ワカサギ釣り初心者が持つ不安を解消!釣るのは難しいんじゃない?いったいどこで釣れるの?道具をそろえたらお金がかかりそう…。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 1.わかさぎ釣りの魅力 … (2)初心者の不安解消

●不安1 「釣るのは意外と難しいんじゃない?」

私自身、まだ経験が浅い初級者です。だから自信を持って断言できます。わかさぎ釣りは全くの初心者でも釣れます。その日のうちに基本的な技術は覚えられます。

できれば経験者に同行しその場で教わるのがよいのでしょうが、私がそうだったように、周りの釣り人の見よう見まねで結構釣れます。とりあえず釣るだけならとても易しい釣りです。

「とりあえず」と書いたのにはわけがあります。

わかさぎ釣りは易しいわりに奥が深く、「数釣り」を極めようと思えばこだわる所は限りなくあります。3mと離れていない隣のベテランが、自分の数倍釣り上げているなんていうことは珍しくありません。
ポイント選びをはじめ、経験とテクニックで差が歴然とついてしまう釣りでもあるのです。ファンが多くて飽きがこないのは、そのためかもしれません。

ともあれ、「とりあえず釣れれば楽しい」というレベルであれば、小学生でも女性でも問題ありません。「ちょっとしたコツ」については後の章でふれるので、興味があれば探求してみてください。

●不安2 「いったいどこで釣れるの?」

氷上の穴釣りは、真冬に厚い氷が張る「淡水の湖沼」でする釣りです。初心者が手っ取り早くポイントを探すなら、夕刊の「釣り情報」か釣具店の「無料情報紙」,がよいでしょう。専門の「釣り新聞」を買うという手もあります。

シーズン始め(北海道は1月初旬)は、氷がしっかり張っているかどうか確かめる必要があります。新聞だけに頼らず、自分の目と足で安全を確認しましょう。

釣り場には有料(500円前後)と無料の場所があります。初めてなら有料の方が何かと便利かもしれません。

 ・わかさぎを放流しているので、釣果(釣り上げる魚の量)が安定している場合が多い。
 ・貸し竿・貸しテントなどが用意されている場合が多い。
 ・トイレや駐車場が整備されている場合が多い。

などが主な理由です。

有料の場合、入漁料は常設テントなどにいる管理人さんに払います。その時に「どのあたりで釣れるの」と聞くと、たいていは尋ねたこと以上の情報を得ることができます。あちらも商売ですし、「初心者は排除しよう」などという雰囲気はまずありません。

ちなみに、札幌近郊から車で30分〜1時間なら、茨戸川(無料)しのつ湖(有料)などのポイントがあります。

●不安3 「道具をそろえたらお金がかかりそう…」

変にこだわらなければ、子供の小遣い程度で道具は一式揃います。「とりあえず」釣るための道具なら、エサと竿セット(竿・道糸・仕掛け・金網・竿立て・その他)を買っても¥2,000でおつりがくると思います。

もっと安くあげるなら、「自作」という手があります。
竿や竿立ては安価な材料で作ることができます。もっとも、経験がある程度ないと実用にたえる物は作れないので、自作はむしろマニア向けです。それに、こだわればこだわるほどかえって高くつきます
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『わかさぎ釣りのすすめ』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.