支笏湖畔モラップキャンプ場。夏休みにカヌーを持って子供と初支笏湖キャンプ。空沼岳と八剣山で子供の登山デビュー。マオイでタンデム自転車。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプリポート(2012年)





モラップキャンプ場、支笏湖畔
(a)
キャンプ場下見、支笏湖畔へ

2012年7月7日、支笏湖畔へキャンプ場の下見。

「今夏の目標は子供達のカヌーデビュー」と決め、フィールドは十数年ぶりに支笏湖を選んだ。キャンプ場の選択肢は2つ、「モラップキャンプ場」と「美笛キャンプ場」だ。

モラップキャンプ場は、札幌から車で1時間半、ひらけた砂浜の湖畔にある(写真a)。

晴れた週末なので、テントがたくさん立っていた。管理人さんの話では「夏休み中はさらに混雑するがフリーサイトのスペースは充分にある」とのこと。予約は不要。

かなりの数のカヌーやカヤックを見かけた。使用後はテント横に置きっぱなしにできる。釣りをしている人もちらほらいたが、私自身は支笏湖の釣りで良い思い出は無い

ひらけたサイトだけに、日陰が少ないのが弱み。タープを張っても、風通しが悪い我が家の山岳用エスパースサウナと化すであろう。

さらに奥に位置する「美笛キャンプ場」は、同じく湖畔にありながら、周りが林に囲まれうっそうとしている(写真b)。

涼しい日陰が多く「大人のキャンプ場」的な落ち着いた雰囲気がある。カヌーはもちろん、近くに美笛川が流れているので渓流釣りができるのが大きな魅力。モラップよりさらに利用者が多く、人気の高さがうかがえる。

しかしながら、花粉症持ち長女(小4)の「鼻がムズムズする」の一言で、候補地から外れた。確かに、敷地内ではポプラの綿毛が大量に浮遊している。この時期だけなのだろうが、いくら感じの良いキャンプ場でも、体調不良だと気分は上がらない。

帰り道、ポロピナイ(2009年にキャンプ場閉鎖)で水切りをして遊び、今回の下見を終えた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.353 動画ポロピナイで水切り、支笏湖
          (878kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

帰宅後、早速夏休みキャンプの計画作りを開始した子供達。いつの日か父のお膳立てがなくても、子供達だけでキャンプに行ける日が来れば理想的だ。【h
美笛キャンプ場
(b)









コテージ、マオイオートランド
(c)
マオイオートランド、長沼キャンプ

2012年7月29日〜30日、長沼町のマオイオートランド。

本州から遊びに来た親戚とのキャンプは、札幌から1時間圏内、大人気のマオイを選んだ(写真c)。コテージを借りて、お手軽・手間なしキャンプを目指す。

台所付きだったが、食材・調理用具の類は一切持っていかなかった。レストランとコンビニを利用し、イベントは「子供の遊び」と「長沼温泉」に限定した。

近くにがない。ちょっとした林と水遊び場(写真d)が敷地内に有る程度だ。「大自然でアクティビティを満喫したい」人よりは、「小さい子供と一緒に気軽にアウトドア気分を楽しみたい家族向けキャンプ場である。

レンタサイクルではタンデム自転車を貸している。初めて乗った子供達は大喜びだった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.356 動画爽快!2人乗り自転車、マオイ
          (553kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

コテージ内は広々している。寝具は4人分だが、シュラフ(スリーピングバッグ)を持ち込めば7〜8人は宿泊できる。特筆すべきは、トイレが(屋外の共用も含め)すべてウォシュレットであること。この点だけでマオイを選ぶ人もいるのではないだろうか。

ただし、ベッドルームいう名のロフト(屋根裏部屋)は風通しが悪く熱気がこもる。寝苦しそうな子供達を見かねて、座布団で1時間ほど風を送り続けた父は、汗だくで布団に入った。【h】 
水遊び場、マオイオートランド
(d)











支笏湖モラップキャンプ場
(e)





カヌーと夕焼け、支笏湖モラップ

2012年8月8日〜10日、支笏湖モラップキャンプ場(写真e)。

週間天気予報とにらめっこして晴れそうな期間を狙ったにもかかわらず、2泊3日のうち1日半は雨に降られた

1日目の夕方に到着。翌朝から活動開始のはずだったのに、明け方に予想外の雨。テント内での朝食後、割り切って千歳市内にある「サケのふるさと館」に向かった。アウトドアイベントに徹することなく、のらりくらりとパートタイムアウトドアで臨んだ方が、子供達の体力的負担は少ないように思う。

館内では、夏休み企画でザリガニ釣り体験が行われていた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.357 動画ザリガニ釣り、サケふるさと館
          (1344kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

