源泉掛け流し羅臼温泉「熊の湯」の紹介。泉質・泉温・効能。交通アクセスと駐車場について。住所と問い合わせ先について。脱衣所等の施設。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 1.熊の湯の紹介 … (2)特徴と周辺環境

羅臼温泉「熊の湯」について、もう少し詳しく紹介しましょう。

熊の湯は「北海道目梨郡羅臼町湯の沢町」にあります。車で行くには、羅臼町で国道335号から国道334号(知床横断道路)に入ります。そこから5km程走ったところに熊の湯の入り口があります。

入り口のすぐ脇に駐車場があり、10台程停まれるスペースがあります。混み合う時期はいつもいっぱいで、あふれた車やバイクが路肩に停まっています。駐車場のすぐ横にかかる朱塗りの「いで湯橋」を渡ると、そこに熊の湯があります。

熊の湯の泉質は、含食塩硫黄泉です。神経痛・筋肉痛・慢性皮膚病・冷え性・切り傷にきくそうです。源泉は熱湯の高温泉。もちろん源泉掛け流し「本物の温泉」です。

源泉掛け流しなので24時間お湯は出ていますが、朝の5時半から7時くらいまで入浴することができません。地元ボランティアの方々が中心になって、5時半頃から浴槽の清掃を行い、そのあと7時頃まで湯船にお湯をはるからです。

熊の湯は男女別の露天温泉です。
男湯の周りには原始林以外何もありませんが、女湯はしっかりと木の板で囲まれています。「塀で囲まれているので安心して温泉を楽しめる」という意見と、「塀のせいで露天風呂の開放感や眺めが台無し」という、2つの意見に分かれるようです。「外は見たいが中は見られたくない」というジレンマがつきまとう、なかなか難しい問題です。

男湯脱衣所は扉がないので、湯船から見通せます。ライダーなど貴重品を持ち歩く人は、目を離さなければ脱衣所に置いても心配はなさそうです。女湯脱衣場の入り口にはちゃんと扉が付いています。

髪や体は、湯船の周りにある排水口の周辺で洗うことができます。
男湯には排水口は3カ所、女湯には(おそらく)1カ所あります。排水口の近くで座り込んで話などをしないようにしましょう。体を洗いたい人が迷惑します。

熊の湯には管理棟などはありません。問い合わせ等は羅臼町水産観光振興課(01538-7-2162)にするとよいでしょう。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『知床熊の湯入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.