服用すると体に良い羅臼温泉「熊の湯」源泉。ペットボトルに汲んで持ち帰るとよい。音や臭いが楽しめる露天温泉。地元の人との交流を楽しむ。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 3.熊の湯の楽しみ方 … (2)地元の方々との交流

最後は、「熱いお湯」以外の楽しみ方についてのアドバイスです。

十ヶ条その8
ここのお湯は服用しても体に良いのでぜひ服用して下さい。


源泉と水の混合槽にコップが備え付けてあり、源泉を飲むことができます。
以前、ペットボトルに源泉を入れて持ち帰る人を見かけたことがあります。なるほどと感心しました。次に訪れるときには、私もペットボトルを持参しようと思っています。

気を付けなくてはならないのは、混合槽の右側の管から出ているのは沢水(川の水)だということ。絶対に飲んではいけません

味覚だけでなく、聴覚や嗅覚でも熊の湯を楽しむことができます。
耳をすませば川のせせらぎ、鳥や虫、そして「何だかよく分からない生き物」の鳴き声が聞こえてきます。
強い源泉のにおいに混じって、葉や土のほのかなにおい。ゆっくりお湯につかりながら、時々深呼吸してみて下さい。

最後になりましたが、熊の湯の隠れた楽しみは地元の方々との交流です。

私はあまり積極的な方ではなので、初対面の人に自分から声をかけたりはできません。温泉につかりながら地元の方々の話に耳を傾け、時折それにうなずき、他の観光客とのやりとりをほほえましく眺める。そして、話かけられたら喜んで会話に参加する。これだけでも楽しい交流のひとときです。

そして、湯からあがるときには「ありがとうございました」と、一声かけていきましょう。熊の湯を管理してくださっている地元の方々と、知床の大自然に感謝の意を表して温泉を出るのです。【h

▼追記 2006.1▼
熊の湯の給湯ポンプなどが老朽化し、安定したお湯の確保が難しくなったため、2005年に「熊の湯愛好会」の皆様が中心となり寄付金を集めました。多くの方のご支援で、何と2,629,000円の寄付が集まったそうです。
これに伴い、熊の湯の改修工事が行われました。そのため、当コンテンツで紹介した「改修工事前の施設設備や周辺環境」と「工事後」の状況は、若干(かなり?)異なったものになることが予想されます。ご了承下さい。
▲追記ここまで▲

▼追記 2006.8▼
熊の湯の改修工事で、あの「野趣あふれる雰囲気」がガラッと変わってしまったらどうしようと、ちょっと不安でした。実際に2006年8月に熊の湯に行って、この目で確認。結論から言うと、「どこを改修したの?」というくらい、外見上は変化なし。ポンプ等、見えない部分だけを修理したと思われます。一安心しました。
▲追記ここまで▲

【第5巻終わり…初稿2005年】

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」(1)
このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」(2)
ご意見・ご感想をください ≫メール ≫みなさまのご感想集
前ページ この巻の目次へ 第1巻に戻る

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.