自転車は2輪なので不安定な乗り物です。安全に止まる技術はとても大切。疲労が極限まで達すると、止まろうとした時転倒することがあります。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『安楽サイクリング入門』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.「安全に」サイクリングする … (1)自転車は「不安定な乗り物」である

サイクリングに行くときに、何より優先して考慮すべきことは安全です。

安全という視点で見ると、自転車の乗り物としての特徴は4つあります。

第1に不安定な乗り物であるということ、
第2に目立たない乗り物であるということ、
第3に天候に左右される乗り物であるということ、
第4に盗まれやすい乗り物だということです。

自転車は人間の力で進むので、他の乗り物に比べるととても不安定です。機械や電気で制御する部分が少ないので、すぐにふらつきます。2輪なので止まると倒れます。4輪の車とは大きく異なる点です。

ですからいつでも安全に止まれる技術が、自転車に乗る人には必要不可欠です。

自転車で止まることなんて、小学生でもできるぞ」と思う人が多いかもしれませんが、とっさの時にはそれが不思議なほどできなくなります。
そのことを最も感じるのは、疲労がたまったときの登り坂です。低速でふらついている上に疲れが重なると、安全に止まるどころかひどいときには転倒してしまいます。そんなときには、せめて車道側に倒れないように体をよじることで精一杯です。

自転車の止まり方は何通りかあります。

 ・段差に片足をかけて、サドルから降りずに止まる方法
 ・サドルから腰をはずし、フレームをまたにはさんで両足をつく方法
 ・体ごと自転車の横におりて止まる方法

どの方法でも止まれるように、ふだんから意識してください。このとき、ブレーキは必ず両手同時にかける癖をつけておきましょう。

できるものなら、「転倒しそうなとき、体をひねって左側に倒れる練習」でもしておくと良いのでしょうが、こればっかりは練習そのものが危険で、まったくおすすめできません。そんな暇があるなら、さっさと自転車屋に行ってサイクルヘルメットを買いましょう。
前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『安楽サイクリング入門』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.