空沼岳トレッキング。丸木橋。昨年に続き、厚田公園キャンプ場で夏のキャンプ。厚田海浜プールで昼食にトースト。子供達と雨の日の庭キャンプ。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプリポート(2010年)

空沼岳登山口
(a)
低山トレッキング、空沼岳

2010年5月16日、子供達を連れて空沼岳トレッキング(写真a)。

低山トレッキング(山歩き)」は身体への負担が少ない有酸素運動で、中高年の筋トレ・エクササイズとして最適だ。専門的な道具や技術をさほど必要とせず、アウトドア初心者は比較的入門しやすいジャンルである。小さい子供でも、無理をさせなければ充分楽しむことができる。

自宅から車で30分足らずのところにある空沼岳は、子供ができる前、と時折訪れた馴染みの山だ。標高が1225mと低いわりに、沢あり沼あり岩ありでコースが変化に富み、季節の移り変わりを楽しむことができる、魅力いっぱいのフィールドである。

子供が産まれてから登るのは初めて。麓を流れる真駒内川(万計沢)には、渓流釣りでたびたび足を運んでいる。登山口には、その真駒内川に架かる丸木橋がある(写真b)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.294 動画丸木橋を渡る、空沼岳登山口
           (750kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

子供達にはスリル満点丸木橋。始めは恐る恐る四つんばいだったが、慣れると親のこちらが心配するくらいスタスタ渡っていた。10:30にスタートした。

頂上までは7.7km、途中の「万計山荘万計沼)」まででも4.2kmある。そこまで登ろうなどと、大それたことは考えていない。30分ほど歩き、昼飯に間に合うように下山する予定だ。

休憩をはさみながら、林道をのんびり歩く。トレッキングというより“散歩”に近い。最後に休憩した場所(写真c)で、ウグイスの声が聞こえてきた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.295 動画ウグイスと口笛、空沼岳
           (956kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

本物の鳴き声を聞くのは初めての子供達。口笛で真似をしていたが、本家と比べるとあまりにもお粗末。【h
真駒内川の丸木橋、空沼岳登山口
(b)
空沼岳トレッキング
(c)
厚田公園キャンプ場
(d)
サマーキャンプin厚田公園

2010年8月5日〜6日、休暇をとってキャンプへ。昨年お世話になった厚田公園キャンプ場にて(写真d)。

札幌に近くて混雑せず、山・ありと、子連れには好都合なキャンプ場。今回は8歳・6歳の姉弟と一緒に訪れた。次女と妻は、記録的猛暑(32℃)の札幌でお留守番だ。

こんな暑い日には、川遊びがお勧め。場内を流れる川の水はきーんと冷えていて、足を浸けるだけで気分爽快である。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.301 動画川遊び、厚田公園キャンプ場
           (656kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

がいそうな流れだったので、管理人さんに尋ねてみた。「厚田川は支流を含め全ての魚類に関して保護水面。そもそも竿を出すことができないので、魚がいるかどうかわからない」とのこと。

川遊びでスッキリしたら、次は虫取りだ(写真e)。ターゲットトンボ。コツをつかんだ子供達は、とまっているトンボに飽きたらず、飛んでるやつをうまいこと捕虫網でキャッチしていた。

気を付けたいのは、親指ほどもあるアブである。暑さのせいか、今年は大量発生したそうだ。そういえば去年のキャンプでは全く気にならなかった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.302 動画大アブ、厚田公園キャンプ場
           (485kb.5秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ブヨマムシ等々“あぶないいきもの”を、子供達は少しずつ覚え始めた。「見分ける」「避ける」「逃げる」ができるようになれば、活動範囲はもっと広がると思う。

晩飯焼き肉だ。手間を考え炭火は避け、愛用鉄板コンロを使用した(写真f)。相変わらずの手抜き調理実習。子供達が包丁で切ったのは、スイカのみ。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

2日目は、厚田海浜プール海水浴。2009年オープン後、知名度が上がり昨年の数倍の人が訪れていた。

海岸とはいえ、周りが防波堤で囲まれた“プール”だ。管理が行き届き、幼児でも安心して遊べる。保育園児らしき姿も見られた。逆に、高めの波は期待できないので、若者には少々物足りないかも。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.303 動画浮き輪遊び、厚田で海水浴
           (656kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ところでこの日の昼食は、究極のメニュートースト オン・ザ・ビーチ」。キャンプの残りを食べきりたいゆえの大英断は、バーベキューなファミリーが大多数の海辺では、かなり異彩を放っていた(写真g)。開き直れれば、ある種優越感にひたれるはずなのだが、子供達はやや不満げ。うんざり感が漂ったが、冷たいジュースを買い与えて、何とか勘弁してもらった。【h
トンボ取り、厚田公園キャンプ場内
(e)
焼き肉、厚田公園キャンプ場
(f)
昼食はトースト!厚田海浜プール
(g)
庭で夕食、キャンプ
(h)
3歳初の庭キャンプ
      テント骨折と雨

2010年8月10日〜11日、でのキャンプ。

3歳の次女はキャンプに強く憧れている。先日の厚田キャンプでも、最後まで一緒に行きたがっていた。「庭で」ではあるが、今回念願かなって初のキャンプだ(写真h)。

テントの設営中、愛用エスパースポールが折れるというアクシデントに見舞われた。アウトドアショップ(秀岳荘@札幌市白石区)で交換してもらい、仕切り直し。我が家のキャンプ用品はほとんどが20年選手なので、今後続々と修理が必要になると思われる。そういえば、テーブルもこの日一部破損した。

3歳児ができる仕事は限られているシュラフ(スリーピングバッグ)の出し入れ程度は手伝えた(写真i)が、あとは姉任せ、兄任せでほぼ「お客さん」状態だった。

1日目。庭での昼食後、テント設営、ビニールプールで水遊び、近所の温泉で入浴、庭でBBQ、夜は花火、とかなり盛りだくさん。蒸し暑く寝苦しいテントの夜も、子供たちはしっかり楽しんでいた。

雨が降り出したのは明け方だった。天気予報を見ていたので、気持ちの準備はできていた。雨キャンプ未経験の子供達にはかえって好都合、と前向きに考えることにした。

朝食はテント内でカップラーメンを食べた。テント内での食事は3人とも初めて。朝食が一大イベントになった。

幼児連れのキャンプの際、熱湯には細心の注意が必要だ。テント内であればなおさら。カップラーメン、インスタント味噌汁、コーヒー等々、熱湯を使う食べ物は意外と多い。不安定なマットの床でうっかり食器を倒したら、やけどの可能性大である。

朝食後は、テント内でウノ大会が催された(写真j)。大人にとって「蒸し暑く腰が痛くなるテント生活」が、子供達には日常から隔離された「基地」になる。

雨天時の様々なコツ(テントの出入り・荷物の置き方・濡れモノの扱い撤収等々)を子供達が身をもって知ることができたのは、今回の収穫と言える(写真k)。

そして何より、「雨でもそれなりに楽しい」という印象を残してキャンプを終えられたことが、一番大きかった。「何処で何をして何を手に入れたか」より「結果、どんな気持ちになれたか」が、ほとんどの場合最重要である。【h】 

関連コンテンツ「雨でも楽しめるアウトドア」へ
幼児によるシュラフの収納
(i)





テント内でウノ(UNO)
(j)
雨の日のキャンプ撤収作業
(k)

前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.