羅臼温泉「熊の湯」の「熊の湯入浴十ヶ条」の紹介。熊の湯のルールとマナー。羅臼町、羅臼町観光協会、熊の湯愛好会が設置した心得十ヶ条。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.ルールとマナー … (1)「熊の湯入浴十ヶ条」

熊の湯は地元の方がボランティアで管理している温泉なので、利用させていただくときのルールやマナーは必ず守らなければなりません。といっても決して難しいことではなく、常識的なことを当たり前のように守れば良いのです。

熊の湯の脱衣所に入ると、「熊の湯入浴十ヶ条」と書かれた大きな看板が目に入ります。熊の湯を利用するにあたって、最低限のルールやマナーがそこには書かれています。記載されていることは以下の通りです。

■熊の湯入浴十ヶ条

その1
脱衣所に入ったら、何が書いてあるかよく見てよく読んでから入って下さい。読む余裕がなくお急ぎの方は、入浴せずお帰り下さい。

その2
湯船に入る時は体を洗ってから、さらにお湯を2,3杯かぶってから入って下さい。

その3
湯船に入って熱いと思ったら、1回目はすぐに上がって上で休んでお湯をかぶりますと、2回目からはあまり熱く感じません。

その4
湯船に入っている人が(例えば10人いるとして)半分の人が熱いといえば水を入れても良いが、2,3人が熱いといってもその人達には従わなくてもよろしいです。

その5
浴場には絶対アルコール類は持ち込まない事。

その6
湯船に水着で絶対に入ってはいけません。ここは浴場です。プールではありません。

その7
誰もいない湯船にはいる時、熱かったら水を出しても良いが、上がる時には必ず水を止めてから上がって下さい。自分が入っている時、誰かが来てその人が止めるだろうという気を持たず、出した人が必ず止める事。

その8
ここのお湯は服用しても体に良いのでぜひ服用して下さい。

その9
湯船を掃除している時は手伝いをして下さい。手伝いも出来ないくらいお急ぎの方は入浴しないでお帰りください。

その10
ここのお湯は2,3回繰り返し入りますとすごく温まりますので、ゆっくり疲れをとってお帰り下さい。

 (羅臼町、羅臼町観光協会、熊の湯愛好会)


さて、この十ヶ条をもとに熊の湯の「ルールとマナー」そして「楽しみ方」について、初心者向けのちょっとしたアドバイスをしたいと思います。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.