熱いお湯の羅臼温泉「熊の湯」ルールとマナー。湯船の掃除について。勝手に水を入れない。地元の人の清掃を手伝う。熊の湯入浴十ヶ条紹介。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.ルールとマナー … (3)熊の湯独自のルールとマナー

次に、十ヶ条のうち、熊の湯独自と思われるルールやマナー【その1479】についてアドバイスします。

十ヶ条その1
脱衣所に入ったら、何が書いてあるかよく見てよく読んでから入って下さい。読む余裕がなくお急ぎの方は、入浴せずお帰り下さい。


熊の湯の雰囲気に慣れていない初心者は、湯につかることだけで精一杯。「十ヶ条の看板」はおろか、周りのものがほとんど目に入りません。その上、この看板は暗がりにかけてあるので、意識していないと見落としてしまいます。正直言うと、私がこの看板の存在に気付いたのは、熊の湯に入って2回目か3回目のときでした。

私は熊の湯に訪れる度にこの十ヶ条を読み返し、忘れかけた心得を思い出しています。

十ヶ条その4
湯船に入っている人が(例えば10人いるとして)半分の人が熱いといえば水を入れても良いが、2,3人が熱いといってもその人達には従わなくてもよろしいです。


熊の湯は熱いことで有名です。この熱さは、毎日入る地元の人にとっては何でもないのでしょうが、たまにしか入らない私のような観光客には、それこそ熱湯のように感じられます。

家庭であれば、好みの温度まで水を足すことは自由です。しかしここは公共温泉、原則は「そのままの温度で入る」です。

ただ、観光客が熱くて入れずにいるのを地元の人が見かねて、水で温度を下げてくれることがあります。これはあくまでもご厚意なので、自分で勝手に温度を下げることがないようにしましょう。

どうしてもという場合には、「十ヶ条その4」に書かれているとおり、「みんな」がいいよと言っているのなら水を入れてもいいのではないでしょうか。場の雰囲気を察し、あとから入ってくる人のことも考えて判断しましょう。わがままは許されません。

十ヶ条その7
誰もいない湯船にはいる時、熱かったら水を出しても良いが、上がる時には必ず水を止めてから上がって下さい。自分が入っている時、誰かが来てその人が止めるだろうという気を持たず、出した人が必ず止める事。


初心者は「どこから水が出ているのか」すら気付くことが出来ません。湯船のすぐ脇に「源泉と沢水を混ぜる混合槽」があります。混合槽の右の管が沢水、左の管が源泉です。右の沢水は蛇口で水量を調節できます。くれぐれもぬるくしすぎないようにしてください。

当然のことですが、水を出せば混合槽の近くはぬるくなります。お湯が熱いと感じる場合は、混合層のそばにポジショニングすると比較的つかりやすくなります。子供が入ってきたときには、混合槽の近くは譲ってあげましょう。小さい子にとっては絶叫してしまう湯温なのですから。(当然のことですが、水を止めれば混合槽の近くは逆に熱くなります)

ちなみに、熱湯が出ている源泉は男湯の山側奥10m位にあります。小道があるので、話の種にのぞいて見るのもいいかもしれません。

十ヶ条その9
湯船を掃除している時は手伝いをして下さい。手伝いも出来ないくらいお急ぎの方は入浴しないでお帰りください。


以前、私は「熊の湯」の掃除を手伝わせてもらった事があります。お湯をすべて抜いたあとにデッキブラシを使ってこすり、その後お湯をはります。地元の方が中心になり、キャンパーや湯治客が10人くらいで協力して掃除しました。

掃除は(朝6時からと掲示されてはいますが)毎朝5時20分位から行われます。お湯をすべて抜くので、掃除後も7時くらいまでは入浴できません。

掃除に協力することはもちろん大切ですが、それ以上に「地元の人のおかげで温泉に入れるんだなぁ」ということを手伝いを通して実感することが重要だと思います。

なお、サイト内にある熊の湯の写真はすべて掃除中に撮らせて頂いたものです。間違っても(男湯も含めて)入浴している人がいる時に撮影しないように心がけてください。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.