初心者がサイクリングコースを決めるときのポイントをまとめました。無理無駄のない計画を立てましょう。周回コースがおすすめ。輪行についても。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『安楽サイクリング入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 3.「楽に」サイクリングする … (2)「計画の立て方」で何とかなる

何ヶ月も前から体を鍛えてサイクリングに臨むのが理想的です。でもそれができない人は、体力が足りない分を計画の立て方でカバーしましょう。

まずはコース選びです。
「初心者向けのコース」を道内で選ぶとしたら、海沿いがおすすめです。内陸より平坦で峠などの起伏が少ないからです。好みはありますが、海は視界が開けているので快感度も高いように感じます。

私がコースを決めるときに重視するのは、できるだけ同じ道を走らなくてすむように、ということです。同じ道を往復するのは、もったいないというか、とても無駄に感じます。往復するくらいなら、復路の時間を使ってさらに遠くまで行きたいと考えてしまいます。ですから私は、周回できるコース輪行を利用できるコースのどちらかで計画を立てることがほとんどです。

道内の周回コースで初心者におすすめなのは、利尻島一周です。
利尻島は島全体が1つの山で、周りをきれいな円で一周できます。美しい島の自然が満喫できる上に、海沿いで起伏が少なく、一周が60kmに満たないのでのんびり1日で回れます。車やトンネルが少ないくて比較的安全です。少しでも海の近くを走りたいなら「時計回り」でまわりましょう。ビューポイントの紹介はガイドブックに譲るとして、これほど好条件がそろったコースを私は他に知りません。

利尻島へは稚内からフェリーが毎日出ています(ちなみに、礼文島へもフェリーは出ています)。自転車は、料金を払えば分解しなくてもフェリーに乗せることができます。

離島では物足りないという強者は、思い切って「北海道一周」はどうでしょう?初心者向けではないと思いますけれど…。

さて、もう一方の「輪行の利用」についてお話しします。
輪行(りんこう)」というのは、自転車を分解して専用バッグ(輪行袋)に収納し、電車やバス等に荷物として乗せることを言います。

輪行をうまく利用すると、「行きは自転車、帰りは輪行」のように、サイクリングしたい場所だけを効率よく回ることができます。方法はたいていの入門書に書かれているので省略します。私からのアドバイスは「輪行袋に収納する練習は事前に必ずしておこう」ということです。サイドバックごと入る輪行袋なら、当日と同じ大きさの荷物が入るかどうか確かめておきましょう。ぶっつけ本番だと、手間取って冷や汗をかきます。( ≫このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」 ) 

コース設定の際に、初心者が避けた方が良いのは砂利道(ダート)です。

 ・転倒しやすい。
 ・パンクしやすい。
 ・チェーンがはずれやすい。
 ・舗装路より疲れるし、お尻が痛い。
 ・走行中の「爽快感」がない(これは、好みにもよりますが…)

等々、ダート走行は初心者にとって全く良いことがありません。何かの修行でもない限り、あえて苦難の道に足を踏み入れることはないと思います。バイク用のツーリング地図ならほとんどのダートが明記されているので、コース選びに役立ちます。

ダートを走る予定がなくても、「パンク修理の方法」「チェーンがはずれたときの直し方」程度の、最低限の知識・技術は必要です。できれば練習してから出発した方が無難でしょう。

たいていのマニュアル本には、「パンク修理はサルでもできる」的なことが書かれていますが、私を含め不器用な人はこの限りではありません。穴をふさぐ自信がない人は、換えのチューブを携帯することで技術的な不安は軽減されます。

コース選びで使用する地図は、前述したようにバイクツーリング用がいいと思います。小さくて当日の持ち運びも便利です。注意した方がいいのは、

 ・地図に記されたトンネルは、実在するトンネルのほんの一部である。
 ・等高線として表れない起伏や登り坂が、体力的には思いのほかキツい。

ということです。本来自転車用の地図ではないので、道路地図の「見たまま」を信じすぎてはいけません。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『安楽サイクリング入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.