私自身が子供の頃、近所の用水路でカエル魚肉ソーセージえさに、アメリカザリガニ(マッカチン)釣りに明け暮れたのを思い出す。

午後支笏湖に戻ると、朝の雨がウソのよう快晴。いよいよ今回のメインイベント子供達のカヌーデビュー”である(写真f)。

まずは子供にパドルを持たせずに、父と2人でカヤッキング。その後、陸(おか)に上がってパドリングの練習だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.358 動画陸でパドリング練習、支笏湖
          (1568kb.16秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

次は彼等にパドルを持たせ、交代で1人ずつ漕がせてみる。意外に早くパドルをとりまわせるようになったので、岸近くに限り子供達2人でのカヤッキングにOKを出した(写真g)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.359 動画カヌーで方向転換、支笏湖
          (1725kb.17秒間.asf形式)
 No.360 動画子供のカヤッキング、支笏湖
          (997kb.10秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

天候不順のため予定していた釣り虫取りはできなかったけれど、カヌー遊びだけで心が満ち足りた子供達であった。

ところで、今回の食事はほとんど子供達が調理をした。焼きそば焼き肉など手間がかからないメニューを選ばせ、フライパンやコンロはあえて普段家庭で使用している重たい調理器具を持っていった(写真h)。理由は“子供が使い慣れているから”。毎日の手伝いで身につけたことがキャンプで生かせる上に、アウトドアでの経験を日常生活で役立たせることができる。

ノウハウを小さい妹に教える役割も、父から姉弟に移行しつつある。シュラフのしまい方、テントの設営方法包丁の使い方(写真i)等々。次女(5歳)に教えることを楽しみ、ひとまわり成長したように見えた。

ただし、雨中のテントサイト撤収作業に関しては、父親主導で行わざるを得なかった。最大の原因は「子供達の雨天時の装備があまりに不十分」であったこと。通学用の雨ガッパでは、どんなに工夫しても下半身びしょ濡れである。かといって、ゴアテックス上下を与える予算など無い。せめてムレムレタイプ(?)でもよいので、子供用レインパンツを次回までに準備できればと考えている。

雨の話題が多くなったが、実は2泊とも夕方にはきれいな夕焼けを見ることができた(写真j)。正面に恵庭岳を望むモラップは、元来「夕日がきれいなキャンプ場」として知られている。この夕焼けを見るためだけでも、モラップキャンプ場選ぶ価値はある。

しかしながら、そんな絶景をほぼムシして水切り夢中な子供達なのであった。【h】 
インフレータブルカヤック(ダッキー)、支笏湖モラップ
(f)
カヤックに乗ってパドリング、支笏湖モラップキャンプ場
(g)


家庭用フライパンとカセットコンロ
(h)
包丁の使い方を教わる、モラップキャンプ
(i)
支笏湖の夕日の中で水切り
(j)
渓流にかかった手作りの橋、空沼岳登山道
(k)
空沼岳登山と万計山荘下見

2012年8月14日、空沼岳(写真k)。

長男(小2)を連れての空沼岳トレッキングは2年ぶり。無理をせず、今回は万計沼まで登ることを目標にした。

予定はざっくりと以下の通り。
  9:00…登山開始(30分ごとに5分間の休憩
 12:00…万計沼到着・昼食・万計山荘下見
 13:00…下山開始
 15:00…登山口到着
大人の1.5倍の所要時間で設定した。結果的には、ピタッと計画通りそれぞれの場所に到着できた。

途中、登山道が崩れ修復・造成されたところが数ヶ所あった。真駒内川支流にかけられていたも、上流寄りにかけなおされていた(写真k)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.361 動画林道の橋を渡る、空沼岳登山
           (1162kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

万計沼周辺は快晴(写真l)。初めて見るきれいな景色のおかげで、息子は3時間歩き続けた疲れを忘れている様子。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.362 動画万計沼到着、空沼岳登山
           (1466kb.15秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ところで今回、子供用トレッキングシューズまで予算が回らず、長男は“運動靴”で登った。さすがにガレ場(小石)は歩きにくそうで、足首が心配だった。しかも前日は。林道はかなりぬかるんでいる。靴の濡れや汚れを気にしだすと足を運ぶ場所が限られ、ますます無理な体勢になりやすい。「いっそゴム長靴のほうが良かったか?」とも思った。

さて、今回の山登りは「万計山荘の下見」を兼ねていた(写真m)。可能なら、シュラフ(スリーピングバッグ)を持って来年あたり一泊したいと考えている。学生時代お世話になった山小屋が、今現在どんな様子か確かめておきたかった。

