ワカサギ釣りの竿選びについてアドバイス。特に穂先の感度が重要。ホスボンなどで自作する人もいる。竿は手バネ竿が手返しがよい。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.わかさぎ釣りの道具 … (1)必需品「竿」

さて、不安が少し解消されたところで、具体的な入門に入りましょう。

まずは道具選びです。良いものを慎重に選べば、釣果アップにつながります。

一番こだわりたいのは竿(さお)です。特に穂先の感度が最重要です。

わかさぎはご存じのように小魚(5cm〜13cm)です。ただでさえアタリ(魚が針をつついた瞬間の振動)が小さいうえに、冬は活性(エサに食いつく能力)が低くなります。ですから、初心者のほとんどは微妙なアタリを見逃してしまいます。
その点、感度の良い竿を使えば小さいアタリでも大きく振動し、慣れていなくてもすぐに気付くことができます。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.5  動画わかさぎのアタリ
          (116kb.3秒間.asf形式)
  No.35 動画大きめのワカサギのアタリ
          (246kb.4秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

できるだけ柔らかくて張りがある竿を選びましょう。購入する時にプルプルと振ってみたり、指で軽くしならせるとある程度わかります。感度の良い竿ほど値段は高いようです。

とは言っても、初めての人にはどの竿も同じに見えてしまうかもしれませんね。可能なら2〜3種類買って試してみるのが良いでしょう。(一度に2本以上の竿で釣ることは、それはそれで釣果をあげる一つの方法です。つまり「かずうちゃあたる作戦」です)

竿を自作する人は、この穂先にかなりこだわります。
グラスファイバーやカーボン、ホスボンという素材、薄いステンレス板、鯨のひげ、レントゲンフィルムなどを使い、時間をかけて理想の穂先に加工します。自作竿で良い釣果をあげた時の喜びは、市販品の比ではないでしょう。
私は自作の経験はありません。しかし、そういう世界が嫌いではないので、数年後にはどっぷりハマっているかもしれません。

竿には「リールを使うタイプ」と「使わないタイプ(手バネ竿)」があります。
一般的には、

リールで仕掛けを上げ下げするより、道糸をたぐる方が手返しがよい
(つまり、仕掛け投入の回数を稼げるということ。これも、かずうちゃあたる作戦)

と言われています。私も同感です。たぐるのには慣れが必要ですが、凍りつく等トラブルが多いリールを使うより、手バネ竿の方が確実に釣果は上がります

※「たかが趣味」の世界
余談ですが、実は私は「リールを使うタイプの竿」を愛用しています。理由は「金属製の小さなリールが気に入っているから」です。結局、何にこだわるかが自分にとって重要なのであって、それが「釣れた匹数」であっても「気に入ったリールを使うこと」であっても、自分が満足できれば良いのです。“趣味”というのは「他人には理解されにくいどうでもいい事にこだわって愉しむこと」だと思っています。深めれば深めるほど身のまわりから理解者が減っていくのは、至極当然なことなのです。

ついでなので付け加えると、“自己満足の世界”を無理にすすめたり、ましてやその実現のために気乗りがしない人の力を借りたりしてはいけません。その瞬間に、「たかが趣味」ではなく「価値観の押しつけ」になります。すすめられた人は(たとえニコニコ話にのってくれていても)かなりの高確率で「その趣味」にはまったく興味がありません。いくら高尚な趣味でも、それが実益をかねていたとしても、所詮「道楽」。こだわりの強い趣味ほど(マニアの域なら尚更)一人でひっそりと楽しむべきです。自戒の念を込めつつ。

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.