ワカサギ釣りのコツ。釣れる時間帯とポイントについて。時間帯は早朝がベスト。ポイントはその場で情報集め。常設テントがのそばは良く釣れる。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 3.わかさぎ釣りのコツ … (1)時間帯とポイント

この章では、釣果に差がつく「ちょっとしたコツ」を紹介することにします。
経験のある人なら知っていて当たり前のことばかりですが、初心者には参考になるはずです。

まず、良く釣れる時間帯についてです。

一般的な釣りがそうであるように、わかさぎも早朝と夕方が良く釣れます。いわゆるまずめ(夜明けあるいは夕暮れの薄明るい状態のこと)の時間帯を狙いましょう。
夕まずめよりは朝まずめの方が、釣れるように感じます。私の思いこみかもしれませんが、朝の10時を過ぎる頃になるとアタリが減ります。

次に、良く釣れるポイントについてお話しします。

当日現場では、生の情報集めが釣果を分けます。釣り場の管理人さんや常連の方々に
 「どのあたりが釣れる?」
 「タナはどのくらい?」
 「エサは何がいい?」
と、気軽に声がかけられればベストです。私を含め、釣り人は教えたがりが多いので、たいてい一を尋ねれば十の情報を得ることができます。

しかし、初心者の方々の中には「照れくさくてどうしても声がかけられない」という人がいるかもしれません。そんな人は、良く釣れるポイントの目安を知っておくと役に立つと思います。

1つ目の目安は、人が集まっている場所です。
良く釣れる場所には自然と人が集まります。釣り場についたら、まず真っ先に釣り人がたくさんいるポイントを目指しましょう。
余計なアドバイスかもしれませんが、「ファミリーがたくさん集まっているポイント」よりは「頑固そうなおじさんが集まっているポイント」の方が、何となく有望です。

2つ目の目安は、常設テントです。
常設テントにはレンタル用と個人のものがあります。どちらも、わかさぎの良く釣れる場所に設置されているので、その近辺は良く釣れる可能性が高く、絶好のポイントです。

わかさぎは回遊魚で、1カ所にとどまらず群れをなして移動しています。
回遊コースはだいたい決まっているらしくて、当然コース上で釣りをすれば入れ食いになります。常設テントは、たいていその回遊コース上に設置されているのです。

3つ目の目安は、周りの人の釣果です。
回遊コースは日によって微妙にずれます。失礼の無いよう、近隣の方々の背中越しに釣れた魚の数を調べ、良く釣れている人のできるだけ近くで釣るようにしましょう。

ポイントにこだわる人の中には、携帯GPS(ハンディGPS)を駆使し、正確に氷上の位置を決定するマニアもいます。

さらに「達人レベル」になると、湖岸の樹木や起伏を見れば、湖底の様子や回遊コースが手に取るように分かるそうです。凡人には理解不能です。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.