ワカサギ釣りの道具選びについてアドバイス。仕掛け、エサ、金網、折りたたみイス、アイスドリルなどの必需品について。釣り後のマナーについて。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.わかさぎ釣りの道具 … (2)必需品「竿以外」

わかさぎ釣りに使う仕掛けは、市販のもので充分です。
ハリの大きさ
(号数)は何種類か用意した方が良いでしょう。食いが渋い時(アタリはあるのに、なかなかハリにかからない時)は、小さめのハリ(1〜2号)と軽めのオモリ(1〜2号)を使ってみましょう。オモリの下に「下バリ」が付いたタイプが、良く釣れるようです。

慣れるまではハリの数が少なめの仕掛けを選ぶことをすすめます。
人間の心理として、ハリの数が多い方がたくさん釣れるように感じるのですが、私の経験では釣れた数はハリスの数に比例しません。むしろ、ハリスとハリスがからむ確率が増えて、釣果は頭打ちです。私は最近、「下バリ付きの3本バリ仕掛け」を愛用しています。

エサは、サシ(白サシ)紅サシアカムシ等があります。
ラビットモロコシムシというのもあるそうですが、私は使ったことがありません。どれもイモ虫というか、ウジ虫のような形をしています。その手の虫が大嫌いな人は、この段階でわかさぎ釣りはあきらめるべきです。(朗報。「紅雪」という人工エサが発売されているようです。釣果では虫エサに劣るようですが…)

水面に張った氷を取りのぞくおたま型の金網は必需品です。
代用品はちょっと見つかりません。湯豆腐をすくう「穴の開いたお玉」がかろうじて使えそうですが、恥ずかしいのでやめておいた方がいいと思います。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.11 動画わかさぎ釣りの氷すくい
          (299kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

あと必需品といえば、氷の上に座るための折りたたみイスでしょうか。
その他、持参すると便利な道具(※後ページで紹介します)はいくらでもありますが、無くても何とかなるものがほとんどです。

必需品ではありませんが、氷に穴を開ける道具がないと釣りが始められません。
入漁料を取る釣り場は、たいていアイスドリルの無料レンタルがあります。レンタルがない場所では、遠慮せず隣の釣り人にお借りしましょう。買うとかなり高い(¥8,000前後)です。

ドリルで穴を開けるのは見よう見まねで何とかなります。コツは焦らず少しずつ深くすること、貫通した後にドリルを何度か上下に動かして穴を広げることです。(氷が分厚い場合はちょっとしたコツが必要。金属製シャベルは必須です。)ドリルの刃はかなり鋭いので、扱いには細心の注意を払ってください。穴を開け終わって最初にすべきは、刃にカバーをかぶせることです。

ところで、釣り終えた後の穴はしっかり雪で埋めるようにしましょう。小枝などをさして後から来る人が穴にはまらないようにすることは、安全に関わる最低限のルールです。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.6 動画わかさぎ釣りドリルで穴あけ
          (272kb.5秒間.asf形式)
  No.7 動画ドリルで氷穴あけの仕上げ
          (258kb.5秒間.asf形式)
  No.12 動画氷の穴は雪で埋めよう
          (317kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.