子連れで初キャンプ。オートリゾート滝野は至れり尽くせりのキャンプ場。幼児がキャンプで手伝えること。道具運び、食事の準備、片づけ等々。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 キャンプリポート(2008年)











スタンダードカーサイト、オートリゾート滝野
(a)
キャンプ場デビュー
 … 滝野オートキャンプ(1)

2008年8月6日〜7日、休暇をとってキャンプ。

昨年のキャンプは2回とも「庭」で済ませた。子供達のテント生活にめどが立ったので、今年は上の2人を「キャンプ場デビュー」させることにした。次女1歳半は母親、祖母と共に日帰り。

初キャンプということもあり、幼児連れでも不自由しない「オートリゾート滝野」を選んだ(写真a)。自宅から車で20分。キャンプ場としては至れり尽くせりの超デラックス仕様。(社)日本オートキャンプ協会より「5つ星施設」の認定を受けているそうだが、そんな協会はもとより、格付けがあることすら知らなかった。

センターハウス内には、コインランドリーや無料シャワールーム、売店があり、キャンプ初心者や幼児連れには心強い。さらに卓球場、喫茶室、キッズルームまで用意されているのは驚き。雨に降られて退屈している人やアウトドア生活に興味がない同行者には、願ってもない施設なのだろう。ある意味、懐が深いキャンプ場だ。

レンタル用品も考えられないほど充実している(写真b)。自転車スモーカー、ダッチオーブン、ハンモック、炊飯器等、このあたりまでなら想定の範囲内。テレビや扇風機など「おいおい…」と思うものまで貸し出しされている。

それにしても高い。スタンダードカーサイト料4000円、追加車入場料1000円、施設利用料大人800円×3。しめて7400円也。トイレや炊事場はきれいでしっかり管理されているけれど、これだけの料金を取るのだから当然といえば当然。

さて、せっかく広いサイトを使えるので、タープを立てることにした。ここ数年ソロキャンプバンガロー泊ばかりで、タープ設置は久しぶり

雨の日以上に、今回のような日差しが強い日はタープの利用価値は高い。雨はテントでもしのげるが、日差しはテントを蒸し風呂に変える。快適な日陰をつくるタープは、真夏のファミリーキャンプではほぼ必需品と言える。

サイト設営では、多くの場面で子供達に手伝ってもらった。できることが増え、あれこれやりたがる。テントのポールを組み立てる、シュラフ(スリーピングバッグ)を広げる、マットを敷く、テーブルを出す。子供の成長を感じることができたし、実際とても助かった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.213 動画テントのポールを組み立てる
           (484kb.10秒間.asf形式)
 No.214 動画シュラフを袋から出そう
           (375kb.7秒間.asf形式)
 No.215 動画イスをサイトに設置しよう
           (562kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

調理では「野菜を洗う」「包丁で切る」等、自宅での手伝いが役に立った。4歳の弟は、包丁の扱いがまだまだ危なっかしい(写真c)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.216 動画包丁でキュウリを切ろう
           (448kb.9秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

夕食バーベキューにこだわったが、次女のことを考えて「炭火」を使うのは避けた。代わりに、「焼き肉専用カセットコンロ」なるものを使用。直火で焼けるスリット入りの鋳造鉄板が付いている。(今回は使わなかったが、コンロ下部に折り畳み脚が付いていて、これまた便利)

今回のベスト食材はイカゴロだ(写真d)。イカの胴から抜いたゴロに、ミミとゲソがついて5杯分150円。胴が無いだけでこの値段はお買い得だ。焼けたゲソにゴロを絡めて食べると、コクのある苦みが口いっぱいに広がる。ただ、じかに鉄板で焼いたのは大失敗。ゴロが破裂するので、アルミホイルを敷くべきだった。

夕食後シャワールームを利用した。「浴槽のない銭湯」をイメージすると良い。無料なので、子供達が汗をかいたら何度でも利用できる。

母、次女、祖母が夜8時頃に帰宅。2人とも寂しがる様子はなく、あとを任される父としてはホッとした。

夜のイベントは花火だ(写真e)。キャンプ場内では夜10時までOK(打ち上げは不可)。自分1人で花火を持てるようになった息子は、心から楽しんでいた。

このキャンプ場では、夜10:00以降が「静粛時間帯」というルールになっていて、直前に場内放送も入る。パーフェクトではないが、急に静かになるのは確か。幼児連れにはありがたい制度だ。

