「ワカサギ氷上穴釣り」の必需品や便利グッズを写真で紹介。初心者向けに解説します。竿・リール・仕掛け・ドリル・竿立て・ソリ・手袋・餌入れ等々。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 【付録】わかさぎ釣りグッズ 〜「必需品」と「便利グッズ」〜
関連コンテンツ「わかさぎ釣りのすすめ」を始めから読む。「わかさぎ釣りのすすめ」を始めから読む
■必需品
竿(リール使用)
(a)
■竿
 (リール使用)
愛用のワカサギ釣りの竿リールを使用するタイプ。手バネ竿より効率は悪いが、道具としてとても気に入っている。

穂先はフニャフニャのステンレス板でできている。市販品の中では比較的感度が良い方である。値段もさほど高くなかった。¥2,000前後で購入。

もっと安いサオなら¥500でおつりがくる。竿とリールのセット物も売られている。【h
穂先(ステンレス板)
(b)
■穂先
 (ステンレス板)
上記の竿の「穂先」。薄いステンレス製。道糸が凍り付きやすいけれど、あまり気にせず使っている。穂先が取り外せないタイプなので、保管時に折れぬよう注意が必要。

この他に、ホスボンやカーボン、グラスの竿を持っている。ホスボンの穂先は、柔らかくて使いやすいが、これも折れやすい。【h】 
リール各種
(c)
■リール(両軸)各種 わかさぎ用の小さなリール。一番左側の金属製のリールがお気に入りである。他のリールより、軽くてトラブルが少ない。

こだわる人は、道糸をPEラインなどに交換するそうだ。私は付いている道糸をそのまま使っている。

特に、寒くて凍りついてしまうときや、水深の浅いポイントでは、リールを巻かずに手でたぐることが多い。「リール竿」は「手バネ竿」を兼ねるのである。【h
仕掛け各種
(d)
■仕掛け各種 ハリの大きさはは1.5〜2号、ハリスの本数は4〜8本くらいのものをよく使う。サビキ仕掛けもあるが、餌をつけたほうが当然食いは良い。

オモリの下の「下バリ」と「その一つ上のハリ」に、ワカサギは良くかかる。だから、ハリの数はあまり多くても意味がないような気がする。

最近は、下バリを含めてハリスが4本の仕掛けをよく使う。ハリが少ないと、餌の付け替えが楽だしね。【h
アカムシ(わかさぎ釣りの餌)
(e)
■エサ(アカムシ) 写真はわかさぎ釣りの餌「アカムシ」である。私は、ハリにつけやすい紅サシを使うことが多いが、食いが渋い時にはアカムシを使う。

仕掛け投入後、時間が経過するとアカムシの赤色が抜けて白っぽくなる。その時がエサの替えどき。

弱点は、細くて指でつぶれやすいので、ハリにつけづらいこと。「大根の輪切り」にアカムシをのせて針にかけると、イライラすることなく餌付けができる。【h
氷すくい(折りたたみ式)
(f)
■氷すくい
 (折りたたみ式)
釣っている最中に、穴に張る薄氷を取り除く道具必需品である。氷が張ると、アタリが分からなくなるし、釣り上げる時に魚がはずれてしまう。氷はまめに取り除こう。

写真のタイプは、プラスチック製の折りたたみ式。道具箱に収納できるので便利。【h
氷すくい(金網)
(g)
■氷すくい
 (金網) 
同じく、氷すくい。これは金属製のタイプ。見た目は「鍋料理であくを取るヤツ」に似ている。網目はそれよりはずっと粗い。

使い勝手は、上記の樹脂製とさほど変わらない。

極寒の日は、編み目が凍り付いて「お玉」になってしまうので、たたいて割ろう。【h
折りたたんだアイスドリル
(h)
■アイスドリル 湖の氷に穴を開けるドリル。折りたたんで持ち運ぶ。

