楽しいテント生活にもいくつかの弱点がある。その一つがよく眠れないということ。しかし、工夫次第で快適な睡眠は可能である。その工夫とは?
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『徹底しないアウトドア』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 2.「時間をかけて楽しみたいこと」と「犠牲にしてもいいこと」 … (3)魅力的なテント生活【住】

私はテント生活が好きです。

テントで寝ると「自然の音」を楽しむことができます。夜中にガサガサ音がしたりすると、ちょっと恐くてドキドキします。布一枚隔てて、空気の塊が通りすぎていくのがわかります。
自然との一体感を楽しみたい人
は、是非テントに泊まるべきです。
 
しかし、テント生活には2つの弱点があります。

1つは「よく眠れない」という点です。
睡眠の量と質を確保することは、翌日の活動を楽しむためにとても重要なことです。睡眠不足はアウトドアを楽しむ上では致命的なことです。

この「よく眠れない」という弱点は、工夫すれば何とか克服することができます。

まずしっかりテントサイトを選ぶことです。サイトが傾斜していると肩がこるし、体がずれて寝るどころではありません。

騒音、例えば「酔っぱらいの声」や「ラジカセの音」から遠いサイトを選ぶことも重要です(そんなキャンプ場を選んでいる時点で、すでに大失敗ではありますが…)
ある程度の騒音には、コンビニなどで売っている耳栓は強い味方です。

明るすぎる電灯の下も避けたいものです。どうしてもそこしか空いていないときには、旅行用のアイマスクが便利です。

寝具は「ふかふかの布団で寝る」ことが理想ですが、テントではそうもいきません。

愛用の枕だけなら簡単に持ち込むことができます。
私は、愛用の枕と同じ素材で多少コンパクトなテンピュールの「トラベルピロー」をいつも持っていきます。

シュラフ(スリーピングバッグ)の寝心地を改善するには、サーマレストのエアマットが効果抜群です。
砂利等で地面の状態がよくない場合や地面から熱を奪われてしまうような寒い時期のキャンプに、特に威力を発揮します。
home前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『徹底しないアウトドア』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.