e)。

「引き返そう…」
父は及び腰。

「渡りたい!」
子供達はやる気充分

在るはずの橋が無い。万計沼直前の沢で思わぬ立ち往生。先日の豪雨で、最上流域の橋は完全に崩壊していた。ウェーダー姿の子供なら楽勝の水量だが、スノトレの次女に川を横断させることが得策とは思えなかった(写真f)。

弱気な父を無視して「いもうと横断大作戦」を模索する姉と兄。夢中試行錯誤繰り返していた。“石橋をたたいて渡る慎重派の長男は、2本の枝をトレッキングポールにするアイデアを自ら実践。ハイリスクハイリターンな長女は、丸太で橋を作るという思い切った策に出た。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.497 動画枝トレッキングポール川横断
          (7012kb.65秒間.asf形式)
 No.498 動画丸太で橋を作ろう、万計沢
          (1251kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

かなりいい線までいったアイデア達だったが、「小2には扱いきれない」「極めて不安定」という理由でどちらもボツ。最終的には、次女がその身軽さで岩の上を渡り、何とかクリアした

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.499 動画岩を伝って川を横断、万計沢
          (3159kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

アウトドアで課題を克服するには、体力、決断力、そして創意工夫する力が必要不可欠だ。身体と頭をフル回転した後に万計山荘で食べるインスタントラーメンは、筋肉脳味噌すき間にスルスルとちぢれ麺が入り込んでいく感覚(写真g)。

▼追記 2014.10▼
1案「引き返す」
2案「父がオンブしてピンポン輸送」
3案「長男の自作トレッキングポール

現場で父からは上記3案を提示させていただき、頑固な次女にすべて却下された。頑固者って庶民的集団的アウトドア活動にはホント不向き。将来「孤高の冒険家」か何かになって、そっち方面で持ち前の「頑固さ」を生かして欲しい。

結局、地味採用されていたのが、極めて不安定な「長女の自作丸太橋」。次女が渡るときなにげに丸太を利用していることが、動画判定により後日判明した。
▲追記ここまで▲

h
空沼岳の山道を横切る万計沢
(f)


















空沼岳の万計山荘で昼食のインスタントラーメン
(g)















前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.