羅臼温泉「熊の湯入浴十ヶ条」。一般的な入浴マナーとルール。湯船にはいるときには体を洗う。アルコールは持ち込まない。水着で入らない。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.ルールとマナー … (2)入浴時の一般的なルールとマナー

前述の十ヶ条をおおまかに分類すると、次の3項目に分けられます。
 ・ 入浴時の一般的なルールやマナー【その256
 ・ 熊の湯独自のルールやマナー【その1479
 ・ 熊の湯の楽しみ方のアドバイス【その3810

まず、入浴時の一般的なルールやマナー【その256】について、私なりに補足とアドバイスをしていきます。

十ヶ条その2
湯船に入る時は体を洗ってから、さらにお湯を2,3杯かぶってから入って下さい。


入浴時に身体、特に下半身を洗ってから入るというのは、当然のマナーです。しかし、最近は銭湯などを利用する人が減り、この手のマナーは「守れない」というより「知らない(教えられていない)」若者が増えてきているように感じます。

熊の湯では、このようなマナーを守れない者は、地元の入浴者の方々にその場で叱られます。マナーに厳しいし見て見ぬふりなどしません。ましてや「知らなかった」などという言い訳は通用するわけがありません。「知らなければ叱られてその場で覚える」。熊の湯はまさに社会教育の場なのです。

体にお湯をかける時には、予想以上に熱いのでそのつもりで。知らずに勢いよくかぶると、思わず大きな声が出て恥ずかしいおもいをします。

十ヶ条その5
浴場には絶対アルコール類は持ち込まない事。


熊の湯にはビールなどを持って入ってはいけません。旅行番組のレポーターが「いいお湯ですねぇ」と言いながら熱燗で一杯、などという光景を望むなら熊の湯に入るべきではありません。他の温泉で許されるかどうかは知りませんが…。

酒の持ち込みに限らず、「旅の恥はかきすて」とばかりに浮かれ気分で熊の湯に入ることは避けましょう。大声を出したり、場所を占領したり…等々がこれにあたります。熊の湯は本来、地元の人が1日の仕事の疲れを癒す生活の場所です。観光客のためのものではありません。「自分(のグループ)だけいい気分、周りは大迷惑」などということがないように心がけましょう。

十ヶ条その6
湯船に水着で絶対に入ってはいけません。ここは浴場です。プールではありません。


「風呂に水着で入らない」というのは、常識のように思えます。が、昨今「修学旅行で水着を着て風呂に入る中学生」といったことが話題になるように、若い世代には決して当たり前の事ではないようです。

それに、熊の湯の近くにある「セセキ温泉」では水着着用可らしいので、勘違いした観光客が「熊の湯に水着で入ってしまった」というような実例が、ひょっとするとあったのかもしれません。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.