サイクリング中、危険な場所の一つは「トンネル」です。自転車に乗ったまま何かのはずみでふらつけば事故を起こすのは確実。降りて歩きましょう。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『安楽サイクリング入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.「安全に」サイクリングする … (3)トンネルは危険ゾーン

荷物を減らし軽量化した後に唯一できる安全対策は、危険なところでは自転車から降りて歩くことです。

函館サイクリングの後に私が反省したのは、全てのトンネルを「自転車に乗ったまま」走ったことでした。思い出すたびに背筋が寒くなります。

北海道のトンネルは狭いものが多く、ほとんど歩道がありません。路側帯さえないところがあります。ダンプが通過する狭いトンネルを、「車の方がよけてくれる」とでも言わんばかりに、私はよろよろと自転車で走っていました。たしかに車は慎重に通過してくれます。しかし、何かのはずみで自転車が大きくふらつけば、事故を起こすのは確実です。ぶつかった車を責めることはできません。

命が惜しければ、狭いトンネルは歩いて通過しましょう

2kmのトンネルを歩いて通り抜けるには、20分近くかかります。排気ガスで空気が悪く、エンジン音がガンガン響きます。車から見られてちょっと恥ずかしい思いをします。それでも我慢しましょう。事故を起こす確率はぐっと減ります。

トンネルに限らず交通量が多い道や夜間など、危険を感じたら自転車から降りる習慣をつけておきましょう。「歩くのはめんどくさい」というレベルの問題ではありません。

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『安楽サイクリング入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.