釣りをする人全員がドリルを持参する必要はない。同行者や近くで釣っている人に借りればそれで済む。

それに、有料の釣り場ではほとんどが無料でレンタルしてくれる。穴あけ作業に慣れていなければ、「穴あけサービス」をしてくれる釣り場まである。

買うと結構高い。\8,000前後する。ドリルを持っている人と友達になって、一緒にわかさぎ釣りに行こう。その友達にお礼の菓子折を買っても、まだ¥5,000は浮く。

折れ曲がる部分(ジョイント部)に雪が入ると、ドリルがまっすぐに組み立てられない。「くの字」の状態になり回せなくなる。熱湯を持参し、ジョイント部の氷を溶かそう。【h
アイスドリル
(i)
ドリルの刃
(j)
■アイスドリルの刃 アイスドリルの刃先。これが2つ付いている。かなり鋭いので、使用後は必ずキャップをしておくこと。万が一転んで顔にでもぶつかったら、大変なことになってしまう。

刃が切れなくなったら、メーカーに頼めば交換できるらしい。【h
イス(折りたたみ式)
(k)
■イス
 (折りたたみ式)
何のへんてつもないアウトドア用のイス。もっと小さいイスの方が、持ち運びは便利である。「座りやすさ」と「重さ」をはかりにかけて、好みで選べば良い。私は座りやすさを優先している。大きめのイスは、座面や背もたれが風よけになる。

経験上、立ちっぱなしで釣るのはキツイ。よって必需品

入れ食いの時」などは、逆にイスに座る暇がない。氷にウレタンマットを敷いて道糸をたぐった方が、立ち上がる手間がなくて効率がよい。【h
革手袋(作業用)
(l)
■革手袋
 (作業用)
愛用の革手袋。わかさぎ専用に使っているわけではなく、冬の作業一般で使用。中ボア仕様で厚く、とても暖かい。

弱点は、時間がたつと水がしみてくること。極寒時は、凍りついて道糸がはり付いてしまう。その点、ゴム製の作業手袋なら防水性はしっかりしている。

私は厚いゴムのゴワゴワが好きじゃないので、手になじむ皮手を使っている。

余談だが、北海道弁では手袋は「はく」と言う。【h
釣り手袋(3本指切り)
(m)
■釣り手袋(3本指) 渓流釣り用の手袋。親指・人さし指・中指が切れていて、細かい作業に向いている。

一部薄いネオプレーン製なので、暖かい日ならこの手袋だけでも何とか耐えられる。

手袋を選ぶ時には、ハリが引っかかりやすい素材の物は避けた方がいい。【h
小バサミ
(n)
■小バサミ 主にエサのサシを切断するのに使う。小さいハサミで十分だけれど、指のはいる部分は大きめのものを選んだ方が、使い勝手が良い。手袋をしていても指が入るものがベスト。

「糸切りバサミ」タイプも、指で広げる必要がないので使いやすいと思う。【h
防寒長靴
(o)
■防寒長靴
 (ウィンターブーツ)
防寒用でなくても、普通のゴム長靴でも何とかなる。厚手の靴下をはいて、スキーウェアの裾を長靴の上にかぶせれば、l結構暖かい。靴底に「くつ用カイロ」を入れればなおよい。

写真は防寒用のくつ(KamiK カミック チューリッヒ・メンズ)。長所は、ボアが付いているので雪が入り込みにくいこと。インナーが厚いので、ゴム長靴より暖かいこと。

短所は、雪がとけるような日は、側面の皮に水がしみること。【h】 
わかさぎ釣りのときの服装
(p)
■服装 わかさぎ釣りの時の服装の例。写真は、風がなく比較的暖かい場合。(極寒の服装例)

下着は、長袖Tシャツにタイツと厚手の靴下。ジャージの上にスキーウェア。そして、長靴(ウィンターブーツ)手袋。カイロは使用しなかった。

もっと寒い時には、さらにニット帽をかぶりウェーダーをはく。手袋も、指先がかくれるものを使った方が良い。風が強い時には、スキーウェアのフードが威力を発揮する。【h
■便利グッズ
ウェーダー(ネオプレーン)
(q)
ウェーダー(ネオ) ワカサギ釣りの服装は、基本的にはスキーウェアで良いが、渓流釣り用の厚手(ネオプレーン)のウェーダーを持っているなら使用してみると良い。保温性・防水性ともおあつらえ向きだ。胸まであるチェストハイタイプなら、ウエストハイウェーダーよりもさらに温かい。

