長男とキャンプ。厚田公園キャンプ場は比較的すいている穴場。長男初の防波堤釣りと川釣りは空振り。滝野の家族キャンプは初ヤマメに会えた。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプリポート(2009年)

厚田公園キャンプ場
(a)
男組キャンプ、厚田公園

2009年7月30日〜31日、休暇をとって息子とキャンプ。厚田公園キャンプ場にて(写真a)。

親子キャンプで初の札幌脱出を目論む。今回は5歳の息子と2人男チームでキャンプだ。長距離移動は難しいので厚田を選んだ。

初めての厚田公園キャンプ場。(平日とはいえ)ハイシーズンにもかかわらず閑散としている。静かに落ち着いて過ごせるキャンプ場だ。海辺のキャンプ場だとこうはいかない

キャンプ場そのものは山あいに位置する。車で下りればすぐ海水浴場があり、防波堤では海釣りが可能。また、渓流釣りができる川が周辺に多い。札幌近郊の穴場だと思う。

厚田の海水浴場は、天然の砂浜ではなく防波堤で囲まれた“海浜プール”なる公営施設である。サイトには「海岸線250m・奥行き60m・全体奥行き102mで安全な海水浴場」と紹介されている。駐車料金は800円取られるが、波が少なく監視員がついているので、幼児連れにはありがたい施設だ。トイレ完備。「海の家」的な売店は見あたらなかった。開設期間は7月中旬から8月中旬まで。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.263 動画厚田海浜プールにて
           (816kb.14秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

1日目の夕方には厚田漁港で防波堤釣りをした(写真b)。何を狙うでもなく塩イソメを餌に“ぶっ込み釣り”だ。カニが1匹引っかかってバラした以外、何の反応もなし。

息子は、カニを見逃したことをたいそう残念がっていた。私は、夕暮れ時を2人でのんびり過ごせただけで満足していた。

むしろ私が悔しかったのは、翌日午前中の“川釣り”である。自分では最も経験がある釣りだけに、「ヤマメをひと目見せたい」とか「何か1匹釣らせたい」とか、とにかく欲が出る。

濃昼川幌川(写真c)の下流域で釣りをした。極小ヤマメが1匹引っかかってバラした以外、何の反応もなし。前日の防波堤釣りと似たような結果なのに、心持ちは真逆だ。

息子はといえば、そんな父の胸の内を知る由もなく、イタドリ虫ごときでしっかり盛り上がっていた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.265 動画イタドリ虫と初のご対面
           (544kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

実はこの日、濃昼川の砂防ダム付近で初めてマムシに遭遇した(写真d)。ふと足元を見たときに2匹もいて仰天。息子は離れた場所にいたから無事だったものの、一つ間違えば大変なことになっていた。考えれば考えるほどぞっとする、今後の教訓である。

さて、キャンプ場でのメインイベントの一つは食事だ。今回の食事は徹底(?)して手を抜いた

 <夕食>
  おにぎり・チーズ・菓子パン
 <朝食>
  トースト・ソーセージ・チーズ
 <昼食>
  ミニカップ麺・ソーセージ・キュウリ丸ごと
  トースト

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.264 動画キャンプの朝食にトースト
           (878kb.18秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

栄養バランスほぼ無視。貧乏学生のようなメニューは「男キャンプ」ならでは。“カロリーメイト&ウィダーインゼリーのみ”よりは、よほど食事らしいとは思う。

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ

ところで、息子はカップメンを食べるのが、生まれて初めてだった(写真e)。“お湯を注ぐこと”から“麺をすする”までの一連の所作が、昼食時の一大イベントになった。「おいしい、おいしい」とはしゃぐ様子を見て、我が子を騙しているような、ちょっと申し訳ない気分になった。【h

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」













初の防波堤釣り、厚田漁港
(b)
初の渓流釣り、幌川
(c)
マムシ2匹と遭遇、濃昼川
(d)














キャンプの昼食にカップラーメン、厚田公園
(e)



テントサイト準備、オートリゾート滝野
(f)
初ヤマメ!滝野キャンプ

2009年8月5日〜6日、昨年初めて利用したオートリゾート滝野で家族キャンプ。

今回目指したことは、
 ・子供達が手伝えることを増やす。
 ・昨年の失敗を生かし、より快適に過ごす。
 ・ヤマメを釣り、子供達に見せる。

設営から撤収まで、子供達は昨年よりはるかに貢献していた(写真f)。
 (1)体力が付き、できる力仕事が増えた。
 (2)キャンプに慣れ、何をすべきか気付くように
    なった。
 (3)準備片付けを楽しめるようになった。

長女は小学生になり、力を必要とする作業が徐々にできるようになってきた。昨年は「引き抜く」「圧縮する」の類はほとんどできなかった

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.268 動画エアマットを丸めて片付け
           (413kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

先日厚田キャンプを経験し、キャンプそのものに慣れてきた5歳の長男は、次に何をすれば良いかわかるようになった。皿洗いや撤収作業では、姉よりも積極的だった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.266 動画キャンプの手伝い、皿洗い
           (544kb.11秒間.asf形式)
 No.269 動画フライシートを広げて干す
           (750kb.168秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

何でもやりたがる2歳の次女は、軽い銀マットを運ぶこと(写真g)や、ミニトマトのヘタを取ることぐらいしかできない。正直なところ、じっと座っていてくれた方が助かる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.267 動画キャンプ、トマトのヘタ取り
           (469kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ところで、昨年の反省を生かし改善した点は以下の通り。
 (1)イカゴロ焼きアルミホイルを敷く(写真h)。
 (2)2枚の封筒型シュラフを全開にし布団にする
 (3)撤収を「一気」にでなく前日から徐々に行う

さて、先日のキャンプで悔しい思いをした渓流釣り。今回も2日目の朝、近くの真駒内川(万計沢)で再チャレンジした。

キャンプ場のゲートが開くのが朝7時なので、釣りが開始できたのがAM7:30頃。先行者の車が止まっていたが、何とかヤマメを1尾つり上げることができた(写真i)。

1匹釣れると釣れないとでは大違い。子供達はきれいな模様(パーマーク)の魚がピチピチはねるたびに興奮していた。餌はイタドリ虫。リリース。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.270 動画初ヤマメにエキサイト!
           (1155kb.25秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

父が釣ったとはいえ、子供達にヤマメを見せられたことで目標は一応クリアした。

その後、今度は子供に釣らせよう竿を持たせてみた。父子で一緒に竿を握る方法を試した(写真j)。ただでさえ魚影が薄い上に、子供の腕に余計な力が入ってアタリがわかりづらい。30分間ほど頑張ってみたが、釣らせることはできなかった。

ウキ釣りなら手に伝わる振動に頼らず、目でアタリがわかる。次回試す価値はありそう。ウキを使った川釣りは、私自身やったことはないのだが。【h
















テントマットを運ぶ、滝野
(g)
イカゴロ焼き
(h)
初めてのヤマメ12cm、真駒内川
(i)
渓流釣り、真駒内川
(j)

前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.