「夜は静かに」というのは当たり前のマナーのはずなのに、浜益キャンプ場などでは夜中まで騒ぐ酔っぱらいがいたりで、不愉快な思いをすることが多い。マナーが守られなければルールがつくられる、というのは自然な流れ。

寝る前、子供達に本を読んだ。去年のキャンプは「へなそうる」、今年子供達は「なつのほし(写真f)」を選んだ。寝る前に眺めた空は、周りが明るすぎて満天の星にはほど遠かった。(実はもう1冊「忍者の大常識」という本を持参。先日の伊達時代村以来、我が家はすっかり忍者ブームなのである)

夜の暑さにもかかわらず、昨年のように寝苦しいとぐずることはなかった。【h

レンタル用品、オートリゾート滝野
(b)
























キュウリを包丁で切る
(c)



イカゴロ焼き
(d)
キャンプ場で花火
(e)
なつのほし、かこさとし
(f)






テント内で熟睡
(g)
経験と成長
 … 滝野オートキャンプ(2)

2008年8月7日、滝野キャンプ2日目。

明け方は寒い。2人の寝相の悪さは相変わらずで、何度も抱きかかえてシュラフ(スリーピングバッグ)に戻した(写真g)。これだけ頻繁にとび出すのであれば、いっそのこと封筒型シュラフを開いて、布団として使う方が賢いかも。

am5:30起床。朝食は父の監修だ。イイ加減でおおざっぱ、調理せず手間をかけない。魚肉ソーセージ1本、チーズ1P、キュウリ丸ごと、菓子パン1個。これ以上手を抜きようがない、つまり「究極の食」である。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.217 動画流しでキュウリを洗おう
           (393kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

丸ごとのキュウリは、塩を忘れたので「焼き肉のタレ」をつけた(写真h)。ふだんと雰囲気がちがう食事を、子供達はたいそう喜んだ。これが毎日続いたらウンザリだろうに。

午前中、テントタープを乾かす間、虫取りをしたり池で遊んだりした。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.218 動画トンボ、捕まえた、触った
           (1090kb.23秒間.asf形式)
 No.219 動画キャンプ場の池で水遊び
           (448kb.9秒間.asf形式)
 No.220 動画滝野の森、遊歩道を散策
           (562kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

今回のキャンプ生活を通して感じたのは、4歳の息子の成長だ。寝しな、寝起きにぐずらない。姉より先に行動する。怖がらずに触る。こけても濡れても泣かない等々。キャンプによって成長したのか、キャンプだから成長が見えたのか。はたまた、この日限定の気まぐれか。

テント設営では2人が予想外に役に立ったので、撤収でも実はかなり期待していた。が、当ては完全にはずれた。物を「広げる」だけの設営と違って「圧縮したり」「引き抜いたり」しなければならない撤収は、体重も力もない幼児には無理な作業だった(写真i)。せいぜい銀マットテーブルを「たたむ」ことぐらいしかできない。

炎天下、実質1人でフル装備の片付けは辛かった。「撤収メンバーがそろわないなら設営物は控えめに」というのが今回最大の反省。ソロテントのみなら1人で軽々5分だ。

撤収後はキャンプ場を出て、滝野公園内で川遊びをした。遊具広場サイクリング釣り堀、水遊び、森の散策。子連れの家族なら、園内だけで何日でも過ごせそうだ。

子供とキャンプ場に来ると、どうしても「教える場」になってしまう。それはそれで楽しいし、しばらくは仕方がないけれど、私が描いているイメージとはちょっと違う。次回一番意識したいのは「大人も熱中できるキャンプ」、家族サービスではなく趣味として続けたい。【h

関連コンテンツ「徹底しないアウトドア」へ
キャンプの朝食
(h)






タープ撤収、ペグ抜き
(i)












前のキャンプリポート キャンプリポートトップへ 次のキャンプリポート


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > キャンプ記 > キャンプリポート >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.