弱点は、トイレで用をたしにくくなること。重ね着の上にウェーダーをはいている人は、ギリギリまで我慢すると大ピンチになる。余計なお世話だが、水分を控え早めに対処すること。

そしてもう一つの弱点は、靴底のフェルトに雪が付着しやすいこと。凍り付いて足裏が強烈に冷えるし、滑って雪の斜面を登れなくなる。靴底の雪を落とすために、カナヅチの類は必須。もしくは、靴底に後付けの滑り止めを装着すると良い。

ズボン等で下半身の防寒ができるなら、履き物はフェルト底のウェーダーより、むしろゴム底の長靴の方が良いかも。【h
ウレタンマット(座布団)
(r)
■ウレタンマット
 (座布団)
足やお尻の下にしくウレタンマットは、必需品に近い。服装だけでは防ぎきれない冷えを、マットがカバーしてくれる。特に足裏の冷えには効果てきめん。

写真のような座布団タイプから、お風呂で使うバスマットまで、大きさや厚さは色々あるので、釣りのスタイルにあったものを選べばよい。使い方によっては、イスなしもでOK。【h
えさ入れ
(s)
■えさ入れ
 (サシ虫入れ )
えさ入れは私にとっては必需品。使わない人もいるそうなので、便利グッズに入れた。

寒さでかじかんだ手では、小さなエサはつまみづらい。氷の上に広げると、氷に張り付いてますますつかめなくなる。

写真のような受け口が付いたえさ入れなら、袋から取り出すわずらわしさがない。エサ付けのイライラから、多少解放される。【h
竿立て各種(立てかけ式)
(t)
■竿受け(置くタイプ) 竿受けは「絶対必要だ」という人と「必要ない」という人と、意見が分かれる道具だ。

「必要だ」という人の理由は、「手に持つと穂先が揺れてアタリがわからない」。「必要ない」という人の理由は、「竿を置いたままだとアワセが遅れる」。どちらの言い分も、もっともである。

私自身は、あまりシビアな釣りはしていないので、竿受けは使ったり使わなかったりだ。【h
竿立て(クリップ式)
(u)
■竿立て(クリップ式) 私が竿立てで便利だと思うのは、竿にクリップでつける写真のようなタイプ。軽くて荷物にもならない。

弱点は、イスに座った姿勢だと竿が低くて取りづらいと言うこと。アワセも遅れがちだ。それが嫌な人は、上記のような、竿位置が高いタイプを使えばいい。もしくは、イスを使わずウレタンマットに座る。【h
クーラーボックス(小)
(v)
■クーラーボックス
 (小)
近い釣り場であれば、クーラーボックスは必要ない。魚の入ったビニール袋に、雪を詰めて持ち帰ればいい。

釣り場までちょっと時間がかかる場合には、保冷できる道具が必要だ。

釣具屋で売っている発砲スチロールの箱で充分。どうせ魚臭くなってしまうのだから。【h
そり
(w)
■ソリ テントやアイスドリルなど道具が多い時、車から釣り場まで荷物を運ぶソリは、あると大変便利。

写真は、ホームセンターで買った大きいサイズのソリである。このくらいの大きさなら、2,3人分の道具を一気に運ぶことができる。

北海道ならスーパーでも売っているけれど、本州ではどこで手に入れるのでしょう?よく分かりません。

余談だが、「そり遊び」にもこの大きさのそりが面白い。小さいソリより高速安定性に優れているし、親子2人で乗って充分な広さがある。【h
そり(荷物を入れた所)
(x)
■ソリ
 (荷物を入れた状態)
上記のソリに、私のわかさぎグッズ一式をのせたところ。

クーラーボックスはたいてい車に置いていくし、風がない時ならテントは必要ないので、実際には荷物はずっと少ない。のせようと思えばこのぐらいは楽勝、という参考例である。

移動中、斜面では不安定になる。ソリの後ろに「落ちた荷物を拾う人」が1人いると、安心して運べる。

実際に私は「アイスドリルを落とす」という大失敗をした経験がある。あらかじめ、自転車用のネット等を使用して落ちないような対策を講じておく必要がある(詳しくは淡水の釣り2006)。【h
タックルケース(竿などを入れた所)
(y)
■タックルケース
 (竿等を入れた状態)

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.