山荘はしっかり修繕されていて、昭和40年に建てられたとは思えないほど立派な外観だ。息子も一目で気に入り、「次はここに泊まりたい」とかなり意欲的だった。

外を通って左側へ回るとトイレがある。古ぼけてはいるが不潔な感じはない。毎週末に管理をされている方々のご苦労がうかがわれる。

山荘修繕や登山道整備の費用は、山荘利用者等からの募金で賄われている。いつか万計山荘を利用したときには、私も是非協力したいと思う。

トイレ手前にある入口から中に入った。私自身が利用した20数年前と全く変わらない雰囲気だ(写真n)。1階は食事に利用できるテーブルなどがある。炊事場万計沼水を汲み上げられるので、沸かせば使える。

2階は主に寝る場所として利用される。重いテントを運ぶ必要がない上に、ほとんどの点でテント生活より快適。利用しない手はない。

午後3時。疲れ切った表情も見せず、笑顔6時間の山行を終えた長男。彼を支えた運動靴は、ドロドロになって力尽きていた。【h
 
万計沼で昼食、空沼岳登山
(l)
 
万計山荘、空沼岳登山
(m)
 
万計山荘、1階内部
(n)


子供と軽登山、空沼岳登山道
(o)
新トレッキングシューズで空沼岳へ

2012年9月15日、空沼岳。今回は長男(小2)に加えて一番上の娘(小4)を連れてのトレッキング(写真o)。

女の子はトイレが心配だったが、登りが3時間弱とわりと短時間だったこともあって、しっかり水分を取らせても万計山荘まで困ることはなかった

前回は、息子の足元を終始気にかけていた。それならと、子供用トレッキングシューズを1足だけ格安で購入。専門メーカーのモノではないが、それなりに靴底が硬く、アッパーが足首をしっかりサポートしていた。姉弟で足のサイズがほぼ同じなので、登りは娘、下山時は息子に履かせたら、運動靴よりずっと歩きやすいと好評だった。そりゃそうだろう。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.369 動画子供の歩行、空沼岳登山道
           (2730kb.28秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

登りも下りも、度々口にしたアドバイスは1つだけ。
「ひょいひょい歩かず、ノシノシ踏みしめなさい」

子供達は放っておくと、公園の遊具にでも登るようにジャンプしたり駆け上ったりする。転んですりむくぐらいならともかく、石や木の根で滑って捻挫でもしたら、私が背負って降りなければならない。「踏み+しめる」という2段階の意識は、子供の日常生活では少ない練習しなければ身につかない感覚なのだ。

万計沼に到着し、おにぎり&インスタントラーメンという“炭水化物三昧”な昼食をとった(写真p)。麺と米粒がエネルギーに、ラーメンスープが汗に。収支がスッキリおさまった感じの、ある意味バランス栄養食である。【h




万計山荘前でインスタントラーメン、空沼岳登山
(p)
木の根につかまって岩壁を登る、八剣山
(q)
岩壁とロープの八剣山デビュー

2012年10月14日、札幌の八剣山(観音岩山)。

失敗した」と思った。南登山口をスタートした直後だった。いきなりの急勾配。崖の上をはしる細い登山道。今回は5歳の次女を連れてきていた。

標高498mの低山にもかかわらず、未就学児には“壁”に感じられる急斜面が続く。背が低い彼女は岩に手をつき、ロープを使い、時には木の根にしがみついてよじ登った(写真q)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.376 動画ロープで登る登山道、八剣山
           (1415kb.14秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

北海道の山を紹介したには「初級者向け」と記されていた。冷静に考えればそれは“成人の初級者”のこと。身長100cmの幼児は想定されていない。大人の感覚だけでフィールドを選ぶと、今回のような失敗につながる。

だましだまし何とか頂上に到着人気低山の切り立った山頂は、狭いスペースに20人以上がひしめき合っていた(写真r)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.377 動画山頂到着、子供と八剣山へ
           (1325kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

覚悟はしていたが、下りはさらに厳しかった。運動靴の次女は急な斜面では前に進めず、後ろ向きに手をついて降りた。時間がやたらとかかる怪我が心配で、せかすことはできない。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.378 動画急な登山道を手をついて下山
           (1575kb.15秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

当初の予定は「登り1時間、下り45分間」。大人の1.5倍で計画した。実際には
 【登り…1時間10分】
  10:20 南登山口スタート → 11:30 頂上到着
 【下り…1時間20分】
  11:50 下山開始 → 13:10 南登山口着
むしろ、下りの方が時間がかかっている。

長男(小2)長女(小4)妹を気遣い、かなりのスローペースに付き合ってくれた。下山後に「楽しかった!また来たい」と次女が笑顔で言えたのは、2人の功績に負うところが大きい(写真s)。すれ違う登山者にたびたび声をかけられたことも、彼女には励みになったはずだ。

はからずも、多少無理をしたお陰で、次女はデビュー戦でいきなり自信を付けることができた。結果オーライである。【h
 
八剣山山頂に到着した子供達
(r)
















八剣山下山後、南登山口で
(s)

前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.