ワカサギ釣りは実はとても忙しい釣りです。ぼんやりしていると良い釣果は得られません。微妙なあたりを見逃さないこと。手返しよく釣ること。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 3.わかさぎ釣りのコツ … (3)テクニック「竿の操作」

前ページを読んで気付かれたと思いますが、実はわかさぎ釣りはとても忙しい釣りです。「のんびりと糸を垂らして、あとは待つだけ」というイメージは捨ててください。どれだけ忙しいか、エサをつけた後の一連の動きを、手順を追って説明していきます。

まず、エサを付けた仕掛けを穴に投入します。始めの2〜3回はタナ(魚の群れがいる深さ)を探ります

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.8 動画わかさぎ釣り仕掛けの投入
          (299kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

湖底まで仕掛けをおろしたら、アタリがあるまで数分ごとに仕掛けを上げていきます。5分待ってアタリがなければ30cm上げて、また5分たったら上げて、というようなことを繰り返します。これを数セット繰り返すうちに、魚がどの辺の深さ(タナ)を泳いでいるのか、何となく分かってきます。ちなみに、北海道の湖なら「底釣り(タナが湖底すれすれであること)」の場合が多いようです。例外は「夜釣り」で、ワカサギは灯りに誘われて表層に寄ってくるそうです。私は夜釣りの経験はありませんが、手繰りがとても楽そうですね。

タナが分かったら、本格的に釣り始めます。狙ったタナに仕掛けを降ろし、竿を動かしてわかさぎを「誘い」ます

じっと待っていても、良い釣果はまず期待できません。10〜50cmくらいの幅で仕掛けを上下左右に揺らし、魚の食い気を誘うのです。
そして、ときおり仕掛けを「ぴたっ」と静止させましょう。エキスを振りまきながら漂うエサの動きが止まった瞬間、わかさぎは思わず食らいつきます。仕掛けを止める時間は3〜10秒程度で良いと思います。
試行錯誤を繰り返し、良く釣れる「誘いの幅とリズム」を見つけてください。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.9 動画わかさぎ釣りの「誘い」例(1)
          (276kb.5秒間.asf形式)
  No.10 動画わかさぎ釣りの「誘い」例(2)
          (244kb.6秒間.asf形式)
 No.309 動画初めてのワカサギ釣り、誘い
          (944kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

竿の穂先が「ぶるるっ」と震えてアタリがきたら、3〜50cmほど竿をしゃくり上げてアワセ(さかなにハリを引っかけること)ます。

アワセをしないと、魚はハリをつつくだけで口にはかかりません。時間がたてば逃げてしまいます。神経を集中して微妙なアタリを見逃さず、ぶるっと来たら素早くアワセましょう。 この「アタリ→アワセ」の一連の操作が、わかさぎ釣りで最も神経を使い、それだけに最も面白い局面です。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.86 動画わかさぎ釣りのアワセ
          (525kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

信じられない話ですが、プロ級の腕前になると「穂先が震える直前」にアワセられる、と聞いたことがあります。道糸の動きと水面の変化で、魚がハリをつっつく寸前に気配を感じることができるそうです。まさに神業といえます。

私が持つ「アワセ」のイメージは、ハリスに近づいたわかさぎの「群れ全体」にハリをひっかける、という感覚です。エサをつっついた魚だけを「狙い撃ち」、というイメージは持っていません。

言い方を変えると、「近くの魚のどれかに引っかかればいいや」という感じです。だから、ハリが必ずしも口にかからなくても良いと思っています(口以外の体側や尾びれ等にかかることをスレといいます)。ベテランの皆様には邪道と言われそうですが、スレでもOKと私は考えています。

さて、アワセた後も穂先や道糸がぶるぶるしていれば、ハリに魚がかかっています。道糸を手繰(たぐ)って仕掛けを上げましょう。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.36 動画ワカサギが釣れた瞬間
          (160kb.2秒間.asf形式)
  No.13 動画スレで釣れました
          (235kb.4秒間.asf形式)
No.237 動画ワカサギ良型、ゲットの瞬間
          (531kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

たぐり方は、初心者なら糸がからまなければどんな方法でも良いと思います。かたわらに竿を置いてから、両手を使って0.5m〜1m位ずつ穴から引き出していけばよいでしょう。リールの場合は、ただひたすらグルグルと巻けばOKです。
ただ「1匹でも多く釣りたい」と考えているならば、たぐり方も一工夫できます。ハリが水の抵抗や揺れではずれぬよう、等速直線運動でたぐるようにしてみてください。

ハリスが水面から顔を出したら、道糸とからまないようにして魚をはずします。ハリはわかさぎを軽く引っ張れば、唇が切れて「プチッ」と簡単にはずれます。ただし、大きなわかさぎの場合は、口が丈夫なのでハリスの方が切れてしまうことがあります。怪しいなと感じたら、ハリを直接持ってていねいにはずしてください。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.310 動画わかさぎを針からハズす
          (1773kb.15秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ところで、仕掛けにはハリがたくさん付いているので、ついつい「2、3匹かかってからまとめて魚をはずそう」と考えがちです。しかし、その考え方はかえって効率を悪くします。

 「1匹釣れたら直ちにそれをはずし」
     ↓
 「素早くエサを付け替え」
     ↓
 「短時間で次の仕掛けを投入する」

という繰り返しを1回でも多く行った方が、間違いなく釣果は上がります


■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.341 動画公魚の針外し→仕掛け投入
          (4279kb.45秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

たくさん釣るためには、面倒くさがらず手返しの良い釣りを心がけることです。1回に1匹釣り上げるのが基本で、「2匹以上釣れていたらラッキー」と考える方が、最終的には好釣果につながります。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
No.238 動画ワカサギが2匹いっぺんに
          (478kb.7秒間.asf形式)
 No.37 動画活きのいいワカサギたち
          (269kb.5秒間.asf形式)
No.404 動画ワカサギとウグイの一荷
          (572kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

タナをあれこれ探り、エサを頻繁に替え、まめに誘ってもアタリがないときは、それ以上何をやってもダメ。祈ろうが気を送ろうが、所詮無駄なあがきです。アタリがない原因は腕のよしあしとほぼ無関係。しいて言うなら“めぐり合わせが悪かった”ということでしょうか。

苦行を続けようという信念がないなら、アタリがないポイントはあきらめて、とっとと別の場所に移動しましょう。技術の未熟さを反省するより、「あきらめの良さ」と「フットワークの軽さ」を心がけることが肝心です。

というわけで、「わかさぎ釣りはとても忙しい釣りだ」ということがわかっていただけたでしょうか。

なお、気温が−10度以下になるような「極寒の日」の釣りは、さらにいくつか注意した方がよいことがあります。「淡水の釣り2005年」の極寒の釣りtipsにまとめたので参考にして下さい。

以上で私のできるアドバイスは終了です。
残念ながらわかさぎ釣りの奥の深さまでは、未熟な私には紹介しきれません。皆さんが初心者を脱した後、他のサイトや本を研究して是非極めてください。【h
【第4巻終わり…初稿2004年】
                      【付録】:わかさぎ釣りグッズ(写真で紹介します)
このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」

ご意見・ご感想をください ≫メール ≫みなさまのご感想集
前ページ この巻の目次へ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.