ワカサギ釣りの服装についてアドバイス。ウェア、帽子、長靴、手袋などの必需品について。大切なのは寒さと風と水濡れを防ぐことができる服装。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.わかさぎ釣りの道具 … (3)服装

さて、次は服装についてです。厳寒期の釣りだけに道具以上に重要です。

寒さと風と水濡れを防ぐことができれば、どんな服装でも良いと思います。釣り専用のウェアもありますが、わかさぎ釣りでそこまで買いそろえる必要はありません。

使用環境が一番近いのはスキーウェアです。
汚れる場合があるので、古いウェアがあればそれを使うと良いと思います。
渓流釣りをする人は、ネオプレーン製のウェーダーもかなり快適です。スキーウェアと合わせて使うと、向かう所敵なし(?)の暖かさです。「トイレに行くのが面倒」というのが、弱点といえば弱点でしょうか。(「フェルトの靴底に雪がつきやすい」という弱点も、最近発見しました。そのままにしておくと凍り付いて足裏から冷えるし、雪の斜面を登れなくなります。雪をたたき落とすカナヅチ・ピッケル(ツルハシ)等は必須。後付けの滑り止めも雪の付着防止に効果的です。)

スキーウェアがなければ、ジャージの上にふだん着ているセーターなどの防寒具を重ね着しましょう。一番上にレインウェアかウインドブレーカーの上下を着れば、それでOKです。
動き回る釣りではないので、身動きが取れないくらい着ぶくれしてもそんなに支障はありません。体裁を気にして寒さを我慢していたのでは、釣りを楽しむことができませんから。

服の内部には使い捨てカイロを貼りましょう。腰やお腹に貼っておけば、かなり違います。

頭からは熱が逃げやすいので、毛糸の帽子は耳まで深くかぶりましょう。風がある時には、フードや耳あてを併せて使ってください。

足元から奪われる熱にも、気をつけなければなりません。防寒用長ぐつや厚手の靴下はもちろん、靴下用の使い捨てカイロは必需品です。予算に余裕があれば、「汗で発熱する素材」を使った靴下(下着もあるようです)を試してみると良いかもしれません。

ところで、「靴下用のカイロ」を長ぐつの中に貼ったとき、ほとんど発熱しないことがあります。厚い靴下で長ぐつ内部のすき間がなくなり、発熱に必要な酸素が無くなってしまうのです。そこで、私は最近「ふくらはぎ上部」や「ももの裏側」にカイロを貼るようにしています。しっかり発熱して血流が良くなり、足先まで冷え切ることは少なくなりました。

手袋は使用した方がもちろん良いのですが、手繰(たぐ)ったりエサの付け替え時には、あまりにごつい手袋は邪魔です。
私は指先の切れた釣り用の手袋か、厚手の作業用皮手袋を使っています。皮手袋のときは、細かい作業をするたびに脱ぎます。
ホームセンターなどで売っている工事用ゴム手袋もなかなか良いそうです。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.